アンコールまいにちハングル講座 2010年度前期

2009年度4月~9月の「話そう!美しいハングル」の再放送
講師:チャン・ウニョン先生(東京大学講師 / NHK国際放送局アナウンサー)
出演者:(KBSアナウンサー)
       イ・サンヒョプ氏
       ユ・ジチョル氏
       イ・ソンミン氏

NHKの講座、ラジオ講座が2本、テレビ講座が1本。
どれで勉強をしようか…
書店でNHKテキストを見比べながら、
多分30分以上う~んう~んと悩んだんじゃないでしょうか^^;
そしてこのテキストの中表紙に「張銀英」とあるのを見て気がつきました。
あっ、冬のソナタのクレジットに名前があった人♪
これで俄然テンションアップです。(笑
そして、あいさつ文の中に、
正確で品のあるきれいなハングルの発音を身につける
とあります。
独りで勉強するので発音のチェックをしてくれる人はいません。
だったらこのテキストもやってみたいな。
目次の、半年の講座120回分の内容を見ても、
ハングルマダンでやったものをきちんと復習して頭に入れられそうです。
兼若先生の講座とウニョン先生の講座と、どちらもやってみたいけれど
ほんとにできるの~お前さん。
と自問した結果、
やることにしました。2本立て決定♪

テレビ講座のほうも面白そうで、
映像があると口の形なども見れるし魅力的だったのですが、
さすがに3本は無理かな~、と思って
テレビのほうはテキストを買わずに番組だけ見て、深く突っ込まないことにしました。

母音字、子音字から始まり、
そのあたりは既に知っていることではありましたが、
今までの勉強と違って解説が「聞ける」というのが新鮮だったし
兼若先生の講座もこの講座も、どちらも第1回から真剣に聴いたのを覚えています。
同じことを説明するのでも先生が違うとまた面白かったですね。
やりはじめてすぐ、
あ~両方を聴くことにして大正解だったな~
と思いました^^

基礎の「き」が終わって2か月目に入ると、楽しいコーナーが始まりました。
早口ハングル(韓国の早口ことば)
いきいきハングル(慣用表現)
まちかどハングル(街の中で聞こえてくる生の言葉、駅の案内放送など)
なぞなぞハングル(韓国のなぞなぞ)

そして、「今週のおさらい」の回では
ウニョン先生とアナウンサーさんがフリートークをするのですが、
これがほとんど聴き取れなくて切なかったです^^;
最後の2か月は半分くらい解ったかなぁ、なんとなくですけど。
今だったら聴き取れると思うのでまた再放送して欲しいのですが、
この時点で既に再放送だったわけだし、もうないのでしょうね、残念です^^;

この講座にあって他の講座に出てこないのが、長音。
最近では、長音の単語とそうでない単語をきちんと区別する人は多くないらしいですね。
でも、
手持ちの辞書では韓和でも韓韓でもちゃんと長音の発音記号があるし、
できるだけ頭に入れるようにはしています。
長音ができていれば、他の発音の悪さをカバーしてくれるかもしれないし。
なんて、そんなことないでしょうかね^^;
でも、
きれいな韓国語を話して欲しい
というウニョン先生の思いが好きです^^

これもぱらぱらめくってみると、忘れている単語が。
따오기=トキ
삼가다=慎む
기대다=寄りかかる
などなど~^^;


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)