행복 / 나태주

  • Date:2016.09.01
  • Category:
행복   
       나태주

저녁 때
돌아갈 집이 있다는 것

힘들 때
마음속으로 생각할 사람이 있다는 것

외로울 때
혼자서 부를 노래가 있다는 것





幸せ  
      ナ・テジュ

ひぐれ時
帰る家があること

つらい時
心の中で思う人がいること

さびしい時
一人で歌う歌があること





久しぶりにナ・テジュさんの詩を読んでみました。
現在71歳、こんな方です。
代表作のひとつ「풀꽃」は、韓国で一番愛されている詩だろうと言われていますね^^

まだ詩集は手にしていないので、
ナ・テジュさんに会いたい時は、ネットで検索して詩を読んでいます。

長らく、公州の小学校で教鞭をとりながら詩人として活躍していらっしゃいましたが、
2007年に定年退職されて、現在は公州文化院の院長をされているそうです。


ナ・テジュさんの記事や略歴などでよく紹介されているのがこちら。

ナ・テジュさんの望みは、
시인이 되는 것    詩人になること
좋은 여자와 사는 것  良い女性と暮らすこと
시골에 사는 것   田舎で暮らすこと
3つとも、見事叶えられました。

そして、人生でやって良かったと思っていることは、
초등학교 선생님을 한 일        小学校の先生をしたこと
쉬지 않고 시를 쓴 일          休まず詩を書き続けたこと
시골을 떠나지 않고 산 일        田舎を離れなかったこと
아직도 자가용을 갖지 않고 사는 일   今までずっと車を持たずにいること

お人柄が出ています^^



リンクした記事より。

그의 시 안에는 작고, 예쁜 아이가 놀고 있으며, 시인은 그 아이의 눈을 통해 세상을 본다. 동심은 어른들의 마음의 고향이자, 잃어버린 파라다이스. 그 잃어버린 천국을 아직도 간직하고 있는 시인은 늙었지만, 어리다.

彼の詩の中には小さくて可愛い子供が遊んでいて、
詩人はその子の目を通して世の中を見る。
童心は大人たちの心のふるさとであり、失ってしまった楽園だ。
その失われた天国を今も大切にしている詩人は、老いてはいるが幼い。

그의 시는 읽기 쉽다. 편안하다. 그러면서도 할 말은 다하고 있고, 역전이 담겨 있다. 시가 짧은 형식의 글이라고는 하지만, 어쩌면 그렇게 짧게 쓰면서도 커다란 의미를 담아냈을까.

彼の詩は、読みやすく気楽でありながらも、言いたいことを全て言い切っているところに驚きがある。
短い形式の詩だとは言っても、どうしてこれほど短い言葉の中に大きな意味を込めることができるのだろうか。


関連記事

Comment

とても平易な文章にかえって読む人の心に響きますねぇ。

田舎に住み、自動車を持たない生活...。なかなか難しいけれど理想的かも知れません(^^)。

リンクの記事の中の「역전」はどういう意味でしょうか? ちょっと辞書を引いてもわからず...(^^;)。へへへ。
ハーちゃんさま^^

不自由さと引き換えに得られる深い安らぎ、憧れますね~(*^^*)
生活が便利になるにつれて失っているものってあるんだろうと思います。

역전は「逆転」だと思ったんですけど、短く平易な言葉に大きく深い意味が込められているという、
相反するような状態に対する感動と理解しました…。
間違えていたらゴメンナサイ~^^;
  • 2016/09/01
  • るるる
  • URL
  • Edit
ああ、そうですね、きっと。るるるさんの訳は上手です!

私は翻訳には向いてないなぁ(^^;)。なんて言うのかな、問題は日本語なんですよねぇ(^^;)。へへへへ。
ハーちゃんさま^^

いえいえ~、また何かあったらご指摘よろしくお願いいたします(>_<)!
うん十年も日本語を使ってきていても知らないことが本当に山のようにあって、
ハーちゃんさんのブログでもたくさん学んでるんですよ~。
言葉って深くて面白いですよね♪
  • 2016/09/03
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定