意味が2つある助数詞

中島仁先生の「聞いてみよう!言ってみよう!慣れるハングル、"おもてなし"ハングル」より。

助数詞には、固有数詞に付くものと漢数詞に付くものがありますが、
中にはどちらにも付いて、それぞれ異なる意味を表すものがあります。
下に挙げた例文は、講座の内容と異なるものがあります。
メモを取らなかったので忘れてしまいました^^;


漢数詞+번 「順番」
固有数詞+번 「回数」
  등번호는 2[이]번이에요   背番号は2番です
  2[두]번 가 봤어요   2回行ったことがあります
  
  
漢数詞+권 「巻」
固有数詞+권 「冊」
  7[칠]권을 샀어요   7巻を買いました 
  7[일곱]권을 샀어요    7冊買いました

  
漢数詞+페이지 「ページ」
固有数詞+페이지 「ページ分」
  교과서 10[십]페이지를 펴라   教科書10ページを開きなさい
  이 책을 25[스물다섯]페이지 읽었다    この本を25ページ読んだ

  
漢数詞+학기 「ひとつの学期」
固有数詞+학기 「1学期分」
  1[일]학기가 시작된다   1学期が始まる
  학기은 두 학기로 나뉜다   学期は2学期に分けられる

  
漢数詞+힉년 「~年生」
固有数詞+학년 「一つの学年」
  1[일]학년에 2명 있어요   1年生に2人います
  1[한]학년에 2명 있어요   ひと学年に2人います ←씩が入れば分かりやすい?    
  


100以上は固有数詞がないので、

<여기는 잘나가는 파출소> 200권 は

『こち亀』200巻全部なのか、それとも第200巻目ということなのか迷いそう~
なんて思ってしまいました。(笑
実際は話の流れで解るでしょうし、別の言い方もありますよね。