ピーナツバタークッキー(レシピつき)

作り方としてはこんなに簡単なものは他にない~
というクッキーです。(笑




材料は、
ピーナツバター 1カップ (今回はSKIPPYのスーパーチャンクを使いました
砂糖 1カップ
全卵 1個

計量カップはアメリカサイズ(220ml)なので、
日本の200ml用の場合は見た目で1割増しくらいに盛ってください。(笑

3つの材料を混ぜ合わせ成形し、180℃で8分ほど焼いてできあがりです。
写真のものは直径6cmくらい、フォークの背で模様をつけました。
16~7枚ほどできたでしょうか。
生地がペースト状で手にくっつくので、指を水で湿らせると扱いやすいです。


アメリカのレシピって粉類もバターなんかもみんな計量カップやスプーンで分量表示するんですよね。
はかりを使わないのはなぜなのか…
考えてみると、グラム単位で正確に計らねばならないほどの繊細なお菓子はないかもしれません。
国民性なんでしょうか。(笑
クッキーも、形が多少いびつなくらいが手作り感あふれていいですよね^^

次回作る時に重量を量って追記します。
はかりにボウルをのせて材料を投入したほうが楽です~^^;


関連記事

Comment

え、えー! 何度も読んでしまいました。小麦粉、使ってな〜い(^^)。

すご〜い!

SKIPPYのピーナッツバターは前に使っていましたが、甘くなかったですねぇ。アメリカ生活の長いかたにすすめられて買ったのです。

クッキー、サクサクした口当たりに見えます(^^)。

えー、驚きのクッキーでーす!
ハーちゃんさま^^

小麦粉不使用って書けばいいのに、いつも私は片手落ちなんですね~(笑
でもほんと、小麦粉が入らないのにクッキーになるって不思議です。
ピーナツを挽いてできる粒子が小麦粉の粒子と同じように働くんだと思います。
サクサクで香ばしくて美味しいですよ。ぜひ作ってみてください~♪
  • 2016/01/31
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。