바람이 분다 / 이소라

  • Date:2016.11.25
  • Category:歌詞
바람이 분다 / 이소라
風は吹く / イ・ソラ





바람이 분다 서러운 마음에
風は吹く 悲痛な心に
텅 빈 풍경이 불어온다
虚ろに広がる景色が吹き込んで来る
머리를 자르고 돌아오는 길에
髪を切った帰り道で
내내 글썽이던 눈물을 쏟는다
ずっと堪えていた涙が零れる

하늘이 젖는다
空は濡れる
어두운 거리에 찬 빗방울이 떨어진다
暗い通りに冷たい雨粒が落ちる
무리를 지으며 따라오는 비는
群れをなして追ってくる雨は 
내게서 먼 것 같아
私から遠ざかったようだ
이미 그친 것 같아
すでに止んだようだ

세상은 어제와 같고 시간은 흐르고 있고
世界は昨日と同じで 時間は流れていて
나만 혼자 이렇게 달라져 있다
私一人だけがこんなに変わってしまった
바람에 흩어져 버린 허무한 내 소원들은
私の儚い願いは 千々に吹き飛ばされ
애타게 사라져간다
なす術もなく消えていく

바람이 분다
風は吹く
시린 한기 속에 지난 시간을 되돌린다
痺れる寒さの中で 過ぎ去った時間を思い返す
여름 끝에 선
夏の終わりに立ち止まった
너의 뒷모습이 차가웠던 것 같아
あなたの後ろ姿は冷たかったのだ
다 알 것 같아
今なら分かる

내게는 소중했던 잠 못 이루던 날들이
私にとって大切だった 眠れずに過ごした日々は
너에겐 지금과 다르지 않았다
あなたにとっては今と何ら変わりない
사랑은 비극이어라 그대는 내가 아니다
愛はこんなにも悲劇だ あなたは私ではない
추억은 다르게 적힌다
想い出は異なる言葉で記される

나의 이별은
私の別れは
잘 가라는 인사도 없이 치러진다
さよならの言葉もないまま終わってしまった

세상은 어제와 같고 시간은 흐르고 있고
世界は昨日と同じで 時間は流れていて
나만 혼자 이렇게 달라져 있다
私一人だけがこんなに変わってしまった
내게는 천금 같았던 추억이 담겨져 있던
私には重すぎる想い出が詰まっていた
머리위로 바람이 분다
私の頭の上を 風は吹く
눈물이 흐른다
涙が流れる




このイ・ソラさん作詞の歌は、2014年に
「시인들이 뽑은 아름다운 노래 詩人たちが選ぶ、最も美しい歌」の第一位に選ばれました。
2000年以降に発表された歌を対象に14名の詩人が選んだものです。
ソラさんの歌の中で好きなものを挙げるとしたら、多くの人がこの曲を挙げるのでしょうね^^

下称で無機質に語るのですが、それが尚のこと、
こみ上げる失恋の辛さを必死に抑え込もうとしているようで切ないです。
原詩の世界が好きなのでずっと訳さなかったのですが、
先日、新曲を紹介した流れでちょっとやってみました。
やっぱり日本語にするとニュアンスが変わったり抜け落ちたりしますね…。

ネット上にライブ映像がいくつかありますが、
CDの演奏の方がアレンジがあか抜けていて、特にベースがカッコいいです♪
こちらの3曲目です。



関連記事

Comment

Comment Form
公開設定