北村お散歩1。

前回の旅行で「北村八景」という、美しい景色が見えるポイントがあることを知って、
次回はその8か所を見て回りたいな~と思っていたのですが…
時間が経ってみると、それよりはもっと自由気ままにぶらぶらしたい気分になっていました。

日中の猛暑の中、急な坂道を上り下りする気力はありません^^;
なので朝4時に起きて、のんびりと体操と栄養補給をして、6時にホテルを出発しました。

今回は地図を持って。
フロントのアジョッシが地図を持ってきていろいろ説明してくださったので、
それを参考にしながら歩きました。
その地図の写真を撮ろうと思ったら…どこかで失くしてしまったみたいです。(泣



坂の上から見た昌徳宮。

0869.jpg 

夏至が近いので、6時といっても太陽は既に高度を上げています。
空気はまだ爽やかですが、陽射しはすでにギラギラしていました。






段ボールが山になっていました。

0868.jpg 

日本では多分どこでも、段ボールは畳んで出すと思うのですが、
ここでは箱の形のまま積まれています。
収集の仕方が違うかもしれないですね。
収集時間は、地域によって、またゴミの種類によって違うそうです。
夜10時を回ってから収集車の音が聞こえてきた夜もありました。






朝ならではの風景をあちこちで見ました。

新聞配達のお兄さんがバイクで一軒一軒配達していました。

0870.jpg 






ノラちゃんは、北村では茶トラを3匹見かけました。
車と塀を伝って屋根までひょいひょい。

0872.jpg 





この野性的な身のこなし~♪

0871.jpg

日本のノラちゃんは人慣れしていて呼ぶと寄ってくるネコも多いですが、
ソウルでは1匹も寄ってきませんでした。
人間に気付いてもまったく動じず、ぴしっと一瞥して、あとは我関せず。
ネコが本来持っている、媚びないカッコ良さがあります。
ノラちゃんの写真を撮るのは難しいよ~と聞いていましたが、ほんとに近くまで寄らせてもらえません。
それでも追いかけて行って後ろ姿ばかり何枚も撮っていました。(笑








建物の角が丸くなっているのが可愛くて優しいイメージです。

0879.jpg




細い路地が多いところでは、こんなふうに角が取れていると
圧迫感がなくて広くゆったりした感じになりますね。

0878.jpg






北村でも建物の壁を見るのが楽しかったです。
伝統的デザインと現代的デザインが融合している感じなんでしょうか。

0877.jpg 




0873.jpg





何の模様だろうと思って寄ってみたら

0875.jpg



龍でした。
お家の人がタイミングよく出てきてくれたらお話聞きたかったです。

0876.jpg 






この装飾にも、何か物語がありそうです。

0874.jpg 







私道の急な坂には、こんな荒削りな滑り止めがあります。
平地よりも積雪量は多いでしょうし、寒い日に凍ったりしたら大変でしょうね。

0882.jpg 






黒塗りの大きなセダンが何台も、細い道を塞ぐように停まっていました。

0883.jpg 


関連記事

Comment

北村、懐かしい〜! 北村八景というものがあるのですか? 知りませんでした(^^;)。後で検索してみます!

通りの写真を見るだけで「あー、行きたい」と思いますね〜。あー!

私も北村で急な坂があって「これ行けない。戻る」って言ってたら主人がそこに小さな階段があるのを見つけてそれを下った記憶があります。雪の日なんか怖くて通れないと思いました(^^;)。

それにしても4時起きで行動開始なさったのね。エラいわぁ(^^)。
  • 2016/07/13
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^

ハーちゃんさんも北村行かれたんですね♪
とっても急な坂道もあるのでなかなか大変ですよね。
ほんとに冬は危険だな~と思いました。

4時起きは暑さを避けるための苦肉の策ですよ~。
この前の日にフラフラになって夕方ホテルに戻り、夜9時にはもう爆睡していたんです(笑
ほんとに、私も早くまた行きたいです!
  • 2016/07/13
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定