火星はまだ大きいです。

こんな写真では何なのかよく分かりませんが…^^;
でも、赤いということは分かります。(笑




約2年ごとにやってくる火星の接近。
今回の地球への接近は5月31日がピークでしたが、
その日の朝のニュースを見ていて、あらら…と思いました。
「今日、地球に最接近します」
という言葉は間違っていないのですけど…
それだけだと、見頃なのはその日一日だけという印象を与えてしまうかな~と。

そう思っていたら案の定、天文台に
火星はまだ見られるのか、という問い合わせがあったりするようです。
31日にはマイナス2等でしたが、
今でもマイナス1.9等の明るさです。
7月23日にやっとマイナス1.0等の明るさを下回るくらいなので、
今後もしばらくの間ピカピカ…というよりメラメラした火星を見ることができます。
広い空の中の小さな点ではありますが、
じっと見つめていると、眉間にどーんとエネルギーの塊がぶつかってくる感じがします。
すぐそばに土星もいますね^^
そして今は南西の空に木星と月も隣り合っています。
水星と金星は現在、太陽とほぼ同時に昇って沈むため、見えません。


火星の接近の様子が分かりやすいのが、こちらの県立ぐんま天文台のアニメーション。 
ずっと見ていると目が回りそうですが、楽しいので何度も見てしまいます。(笑

そして、今夜の星空はこちら。国立天文台の「今日のほしぞら」
惑星の位置や見え方が分かりやすいので、よく利用します。

次回の火星接近は2018年7月ですね。
今回よりもっと近いので、もっと大きく明るく輝きます。
楽しみです♪


関連記事

Comment

東京の空、あんなにあるはずの星が見えません( ̄Д ̄)ノ。おかしいですよね〜!

スリランカで見た満天の星、東京の子供達にも見せたいなぁ(*^_^*)。あれを見たら、天文学を専攻する学生が増えるのではないかしら?

るるるさんとこはうんと見えているんでしょうね! 羨ましい限りです\(^o^)/。
  • 2016/06/11
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^

残念ながら、ここも東京と変わりはありません…(泣
ハーちゃんさんちからも火星はしっかり見えると思います(*^^*)
わぁ、スリランカの星空…どんなにか素晴らしいでしょうね~!
日本もいいですけど、外国で満天の星空を見てみたいです♪
  • 2016/06/11
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定