「スーパーフード」フラックスシード、過剰摂取注意…重金属も検出

‘슈퍼푸드’ 아마씨드 과다섭취 주의…중금속도 검출
全文をお借りしました。 



최근 '슈퍼푸드'로 인기를 끌고 있는 아마씨드를 과다하게 섭취하면 부작용이 있을 수 있는 것으로 나타났다. 아마씨드에 포함된 중금속의 일종인 카드뮴도 다른 곡물보다 더 많은 것으로 조사됐다.

 아마씨드  フラックスシード、亜麻の種
 카드뮴  カドミウム


한국소비자원국립농산물품질관리원과 함께 시중에 판매되는 곡물류 8종 422개 제품의 안전성을 시험·검사했다고 8일 밝혔다. 조사대상 곡물은 수입산 30개(렌틸콩 6개, 아마씨드 6개, 치아씨드 6개, 퀴노아 6개, 햄프씨드 6개)와 국산 12개(들깨 4개, 서리태 4개, 수수 4개) 등이다.

 한국소비자원 [韓国消費者院]
 국립농산물품질관리원 [国立農産物品質管理院]
 수입산 [輸入産]  輸入品
 렌틸콩  レンズ豆
 치아씨드  チアシード
 퀴노아  キヌア
 햄프씨드  ヘンプシード
 서리태  黒豆
 수수  キビ
 

소비자원 조사결과 아마씨드 제품 중 일부는 규정과 다른 섭취량을 표시해놓거나 아예 섭취량을 표시하지 않았다. 하지만, 아마씨드에는 청색증을 유발할 수 있는 '시안배당체'가 들어있어 '식품위생법' 등에서는 아마씨드의 섭취량을 1회 4g, 1일 16g 미만으로 규정하고 있다. 시안배당체는 그 자체로는 유해하지 않지만, 효소에 의해 분해되면 시안화수소(HCN)를 생성해 청색증을 유발할 수 있다. 청색증은 작은 혈관에 환원혈색소가 증가하거나 산소포화도가 떨어져 온몸이 파랗게 변하는 증상이다.

 청색증 [青色症]  チアノーゼ
 시안배당체  シアン配糖体 (シアン化物は植物内ではシアン配糖体として存在する)
 시안화수소  シアン化水素
 환원혈색소 [還元血色素]  還元ヘモグロビン
 산소포화도  [酸素飽和度] (赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素と結合しているヘモグロビンの割合)


소비자원은 "아마씨드는 요리에 뿌려 먹는 방법뿐만 아니라 쌀과 함께 잡곡밥으로 섭취하는 경우가 있어 일정량 이상의 과다섭취가 우려된다"고 전했다.

아울러 조사대상 42개 중 30개 곡물 제품에서 중금속인 과 카드뮴이 모두 허용기준 이내로 검출됐는데 아마씨드 6개 제품에서 검출된 카드뮴(0.246~0.560㎎/㎏)은 다른 곡물보다 훨씬 많았다. 아마씨드는 '기타가공품'으로 분류돼 카드뮴 기준이 아직 없지만, 카드뮴에 반복적으로 장기간 노출되면 폐가 손상되거나 이타이이타이병 증상 등이 나타날 수 있다.

 납  [鉛]
 노출  [露出]
 손상  [損傷]
 이타이이타이병  イタイイタイ病


소비자원은 식품의약품안전처에 아마씨드의 카드뮴 개별 기준 마련을 검토해 달라고 요청할 예정이다.



・今回の検査で、フラックスシード製品から0.246~0.560mg/kgのカドミウムが検出された
・フラックスシードはシアン化物を含むため、摂取量は1回当たり4g、1日当たり16gを限度に定めている
・一部の製品には、既定の摂取量とは異なる表示があったり、表示そのものがなかったりした
・フラックスシードのカドミウムに対する基準を設けるよう要請する予定

という内容です。
新基準によって、将来フラックスシードの摂取量が変わるでしょうか。


自分がフラックスシードを料理に使うので、気になって取り上げました。

日本では、天然にシアン化合物を含有することが知られている食品及びその加工品について
自主検査により、10ppm(1kg当たり?)を越えるものは流通しないようになっています。
基準が妥当で正しい検査がなされていれば、安全ということではありますね。
主な食品は、フラックスシード、杏子の種子、梅の種子、ビターアーモンドなどです。
摂取量については、規定がないようです。


