호떡 ホットック焼いてみました。

前回の旅で食べそこなってしまった호떡ホットック…。
広蔵市場の屋台の前でしばらく見ていたんですよね、食欲が湧くかと期待しながら…
でもやっぱり暑さ負けの方が上手でした。(泣

호は「呉」、中国のこと。
떡はお餅。
19世紀末に移民して来た中国人商人が生み出したものだと言われています。


一番最初は韓国で食べようと思っていたのですが、
スーパーのお買い得ワゴンでこの子とバッチリ目が合って、買ってしまいました。(笑
190円でした。

161019 (2)






こんな感じに焼けました^^
もう少ししっかりプレスしてもよかったみたいです。
なにせ初めて作ってみたので、破裂させてはいけないと思って手加減しました。(笑
焼く時の油はオイルスプレーを一吹きしただけなので、焼き色はあまりきれいに出ませんでした。
もう少し油を多めに引くと美味しそうな色になると思います。

161019 (1)


生地の材料は、小麦粉、もち米粉などとドライイースト。
中身の材料は、シナモンシュガーとピーナツ。

イーストが入るので発酵させるのかと思いきや、発酵時間は不要とのこと。
ぬるま湯を入れて捏ねている間に多少ふわふわした感触になってきました。
丸く広げた生地にお砂糖(ピーナツ入り)をのせて閉じ、両面焼くだけです。
パッケージにも「お家で簡単!」と書いてありますが、ほんとうに
え、これだけ?
と拍子抜けするくらい簡単に、あっという間にできてしまいました。(笑

호떡 누르개 ホットックプレスは持っていないのですが、家にある平らなもので代用できます。
でもきっと、あったほうが雰囲気も出て楽しいでしょうね^^

パクっとかじると、中から溶けたシナモンシュガーがじゅわっと出てきて美味しいです!
こんなに簡単で美味しいなら、また買って来ようかな~♪
う~んでも、やっぱり韓国に行って食べたいです。
冬のかじかんだ手でホカホカのホットックを持ったらすごく幸せな気分になれそうです。
ちゃんと一次発酵させて作っている所もあるということなのですが、
美味しいと評判で列ができているような屋台がそうなんでしょうか?



前回ソウルに行った時に、トッポッキを食べたことないと友人に言ったら
え?一度も食べたことないの?
とビックリされました。
別の友人にも、
日本でお餅が手に入るんだから、さっさと自分で作って食べればいいじゃん~
と呆れられました。
ホットック作って食べてみたよ~と報告したら、
ほらほら、トッポッキも早く作ってみなさいよ~
と言われる気がします^^;


関連記事

Comment

おお! 中からシナモンシュガーが! ピーナツはどのようにして入れたのかな?

なんか簡単そうですよね(^^)。

私も韓国で韓国らしいこういうもの、食べてません(^^;)。

るるるさん、今冬いらっしゃる予定おありでしょうか? その時にいろいろ食べられますねぇ! って、そそのかしてる...。
ハーちゃんさま^^

説明が分かりにくくてすみません、ちょいと追加しました。
ピーナツ入りシナモンシュガーの袋が入っていたんです(笑
とっても簡単でビックリしましたよ。
ハーちゃんさんもソウルでトンカツだったんですよね。

お願いします、どんどんそそのかしてください~。
ポンっと渡韓のチャンスが巡ってくるように祈っているところです!
  • 2016/10/20
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。