행시 行詩。

最近「行詩」をよく見かけるのですが、韓国語学習の世界でのちょっとした流行でしょうか^^
詩などの短い文章の各行の最初の文字をつなげると
本文とは別の語句や文が現れる、というものですね。


「テレビでハングル講座」で活躍中のウィスさんが、キム・スノク先生の名前を使って、

김:김밥
순:순대
옥:옥상에서 냠냠.

という可愛い行詩を作ってツイッターに載せていました^^


テレビ講座の中でもGOT7のユギョム君が、

김:김유겸은
유:유치원생이다
겸:겸둥!


昨日のラジオ講座では、坂堂先生が、

오:어서 오세요    いらっしゃい
모:모르는 사람을   見知らぬ人に
테:대접하기     おもてなし
나:나는 언제나    私はいつも
시:싱글벙글     にっこにこ


行詩はもともと90年代後半から2000年代前半まで流行っていたようです。
その後「세로드립」という名前も登場していますが、나무위키の解説では
행시 はユーモア、
세로드립 ははっきり言うのが憚られることを暗号のようにして言う
となっています。
また日本の「折句」や西洋の「acrostic」の訳語として「이합체시(離合體詩)」
という言葉もあります。


日本での折句の有名な例としては「かきつばた」がありますね^^

から衣 きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞ思ふ (伊勢物語

和歌の世界では句の頭だけでなく最後の文字にも折句を取り入れる
沓冠(くつかむり)という形式や、
平仮名だけでなく漢字も含めて意味をつなぐものも登場しました。
龍安寺の蹲(つくばい)の「吾唯足知」も「回転折句」と言って折句の一種だそうです。
現代版では、新聞のテレビ欄の「縦読み」も楽しいものがたくさん出ますよね^^

中国では漢詩に同じ技法を使う「蔵頭詩」というものがあって、
1990年には李鵬を暗に批判する「元宵」という漢詩が発表され事件になりました。
この詩の場合は「斜め読み」です。

こういう遊び方はいろいろな言語でできますね。
これからも楽しい 행시 に出会えるかな~と期待しているところです^^


関連記事

Comment

おお〜、面白いことば遊びですね!

ホント、新聞の番組欄のたて読みをすぐに連想しました(^^)。

龍安寺のつくばいはよくテレビなどで目にしますが、よくはわかっていませんでした(^^;)。折句と言うんですね? 検索、検索(^^)。

そろそろ根雪になりそうでしょうか?
ハーちゃんさま^^

平安時代から続く言葉遊びがあるなんて嬉しいです^^
韓国の新聞に「縦読み」があったら見てみたいです。

龍安寺の蹲は有名ですけど、折句の一種だというのは私も知りませんでした。
面白いですよね(*^^*)

これまでほとんど雪のない日々でしたけど、明日から連続で降るようなので積もると思いますよ~♪
  • 2017/01/10
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定