물김치 白菜と二十日大根の水キムチ。

今年初の水キムチは、白菜と二十日大根です^^

170608 (2)

この時期に育つ白菜は、玉になりません。
気温が15~17度の時に葉が巻くので、今は暖か過ぎるということですね。

そして、韓国では二十日大根は一般的な野菜ではない…
と聞いたのですが、調べてみたら、英語名「래디쉬」で出回っていますね^^


白菜ですが、今回の水キムチには緑色の部分を使ってみます。
白い根元の部分は、お味噌汁の具と、クリーム煮にします。
キムチに使った量は、
白菜 1kg
二十日大根 200g
作ってから1か月くらい持つので、一度にこれくらい作ってしまいますが、
1か月経つ前になくなります。(笑
韓国では、これくらいの量は少ない方でしょうね^^




これは、去年作った水キムチ。
材料は、
大根、きゅうり、にんじん、りんご、お米のとぎ汁、唐辛子、にんにく、しょうが、塩。

161004 (1)





そして、これが今回の水キムチです。
白菜、二十日大根、すいか、上新粉(とぎ汁の代わり)、以下同じ。

170608 (1)

漬け汁 국물 にほんのり色がついています。
今回は作り方を少し変えてみたのです。

漬け汁を作る時に、丸のままの赤唐辛子を使うのではなく、
粉唐辛子と刻んだにんにくをお茶用パックに入れて使いました。

水、上新粉、塩を鍋に入れ、上新粉をよく溶いてひと煮立ちさせます。
冷めたら、唐辛子とにんにくのパックを入れ、しばらく置いておきます。
引き上げた唐辛子とにんにくは、スープや炒めものに使います。
捨てませんよ~。(笑

もちろん、粉唐辛子をそのまま入れても良いのです。
今回は、漬け汁が濁らないようにしたかったので、こんなふうにしてみました。



水キムチを作り始めた頃は、発酵せずに腐るのではないかと心配しましたが、
何度か作っているうちに、意外に大丈夫なことが分かって安心しました。
とは言え、容器の殺菌はしておくのが無難ですね。

これまで使ってみた野菜は、
大根、きゅうり、白菜、キャベツ、小松菜など。
今年は他の野菜も使ってみたいと思います^^



ハートです♪

170608 (3)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。