서울 대학 유치 ‘사활’…약인가? 독인가?

ソウルの大学誘致に関するニュースです。
全文と映像はこちらです。 



역세권 개발이 예정된 경기도 남양주시 양정역 일대.
  [駅勢圏] 駅周辺部

6년 전 남양주시는 서강대 유치를 통해 이 일대를 대학 도시로 조성하겠다며 양해각서까지 체결했습니다.
  [諒解] 了解覚書

그러나, 아직까지 대학측 입장이 정해지지 않아 첫삽도 뜨지 못했습니다.
  土地造成にも手を付けられずにいます。
  삽질 (シャベルで土砂などをすくうこと)という日本語にない名詞があって面白いのですが、
  そこから 첫삽 という派生語もあるんですね^^

성균관대 유치로 세계적인 연구개발 단지 조성에 나선 평택시.

10년 넘게 진전이 없습니다.

핵심인 대학 유치가 불확실한 때문인데 최근 사업이 재개됐지만, 아직도 대학 입장이 걸림돌입니다.
  (발길에 거치적거리는 돌이라는 뜻으로)
  '무슨 일의 진행을 가로막는 것(일)'을 비유적으로 이르는 말. 
  ネック、足枷

<녹취> 평택시 관계자(음성변조) : "아직 계속 학교 측이랑 협의를 하고 있는 중입니다."

서울대 유치에 성공한 시흥시는 다음달부터 착공에 들어갈 예정이지만, 이전을 거부하는 재학생 반발이 변수로 떠올랐습니다.
  在学生の反発が変数として浮かび上がっています。
  → 在学生の反発が起き、今後の展開は未知数です。(みたいなかんじ?
  변수 [変数]、今後の成り行きを左右するような事柄、という意味でよく出てきます。



日本でも以前、都心の大学に郊外移転の動きがありました。
その時は地価の問題、大学の極度の集中、鉄道会社の沿線開発などが要素としてありましたが、
移転した大学では豊かな自然環境と広大なキャンパスが人気でした。
地価下落以降は都心回帰していますね。

ソウルの場合はもちろん日本とは別の事情なのだと思いますが、
この記事を読んだ感じでは、大学側の利点よりは、
ソウル周辺や地方都市の経済活性の方が目的としては大きいのでしょうか。
10件中実現したのは2件だけで、
成均館大を誘致したい平沢市の場合は10年以上も宙に浮いているそうで…。
このまま中途半端な状態が続くと財政負担が膨らんでいくんでしょうね。(泣
良い方向に進むといいですけど…。


関連記事

Comment

あー、なかなか計画が進まず頓挫している感じですかねぇ。

변수ですが、小説にも出て来て、その度に「?」と考えてしまう単語です(^^;)。困るわぁ。

わが葛飾区にも東京理科大を誘致していて、金町に立派なキャンパスが出来ています。町の活性化にぜひとも、という誘致だったようですよ(^^)。

今日の東京は27.7度まで上がったそうです! 暑かった〜。

るるるさんとこはいかが?
ハーちゃんさま^^

学校ができると若者が増えて町が活性化しますね(*^^*)
韓国の場合、地方の活性化につなげる意味もあっての大学誘致かなと思いますけど、難しそうです。

변수、小説にも出てくるんですね!
日本語と使い方の違う漢字語、面白いですけど慣れるのに時間がかかることもあります(^^ゞ

27.7度!とても10月下旬とは思えません~(泣
こちらも夏日の手前で、日中は半袖でしたよ…。
  • 2016/10/20
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定