무생채と물김치 大根のセンチェと水キムチ。

大根が美味しい季節になりました♪

少し前に무생채、大根のセンチェというものがあるのを知ったので
今回作ってみました。

161004 (2)


材料は、
大根、唐辛子、長ねぎ、ニンニクのすりおろし、酢、砂糖、塩、アミの塩辛、ゴマ。

千切りにした大根に塩をして、しんなりしたら水で洗って、しっかり水気をしぼります。
長ねぎ、ニンニクと調味料を入れて、和えます。

色、薄めですよね^^;
あまり辛いと食べられないのです。
粗挽きと細挽きを半々で使いましたが、
細挽きのみで作るともっと赤くなるでしょう。
今回は大根600gに対して唐辛子は大さじ3くらい使いました。


いろいろとレシピを見ているとよく꽃소금 花塩というのに出会います。
元々は、しょうゆを発酵させる時に表面に浮き上がってくる味噌玉に振る粗塩、のことです。
海水を電気分解して作る、すっきりした味の塩で、
かんすいやミネラル分は入っていないということです。

액젓魚醤を使うレシピもありましたが、
花塩より魚醤を使う方が美味しそうかな~。
どうなんでしょう。


今調べてみたら、
センチェは大根だけでなく、いろいろな野菜で作るそうですね~。
トマトやキュウリなど…。

ということは、
夏に私が作ったハツカダイコンやコリアンダーのキムチはセンチェだったのかな?
同じ作り方なのですが、教わった時に名前は聞かなかったんですよね。(笑
トマトのセンチェが食べてみたいので、来年の夏に作ってみます。





キュウリをいただいたので、물김치 水キムチも作ってみました。

161004 (1)


お米のとぎ汁に塩を入れて沸騰させ、冷ましておきます。
大根、キュウリ、人参に塩をして、しんなりさせます。
清潔な容器に水気を切った野菜、リンゴ、唐辛子、生姜、とぎ汁を入れて、常温に置きます。
乳酸菌が発生してプクプクと泡が出てきたら、冷蔵庫に保管します。

今回は勝手に生姜を、とぎ汁を沸かす時に入れました。
生姜は火を通すと、ジンゲロールという成分がショウガオールに変わって、
冷え性に効果があるんです。(笑

初めて作ってみたので、
乳酸菌発酵する前に腐ってしまったらどうしようと心配でした^^;
一晩経って見てみたら、小さな泡が出ていて、ほんのり酸味を感じました。
嫌な匂いはしません。
無事だったようです。良かったぁ~。
容器は消毒して使うと安心ですね。

次回は別の野菜を使って作ってみようと思います^^



関連記事

Comment

おお、乳酸菌が発生! 程度が難しいでしょうか?

るるるさんのお料理はどれも器も盛り方も美味しそう! お箸を出してしまいそうですよ、画面に(^^)。

トマトのセンチェ、どんなお味かなぁ? 気になります!
ハーちゃんさま^^

冷蔵庫に入れるちょうど良いタイミングが分かるようになるといいです(*^^*)
わはは、恐れ入ります。大雑把な性格だからか、なかなか上達しないんです(+_+)
トマトは、地元のトマトが終わると買わなくなるので、来年の初夏までお預けです。
私もとっても気になってます♪
  • 2016/10/05
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。