%は퍼센트?프로?

「% 퍼센트」を「프로」とも読むという説明や、
実際の会話でそう発音しているのを何度も耳にしてきました。
%を英語で「프로테이지」とも言うので、それを略して「프로」と言うのだ、ということなのですが、
でもそういう英語を今まで聞いたことがないのです。
辞書にもありません。
[percent」は「per ~につき」+「cent 100」という意味で、まさに「百分率」ですね。

気にはなっていましたが、
どこかで何かが混乱してできた言葉なんだろうと思って放っておいてました。



そしたら先日また「%=프로테이지」の解説を目にし…これはもう、
白黒つけなさ~い!
という神のお告げだと思って、調べてみました。(笑


%は、元を辿るとイタリア語の「per cento」です。
もっと辿ると、ラテン語の「per centum」、初出は16世紀です。
それがドイツ語では「prozent」、オランダ語では「procent」となり、
このことから日本では古い時代に「%」を「プロセント」と音訳していました。

その「プロセント」が日本統治時代に半島に渡り、短く「プロ」となりました。

では「プロテイジ」は何かというと…

英語に「percentage」という名詞があるように
「プロ」にも同じ語尾(?)の付く「プロtage」という名詞形があるのだと勘違いしてできたようです。
よって、프로테이지 は英語ではなく造語です。

「プロテイジ」→「プロ」ではなく
「プロセント」→「プロ」→「プロテイジ」だったんですね~。



結局、韓国語で%は퍼센트でも프로でも通じるのですが、
現在は正式には퍼센트ということになるでしょうか。
アナウンサーさんたちは퍼센트を使っていますね。

ちなみに、퍼센트 포인트 という言い方も聞きますが、
これは英語で percent point と言うのをそのまま使っています。


関連記事

Comment

よくこんなに調べられましたね! どうやって? すごいなぁ!

私のほう、韓国語に関しては本当にお恥ずかしい限りの今日このごろ(^^;)。

今は「風の絵師」をすべて辞書を引きながら読み返しているだけです。何千回引くことになるやら、見当もつきませんです、はい(泣)。

今日は東京は25.1度までしか上がらず、秋の気配が濃厚な日になりました(^^)。
ハーちゃんさま^^

今回はすぐに答えに辿り着きましたよ。
日本から入ってきた外来語はなくそう、と言う声もありました。

ハーちゃんさんの実力で何をおっしゃいますか~!(笑
私はいつになったら小説を楽しめるようになるのか…早くコーヒープリンスお借りしたいのに~。
東京、涼しくなったんですね~。こちらはまだ30度近くまで上がります。
でも朝夕は爽やかです♪
  • 2016/09/11
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。