日 지역축제 위기론…“젊은 사람이 없어요”

日本、地域の祭りが危機…若者がいない
元の記事よりつまんで持ってきました。


저출산과 고령화 문제로 몸살을 앓고 있는 일본 사회가 전통문화의 계승을 고민해야 하는 상황까지 몰리고 있다. 무형민속문화재로 지정된 축제행사 중 상당수가 휴·폐지 위기에 몰렸다.
 
 저출산 [低出産]  出産率の低下
 휴·폐지 위기 [休・廃止危機]  休止や廃止の危機


일본은 지역마다 전통문화를 대규모 행사로 발전시켜온 축제의 나라이다. 일본의 대표적 축제인 '야마 보코 수레 행사'는 2016년(지난해) 유네스코의 무형문화유산에 등재되는 등 성가를 높이고 있다.  

 야마 보코 수레 행사   山・鉾・屋台行事 (호코 じゃないんですね~
 수레 は屋台だけでなく、車輪を付けて転がすことができるように作られたもの全般。
 등재 [登載]  世界遺産やギネスブックなどでは「登録」ではなく「登載」が使われますね


문화재청에 따르면, 지자체 지정 무형민속문화재는 2016년 5월 기준으로 1,651건에 이른다.

 문화재청 [文化財庁]  文化庁 (韓国では文化財庁
 5월 기준으로   5月の時点で


60개의 행사가 지속가능성에서 한계에 봉착했다.

 [持続可能性] [限界] [逢着]  存続の限界に達している



日本関連の記事では、지자체 [地自体]は各都道府県を指すようです。
기초자치단체 [基礎自治団体] 基礎自治体は、その国の行政区画の最少単位。日本では市町村と特別区。
광역 지자체 広域自治体は、複数の基礎自治体を包括・編成した自治体。都道府県など。


NHKの「日曜美術館」を見て、水墨画家の傅益瑤(ふえきよう)さんが阿波踊りの取材をする、
そのものすごい情熱と気迫に圧倒されました。
日本のお祭りは外国人観光客にもとても人気のようですが、外国人のためだけでなく…というより、
何よりもまず自分たち日本人のために継承していかなくてはならないですよね。



久しぶりにいろいろと韓国語に触れました。 아아~시원하다~~^^
語彙もそうですが、日本語との微妙な表現の違いも頭に入れて使えるようにしたいです。


関連記事

Comment

「지자체」「기초자치단체」「광역지자체」、よ〜く頭に叩き込まなきゃ!

京都の「祇園祭」なども、本来は町や通りの住民たちが行っていたけれど、余りにも規模も大きく観光資源としても大事になったので、なかなか難しいようですねぇ。後継者不足に悩んでいるというのを番組でやっていました。

もしかして無くなって行くお祭りもあるのかなぁ...。
ハーちゃんさま^^

京都も後継者不足だとは思わず…びっくりしました~。
お祭りの規模が大きくなったという観光地ならではの要因もあるんですね(+_+)
地方では、参加地域を広げて人数を集めたり、
小規模なお祭りをいくつも統合して大きなお祭りに作り替えたりという話を聞きます。
伝統文化の保存にも、体験型観光やクラウドファンディングなど新しい手法が必要なのかもしれませんね。
休止しているお祭りも復活できるといいです。
  • 2017/01/07
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定