ラーダ、シュルジ、ジョコム、おむすび。

精霊の守り人・シーズン2。
今夜は第3話ですね。
第2話までは、チャグム王子が海を挟んで南に位置する強国のタルシュ帝国に向かう「蒼路の旅人」と
バルサがロタ王国で、タルの民の少女アスラを救うために奔走する「神の守り人」の
2つの物語が同時進行しています。
今のところ、チャグムとバルサは別々に行動していて接触はしていませんが、
今後どうなるかな^^


物語の中に出てくる料理を作ってみるという企画の「バルサの食卓」から
いくつか作ってみています。


シュルジは、干し肉の佃煮。
「夢の守り人」の中では、
「干し肉をこまかく刻んで甘辛く煮つけ、それを炊きたての米にまぜてにぎった携帯食」
として登場しています。
炭水化物とたんぱく質を同時に摂れて、馬に乗りながらでも食べられます。

レシピではビーフジャーキーで作るのですが、
たまたま手元にあったキハダマグロのジャーキーを使って作ってみました。

170204 (3) 


佃煮にしてみたら、ジャーキーがとっても美味しく変身してビックリしました~♪
レシピの2倍量の60gで作りましたが、
ほんとうに美味しいので残りのジャーキーもみんな佃煮にすることにしました(笑
細かくしたジャーキーをひたひたの水でひと煮立ちさせ、
しょうゆと蜂蜜を加えて煮詰めます。

塩や香辛料を効かせて乾燥させた干し肉は日持ちがするので
重要な携帯食の一つです。
バルサもよく食べていたと思うのですが、乾物ばかり食べていると辛くなってきますよね。
佃煮にしただけでも、バルサにとってもちょっとホッとする味になっていたのではないかな~
と思います。

第一作「精霊の守り人」で、バルサとチャグムを抹殺するために帝が放った「狩人」。
帝と、ごく限られた側近しかその存在を知らない暗殺集団です。
頭のモンは7人の手下たちと思考を巡らします。
急に決まったチャグムとの逃亡だから、まずは旅に必要なものを買い集めるに違いない。
もし青霧山脈を越えるつもりなら、食料、毛皮、雨除けの油紙などが必要だが、
足取りを掴まれないように誰か他の者に手配を頼むはず。
バルサが頼りそうなのは、口がかたく、バルサに恩を感じている商人だろう。
そうして彼らは、そういった物を売っている店に手あたり次第探りを入れるのですが、
狩人の一人ジンはある店で、干し肉が大量に売れたことを突き止めます。
店の主人はジンに対して何の疑問も抱かず、
たのまれ屋の子どもが干し肉をごっそり買っていったこと、
彼が裏の水路の三ノ橋の下にいることを話してしまいます。
そしてこれは、別の男が話していた、バルサとたのまれ屋トーヤとの出会いの話と繋がったのでした。

一方バルサは、町を出て青霧山脈へと急いでいました。
追手は町中では襲ってこない。
襲うとしたら、町の外の田が広がっているところ。
夜までにそこを抜けて山に入ってしまえば少しは安心だが…。
ですが、長時間歩いたこともなく荷物を背負ったこともない、まだ子どものチャグム皇子が一緒で
なかなか距離をかせげません。
案の定、山に入る前に日が暮れてしまいました。
その間に、狩人たちは着実に狩りの陣形をとっていきます。

この辺りの緊張感はほんとうにすごいです。
こうして思い出すだけでも身震いが起きます。




ラーダは、「米の粉を水と塩で練って、薄くのばして蒸し焼きにしたもの」
レシピでは、小麦粉ともち粉を使いますが、
大体いつも、もち粉の代わりに上新粉を使って作っています。

170204 (4) 


生地をお玉でさっと広げて、クレープの要領で焼きますが、
味はトルティーヤに似ています。
好みの野菜やシュルジなどを巻いて食べる、と本にあったので、
今回はほうれん草とシュルジ(佃煮のみ)を巻いてみました。
これも美味しい♪




「孤笛のかなた」に出て来る、熊笹に包んだおむすびも紹介されていたので、
シュルジのおむすびも作ってみましたよ~。
これも美味しい。とにかくシュルジが美味しいです^^
次回は原作に出て来るように、ご飯に混ぜ込んでみようと思います。
「バルサの食卓」の写真を真似て笹の上にのせてみました。

170204 (1) 


ご飯は、押し麦を加えて炊いてからフラックスシードと白ごまを混ぜました。
白ごまがよく見えませんね^^;
フラックスのプチプチの食感が好きで、よく使います。
不飽和脂肪酸を多く含んでいて体にもいいです^^




ジョコムはもう何度も作っています。
ナッツやドライフルーツが好きなので、ナッツがたくさん入るジョコムは飽きません(笑
腹もちが良く携帯食として重宝するジョコム、ワックスペーパーで包んで雰囲気を出してみました^^

170204 (2) 


今夜の第3話、どうなるでしょうね~。
タルの民と恐怖の神タルハマヤとの関係、
アスラの母トリーシアがなぜ処刑されたのか、
アスラがタルハマヤを召喚できるようになったいきさつなどなど、
細かな部分は語られていません。
これから出て来るんでしょうかね^^
構成もオリジナルとは違うので、原作を読まずにドラマを見た時にどんな印象を受けるのかな~と
ちょっと想像してみています。


関連記事

Comment

おお〜! ジャーキーを佃煮にするんですね? そうするとこんなにいろんな種類のお料理ができる、と。食べてみたいなぁ...。

あの「おむすび」に入れたフラックスシードは、あのお花の「フラックス」の種ですね? 我が家のは平べったい種なのですが、うちで採れたのも食べられますかね? 食べられるのであれば使ってみたいです!

テレビ、ぜんぜん見ていません(^^;)。

るるるさんの記事を読んでいたら、また原作が読みたくなりました!

「濡れタオル振り回し作戦」やってみましたよ〜(^^)。ふふふ。
ハーちゃんさま^^

ジャーキーの佃煮がこんなに美味しいとは思いませんでした(笑
これは今回初めて作ってみたんです。お勧めですよ♪

ブルーのお花の咲く、あのフラックスの種です。ゴマを平べったくしたような形ですべすべしてますね。
お庭で採れた種を食べられるなんていいですね~。ぜひぜひお試しください♪

テレビどころではなかったですよね…。
濡れタオル作戦、もっと早くお伝えすれば良かったです(+_+)
家の中での空気感染をかなり防いでくれると思います。
  • 2017/02/04
  • るるる
  • URL
  • Edit
あ、うちのフラックスの種、使えるんですね! 採っておきます!

濡れタオル作戦、まだやってます。体が少し動くようになったので〜! とても効きそうですよ(^^)。
ハーちゃんさま^^

収穫が楽しみですね~(*^^*)
αリノレン酸を含むということですけど、種はそんなにたくさん食べられないですね(笑

濡れタオルを振り回すと、ほんとうに空気がすっきりさっぱりしますね。
もしまた風邪やインフルの予感がすることがあったら、早めにやってみてください(+_+)
  • 2017/02/05
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定