フラックスシードは、オメガ3を多く含むということで、
00年代前半から欧米で注目され始めました。
その後日本でも流通量が増えていって、
今ではフラックスシードオイルも普通に売られるようになりましたね。

フラックスシードから比較的多く検出されたわけですが、
フラックス自体がそれらを吸収しやすいということと、北米大陸の生産地の土壌の問題もあるようです。
アメリカでは価格が安くて摂取量も多そうですが、
注目され始めるのと同時に、危険性についても論文などが上がっています。


カドミウムもシアン化物も、様々な食品に含まれているので、
普段の食事から摂る量と少量のフラックスから摂る量を比べるとどうなるのか…。
フラックスを食べて更に摂取量が増えたら問題が起きるでしょうか。
どうしても必要な食品ではないので、食べる間隔を開けたり量を減らしたり、
それでも心配な人は食べるのを止めるのがよいかもしれません。

海産物を多く食べる日本人の場合は、
貝類、タコやイカ、エビなどに含まれるカドミウム、
大型魚類のメチル水銀の方がもっと心配なような気がします。


シアン化合物を含有する食品の取扱いについて(検疫所に向けた文書)
「食品に含まれるカドミウム」に関するQ&A(厚生労働省)
Bio-accumulation and distribution of heavy metals in fibre crops (flax, cotton and hemp) 
Are these familiar foods poisoning you with cadmium? 


ラルウ(シチュー)とロッソ(里芋コロッケ) / 「バルサの食卓」より

「ラルウ」はカンバル語、ロタ語では「ラル」と言います。
羊の乳で、肉をとろとろになるまで煮込んだシチュー。
マイという香りのいいキノコが入っていて、羊の臭みを消してくれます。

170306 (1)


チーム北海道さんが考案したレシピでは、
ラム肉、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、ミックスビーンズ、きのこを使います。
にんにく、生クリーム、羊のチーズ、ガラムマサラ、バターが入り、
凍えた体を芯から温めてくれるシチューになっています。
原作者の上橋菜緒子さんもおっしゃっているように、ガラムマサラが大正解です^^

今回はラム肉の塊りではなく、切り落としを、
ミックスビーンズの代わりにうずら豆とレンズ豆、
そして羊のチーズの代わりに「ミセラ mycella」というデンマークのブルーチーズを使いました。
牛のチーズですが、ラムともよく合います。
ミセラ美味しいんですよ~♪
レシピどおり羊のチーズを使うなら、ロックフォールがありますね。
ブルーチーズである必要はないのですけど、味に深みが出て美味しいのでお勧めです。

原作「神の守り人」では、
隊商の護衛をしながらジタン祭儀場に向かっている途中、
吹雪をやり過ごすために助けを求めた牧夫の家で、ラルウが出されていました。
その後アスラは、シハナに食事を出してもらった時にもラルを食べていますね。




ロッソはバルサの故郷、カンバルの料理です。
ガシャ(芋)をすりおろして、薄く伸ばした生地にラ(ヤギ乳のバター)をたっぷり練り込んで、
その中にさまざまな具を入れて揚げたもの。
上橋さんは、山岳地帯のカンバルでは小麦があまり穫れないため
芋類をたくさん食べただろうと考えられたようです。
ロッソと一緒に、キヌアとジャガイモ、ゆで卵のサラダも作りました。
芋芋しいわ。(笑
実のところは、芽を吹き始めたジャガイモを急いで消費するためです^^;
キヌアも、アンデスの高原地帯のもので栄養価も高く、
カンバルの料理に使われていてもいいな~と思っています。

170306 (2)


本のレシピでは、里芋、小麦粉、バターのコロッケの中に
挽肉と玉ねぎを炒めた具を入れて揚げます。
とろけるチーズやドライフルーツを入れても美味しいと書かれていますね。
パン粉はつけませんが、丸く形を整える時に手に小麦粉をつけるので、
薄く衣をまとう感じになって、揚げた時にカリッとした食感を作ってくれます。


これまでも、一口サイズの里芋のコロッケはよく作っていました。
マッシュしたジャガイモの中に、火を通した角切りのサトイモやサツマイモを混ぜたりもします。
でも里芋だけの、こんなに大きなコロッケはロッソが初めてです^^
小麦粉を混ぜるので、里芋のみよりもっちりした食感になります。
レシピどおりの挽肉を詰めたものと、
チーズとクランベリーを詰めたものを作ってみました。
他の食材も試してみると楽しそうです。
カカオ含有量の多いチョコレートを入れても美味しそうな気がしています。

