今回もまた…。

スーツケースを開けると、ピラっと1枚の紙が…。




「あなたの荷物、開けて調べさせてもらいましたよ~」
という通知です。
ほぼ毎回、このお手紙が入っています^^;

行きはまず、手土産の羊かんを調べられていました。
プレゼントなのに包装を開けられてしまっていて、ちょっとショックでした。
どうして羊かんが…。
ハーフサイズの羊かん3本の詰め合わせを2箱持って行ったのですが、
それがどうやら、プラスチック爆弾ではないかと疑われたようなのです^^;
確かに四角い物体がきれいに並んでいますけど、
まさかそんな風に疑われるとは思いませんでした~。

帰りはジャムや蜂蜜をいくつか入れていたので、それがチェックされました。
危険な液体ではないのか、ということですね。
厳しいです^^;

書面には、検査後には全てカバンに戻しましたよ~と書かれているのですが、
時には荷物がみんなぐちゃぐちゃになっていることもあって、気分悪いです。(泣

今回は手荷物でも引っかかりました。
出国してから免税店で日本酒を買ったのですが、
トランジットでも問題ないかと店員さんに確認したところ、きちんと封印するから大丈夫だと言われました。
ところがいざ乗り継ぎの荷物検査を通ると、
ちょっと待て、これは確認の必要があると止められ…
免税店の封を開けて箱からも出し、矯めつ眇めつ、レシートも出しなさいと言われ…
もしレシートを捨てたり紛失したりしていたら、没収だったんでしょうか^^;

また以前のように緩くなるといいなと思っていましたが、
世界情勢を考えると難しそうですよね…。


アメリカは今でも、日本がBSE、鳥インフルエンザの発生国だということで
日本からの牛類の持ち込みを禁止しているのですが、
肉エキスを使ったお菓子類もダメなんですよね^^;
カレールウや犬用のおやつなども没収されます。
厳しい検査官に当たると「次回も持って来たら罰金!」とビシッと言われます。
お菓子の添加物くらいでは人体に影響はないと思うのですが、どうでしょう。
この話をすると、
日本がアメリカの牛肉を輸入禁止にした事への報復だろうね~(笑
とよく言われます^^;

何か没収された時には、別のお手紙が入っています。
それによると、没収品は廃棄するということですが、
アメリカなら絶対そんなことはしない、みんな担当者の胃袋に入っているよ(笑
だそうです。
本当かどうかは未確認です^^;


関連記事

Comment

あらぁ! そんなことがあるんですか?

私が訪米したのは40年前と35年前くらいなのですが、その後やるようになった措置でしょうか?

なんだか気持ち悪いですねぇ。眼の前で開けられるならともかく!

没収された事ありますか?
  • 2016/09/01
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^

荷物検査が厳しくなったのは牛や鶏の問題もありますけど、
9・11以降どんどん厳しくなっていきました。
検疫で犬のおやつを没収されました~!犬用なので気にしていなかったのですがダメでした(笑
郵便で送った時は、原材料のポークエキスを見落としていて没収されたこともありました。
荷物検査の他にも、入国の際の全身ボディスキャンもとっても嫌です(泣
  • 2016/09/01
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定