梅仕事が始まりました。

青梅の爽やかな香り♪
一年に一度の至福の時です。




梅酒と梅干しを作ります。
今年は地元産の梅を使います^^

梅の季節になると、まず紀州の南高梅が入って来ます。
大きくて肉厚で、梅の王様ですね~。

そして次に、福井の「紅映べにさし」がやって来ます。
南高梅より若干小ぶりなのですが、種も小さいため果肉はたっぷりで、
これもとても美味しい梅です。
ここ数年はスーパーでプロモーションしています。
力入ってますね^^

そして、最後に地元の梅が出回ります。「藤五郎」と「越の梅」。
それで梅の季節は終わりです。
今年はなぜか紅映と地元産の時期がぴったり重なってちょっとびっくりしました。


梅の産地が知りたくなって、農水省のデータを見てみました。 
全国の収穫量111,400トンのうち、和歌山では71,400トン、全国の約65%です。
第2位が群馬の5,400トン。
それに次いで収穫量が多いのが、
青森、宮城、茨城、神奈川、長野、福井、山梨、三重、奈良、福岡。





今年は青梅6kgを仕込みました。

0837.jpg 



果実酒用のブランデーと氷砂糖を使っています。

0838.jpg 


糖分は、果糖や蜂蜜などでもできますね。
果糖や黒糖で作る場合は氷砂糖の2/3の量でいいので、カロリー控えめになるようです。
そして、仕込んでから1か月で飲めるようになるので、早く飲みたい人には良さそうですね^^
まだ試したことはありません。

最近は日本酒で仕込んだ梅酒もたくさん出回っていて美味しいのですが、
素人が作る場合、アルコール度数が低いお酒でちゃんと作れるのか心配で、これもまだ試していません。
ホワイトリカーと違って、日本酒はそれ自体に個性があるので、
美味しい味に仕上げるのに神経を使うような気もします。

去年仕込んだ梅酒は瓶に詰め、
残された梅はこれからジャムにします。
それが終わったら梅干しです^^


関連記事

Comment

わー、キレイな梅の実!

おうちで漬け込んだら美味しい梅酒、梅干しができるのはわかっているのですが、なかなか...(^^;)。梅ジャムも美味でしょうねぇ!

それにしても、各地で梅の実が生産されているのですね。意外と北のほうでも!

和歌山が有名ですけど、群馬、青森、宮城と続くなんてビックリしました(^^)。けっこう丈夫な木なのでしょうか?

るるる家の梅作業、うまく行きますように(^^)。
  • 2016/06/22
  • ハーちゃん
  • URL
ハーちゃんさま^^

ハーちゃんさんはフレッシュな梅でジャムを作られるんでしたよね♪
そうそう、青森でも生産量が多いと知って驚きました。
南高梅のピークが過ぎた後に実る北の地方の梅って、なんだか特別な感じがします。
ありがとうございまーす! 週末には梅干しに取り掛かります(*^^*)
  • 2016/06/22
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。