バルサは、甘いユッカの果実入りのロッソと、
ラガ(チーズ)と挽肉入りのロッソ、
そしてラカール(乳酒)を買って食べていますね。
カンバルが舞台の「闇の守り人」はシーズン3で登場するそうです。
ロッソ登場するかな~。



食べるシーンはいいですね。
少しだけ周囲への警戒を解いて、お腹を満たす幸せを感じている姿や、
食べて力をつけて、怪我から回復していく姿を見るとホッとします。

物語の設定、登場人物も含めて、
自分が小説から思い描いた人たちとピッタリな部分とそうでない部分があって、
最初の頃はちょっぴり違和感を感じてしまうことがありました。
今ではドラマの世界にもどっぷりと浸って楽しく見ています。
原作と比べることで、ドラマ化するにあたっての工夫、そして苦労も感じられます。
物語を再構成する作業も楽しいものなんでしょうね。

ロタ国王の弟イーハン役のディーン・フジオカさんがカッコいいです♪
原作でのイーハンは36歳。ディーンさんと同い年なんですね!
上橋さんの描いたイーハンは、恐らくは長身。
鞭のようにしなやかな身体つき、頬骨が高く、短く刈った黒髪に濃いひげという容貌で、
顔の作りはきついけれど、明るい目の光が柔らかい印象を与える。
小説のイーハンが更にカッコよくなって登場した感じがします^^


「高良健吾が鈴木亮平をつるし、板垣瑞生を誘惑する」
これウケました~。(笑
俳優さんを意識して見るのも楽しいですね。
お三方が演じるラウルもヒュウゴもチャグムも、文句なしに素晴らしいです。
惚れ惚れします^^

170306 (3)


外来語の来し方行く末。

日本語の「外来語」の取り扱いについて知りたくなって、先日
国立国語研究所のサイトに行ってみました。

研究所内の「外来語委員会」では、外来語・外国語の問題点として
次のように述べています。


近年,片仮名やローマ字で書かれた目新しい外来語・外国語が,公的な役割を担う官庁の白書や広報紙,また,日々の生活と切り離すことのできない新聞・雑誌・テレビなどで数多く使われていると指摘されています。例えば,高齢者の介護や福祉に関する広報紙の記事は,読み手であるお年寄りに配慮した表現を用いることが,本来何よりも大切にされなければならないはずです。多くの人を対象とする新聞・放送等においても,一般になじみの薄い専門用語を不用意に使わないよう十分に注意する必要があります。ところが,外来語・外国語の使用状況を見ると,読み手の分かりやすさに対する配慮よりも,書き手の使いやすさを優先しているように見受けられることがしばしばあります。


「近年」というのは、2003年の時点でのことです。
今は14年前よりも外来語の使用が増えているような気がします。
「一般になじみの薄い専門用語」と言っても、どの言葉をこれに当てはめるのかが難しそうです。
世代によって、外来語の受け取り方はかなり異なりますよね。
主な読み手がお年寄りであるなら、お年寄り向けに配慮すればよいでしょうけど、
ニュースや新聞など、さまざまな年齢や立場の人が触れる場合は、
十分に定着するまでは外来語と日本語の両方を並記するのが一番親切かもしれないですね。


「外来語」言い換え提案のページはこちらです。
200ほどの語が並んでいて、各語について「全体の理解度」と「60歳以上の理解度」が
星の数で示されています。
ページの最終更新が2006年となっているので、11年の間に変化があると思いますが、
それを踏まえて、表の中から和製語でないものをいくつか拾って、自分なりに分類してみます^^


1. 既に一般に十分に浸透していると思えるもの

 アクセス
 コミュニティー
 トレンド
 ヒートアイランド
 リニューアル
 など


2. 1と似ていますが、言い換え語の方にかえって違和感があるもの

 オンデマンド
 シミュレーション
 バリアフリー
 ユニバーサルデザイン
 ログイン
 など
 どんな日本語に置き換えられるか考えてみると楽しいです。
 後ろの方に、提案された「言い換え語」を載せますので、よかったら考えてみてください^^


3. 日本語も外来語も両方自然に思えるもの

 ガイドライン  指針
 サプリメント  栄養補助食品
 スタンス  立場
 ドナー  臓器提供者
 リアルタイム  即時
 など


4. 日本語の方が理解しやすそうなもの

 オフサイトセンター  原子力防災センター、緊急事態応急対策拠点施設
 センサス  全数調査、大規模調査
 ドナー  資金提供国
 モラルハザード  倫理崩壊
 リテラシー  読み書き能力
 など


