しきりに腹が立つのなら / 朝の手紙

자주 화가 난다면

자주 화가 난다면
그건 삶의 방향을 바꾸라는 신호입니다.
우리 뇌가 "너는 너무 지쳐 있어. 좀 쉬어"라고
메시지를 보내고 있는 겁니다. 분노 자체가
나쁜 게 아닙니다. 감정에 좋고 나쁜 것은
없습니다. 모든 감정에는 고유한
기능이 있기 때문입니다.

- 김병수의《감정의 온도》중에서 -

* 화.
불과 같습니다.
얼른 끄라는 신호입니다.
얼른 바꾸라는 신호입니다.
화를 화로 풀면 큰불로 번집니다.
화가 불러들이는 부정적 감정의 에너지를
긍정의 에너지로 바꾸면, 화가 도리어
삶에 활력을 주는 '힘'이 됩니다.
화낼 일도 적어집니다.

오늘도 많이 웃으세요.




しきりに腹が立つのなら

しきりに腹が立つのなら、それは人生の方向を変えよという信号です。
脳が「お前はひどく疲れている。少し休め」というメッセージを送っているのです。
怒り自体が悪いのではありません。
感情に良い悪いはありません。
全ての感情にはそれぞれの機能があるのです。

キム・ビョンス『感情の温度』より

怒り。
火と同じです。
ただちに消しなさいという信号です。
ただちに変えなさいという信号です。
怒りを怒りで解決しようとすると更に燃え広がります。
肯定的なエネルギーに変換すれば、むしろ人生の活力になります。
腹が立つことも少なくなります。

今日もたくさん笑いましょう。


**
怒りという感情の原因は自分にあります。
相手や周囲の状況ではないんですね。
そこに気づくと怒りの感情は減っていって、やがて無くなります。
怒りの火を燃やして生きるのは人生の無駄遣いです。
もったいないなあ、と思います。