5. 4と似ていますが、一般に定着していないと思われるもの

 アカウンタビリティー  説明責任
 コンソーシアム  共同企業体
 シーズ  種(将来に大きな発展を予想させる新技術)
 バックオフィス  事務管理部門
 ロードプライシング  道路課金
 など


あまり深く考えずにパッと書き出したものです^^;

ほんとうに言葉ってどんどん変化していくんですね。
ひとつひとつを見ると、
生まれてまもなく消えていってしまう語…
日本に定着して長生きする語…
言葉はいわゆる「生命体」ではないわけですけど、
それでも言葉は「生物 いきもの」で、
特に厳しい目を向けられることの多い外来語の来し方行く末を見ると感慨深いです。

先ほどの2ですが、日本語の言い換え語ではそれぞれ、
注文対応、模擬実験、障壁なし、万人向け設計、接続開始、です。


外来語か日本語かで、微妙に意味が変わるものもありますね。
「図書館」というと、本や新聞、CDなどが建物や部屋に収まっているイメージですが、
「ライブラリー」という言葉には、叢書の意味もあります。
その他にもネット上の、ある特定の情報を集めたサイト名として
使われていたりもします。
「ライブラリ」と長音を取った場合はコンピュータ用語になります。

外来語の置き換えに関する考察、最新の資料も欲しいです。
新しい外来語で今ぱっと思いつくものは、
レガシー、〇〇ファースト、コンシェルジュ…
まだたくさんありますよね^^;


国立国語研究所(NINJAL)のトップページはこちら。
忍者みたいでなかなか素敵な名前です♪
素晴らしい研究をしていて、一般向けのフォーラムや小学校の出前授業なども行っていますが、
一般個人とは少し距離がある感じがします。

韓国の「国立国語院 국립국어원」はネット上で言葉に関する疑問・質問に対応していて
ツイッターもありますね。
日本でも、ニンジャル以外の専門機関でもいいので、
SNSなどを上手に活用して一般人に間口を広げてくれるところがあったら
日本語について深く考えてみたいと思う人が増えるような気もします。
個人的にもありがたいです。



記事を書き終えてから、録画しておいた「探検バクモン」を見ました~。
広辞苑の編集部に潜入です!
とっても面白かったです!!
後日内容をまとめたいと思います^^


ひな人形を飾る日としまう日。

折り紙で作った、お雛さまとお内裏さまです。
来年は、屏風を設えて差し上げましょう^^

170303 (2)


先日、何となしに見ていたテレビから、
「ひな人形は『雨水』に出すと良縁に恵まれる」
と聞こえてきました。

初めて聞きました^^;
自分が子供だった頃に聞いたことがないので、
もしかしたらある地方で言われていたものが全国に広まったのでしょうか。
そういうことはよくありますね。
「春一番」も、元々は壱岐の漁師さんたちの間で使われていた言葉でした。
お雛さまを出す日としては他にも、立春や大安もありました。


雨水の話、気になります。
いつから言われているのことなのか
どこで発生した話なのか調べてみましたが…
答えは見つかりませんでした。

由来を日本神話に求めて、ミズハメノカミ(弥都波能売神、罔象女神)という
水の神様の一人を挙げている記事をいくつか見つけました。
ミズハメノカミは後々、商売繁盛、子宝、安産の神様にもなったようです。

二十四節気は6世紀(日本書紀では544年)に日本に入ってきています。
初めて日本に中国の暦がもたらされたのですが、
その「元嘉暦」に二十四節気も含まれていました。
「雨水」と日本の水の神様が結びつくというのは、ちょっとロマンチックな雰囲気もありますね^^

3月の節句に人形が登場したのは天正年間と言われているので、
それ以降のある時点で、ひな祭りと結びついたことになります。

お雛さまを片付けるのには「啓蟄」が良いという記事もあったのですが、
それとセットで考えるなら、「雨水」は新暦になってから言われ始めた、ということになりますね。
啓蟄は、今年のカレンダーでは3月5日から19日までなので、
旧暦の3月3日より前になってしまいます。
ひょっとしたら、割と最近になって言われ始めたのかもしれません。


結局はっきり分からないままですが、
日差しが力強くなってきて、雪が雨に変わる「雨水」とお雛さま、いいと思います^^
水は、生命を育むのに必要不可欠なものであるし、
そういえば易経でも雨は「吉」のものです。
天の気と地の気が交わって相通じ合った時に雨が降るとされています。
「地天泰」は希望が通る、安泰の卦です。

もちろん立春や大安もいいですね。
新年早々に飾る地方もあるそうです。
しまう日は、お人形のためにはカラッと晴れた日が一番いいですね。



お花とお鼻。(笑
少しずつ、これらのお花の季節に近づいていきます。

170303 (1)


しきりに腹が立つのなら / 朝の手紙

자주 화가 난다면

자주 화가 난다면
그건 삶의 방향을 바꾸라는 신호입니다.
우리 뇌가 "너는 너무 지쳐 있어. 좀 쉬어"라고
메시지를 보내고 있는 겁니다. 분노 자체가
나쁜 게 아닙니다. 감정에 좋고 나쁜 것은
없습니다. 모든 감정에는 고유한
기능이 있기 때문입니다.

- 김병수의《감정의 온도》중에서 -

* 화.
불과 같습니다.
얼른 끄라는 신호입니다.
얼른 바꾸라는 신호입니다.
화를 화로 풀면 큰불로 번집니다.
화가 불러들이는 부정적 감정의 에너지를
긍정의 에너지로 바꾸면, 화가 도리어
삶에 활력을 주는 '힘'이 됩니다.
화낼 일도 적어집니다.

오늘도 많이 웃으세요.




しきりに腹が立つのなら

しきりに腹が立つのなら、それは人生の方向を変えよという信号です。
脳が「お前はひどく疲れている。少し休め」というメッセージを送っているのです。
怒り自体が悪いのではありません。
感情に良い悪いはありません。
全ての感情にはそれぞれの機能があるのです。

キム・ビョンス『感情の温度』より

怒り。
火と同じです。
ただちに消しなさいという信号です。
ただちに変えなさいという信号です。
怒りを怒りで解決しようとすると更に燃え広がります。
肯定的なエネルギーに変換すれば、むしろ人生の活力になります。
腹が立つことも少なくなります。

今日もたくさん笑いましょう。


**
怒りという感情の原因は自分にあります。
相手や周囲の状況ではないんですね。
そこに気づくと怒りの感情は減っていって、やがて無くなります。
怒りの火を燃やして生きるのは人生の無駄遣いです。
もったいないなあ、と思います。


レベルアップ講座ももう最終月です。

一月行く、二月逃げる、三月去る…。
毎年この言葉が頭に浮かびます^^;
今日から3月、
坂堂千津子先生の「心が通う“おもてなし”会話」も来週から3月号に入ります。

書店で予約をしておいたので、売り切れを心配して急ぐ必要もなく、
そして3月号は6日から放送が始まることもあってのんびりしていたら、
書店から入荷お知らせの連絡が来ました。
注文する時に「連絡不要」とお伝えしたのですが、きっと忘れていると思われたんでしょうね。
お手間を取らせてしまいました^^;

170301 (1)


今回の講座は、観光などで来日している韓国人との会話という設定ですが、
オリンピックの時、東京にいる人たちはこの講座で学んだことをそのまま実践する機会に
恵まれそうですね。
韓国文化の薄い地方都市としては…う~ん^^;
いくつかある姉妹・友好都市の中には韓国の都市はなく、
オリンピックで韓国チームのホストタウンになってくれたら、と期待もしていましたが、
それも叶いませんでした。(笑
でも楽しく勉強しています。
3月号は祭りの見物、茶席体験、サブカルチャーなど文化的な内容がたくさんで
個人的には3月号が一番楽しめそうです♪



こちらもどうぞ~、と
今年もテキストと一緒に「おまけ」を頂きました。
「NHK英語テキスト 2017フル活用BOOK」
講座紹介のための無料の冊子です。

英語はなんと、ラジオとテレビを合わせて15講座もあります!
加えて、テキスト無しの番組も2つあります。
これだけあれば、レベルと目的に合わせて選ぶことができますね。

「短期集中!3か月英会話」は、4月からのテーマが
「めざせ!スポーツボランティア」
これもオリンピック・パラリンピックを視野に入れた講座ですね。

語学講座全体を眺めてみると、今のところ
「オリンピック・パラリンピック」や「おもてなし」がキーワードになっているのは
英語、中国語と韓国語。
この3か国語で、来日する外国人はほぼ対応できるのでしょう。


英語力測定テストも付いていたのでやってみました^^

170301 (2)