이젠 ‘생존배낭’을 꾸려야 하나?

생존배낭 / 생존가방 は非常用持ち出し袋。

9月12日マグニチュード5.8の慶州地震、
そして19日マグニチュード4.5の余震以降、余震は440回を超えました。
韓国では日本の災害対策、防災意識に学ぼうという声が大きくなっているようです。
こちらの記事もその一つ。
地震以降、日本の防災グッズを購入する人が増えたと聞きましたが、
避難袋に何を入れて備えるかに関心が集まっています。

東京都の防災ブック「東京防災」が高い評価を受けています。
韓国語版をPDFで見ることができるのも大きいですね。韓国語版はこちら。
日本語版も販売されています。
電子書籍版ならAmazonなどで無料です。
マスコットの「防サイくん」がとっても可愛いです♪


記事を読むと、持ち出し品に対する反応が興味深いです。
また、我が家は大丈夫かと再確認する機会にもなりました。
何を持ち出したらいいか…
紹介されているものを拾ってみました。
似通ったものもあります。


비상식량   체온 유지용품   구조용품   안전용품   통신기   구급약 
손전등   휴대용 라디오   헬멧   방재두건   면장갑   담요   건전지
라이터   양초   물   인스턴트 라면   통조림따개   나이프
의류   젖병   현금   구급함   적금통장   인감   밧줄   마스크
응급약품   화장실 역할을 할 물건   가위   방수시트   방한시트
나침반   침낭   신분증   핫팩   지도   다용도 끈   수건   
다용도 칼   랜턴   방수성냥   구급상자   초코바   참치 통조림


非常食   体温維持用品   救助用品   安全用品   通信機   救急薬品
懐中電灯   携帯ラジオ   ヘルメット   防災頭巾   軍手   毛布   乾電池
ライター   ろうそく   水   インスタントラーメン   缶切り   ナイフ
衣類   哺乳瓶   現金   救急箱   預金通帳   印鑑   ロープ   マスク
応急薬品   トイレとして使えるもの   ハサミ   防水シート   防寒シート 
方位磁石   寝袋   身分証明書   使い捨てカイロ   地図   多目的ロープ   タオル
万能ナイフ   携帯照明器具   防水マッチ   救急箱   チョコバー   ツナ缶 


見づらいですね~、すみません^^;

 
각자도생[各自圖生]という言葉もクローズアップされています。 
제각기 살아 나갈 방법을 꾀하다. 各々で生きていく方法を図ること。

政府の対応のまずさが非難を浴びていますけど、
今まで地震が少なかった、ということもある訳なので…。
これからの対策、準備が大切ですよね。


今年の梅干しと赤しそのふりかけ。

梅干しを作る時に、梅2kgに対して赤しそを1.4kgも使ったので、
その半分を使って「ゆかり」を作ってみました。

今まで知らなかったんです。
「ゆかり」は登録商標だったんですね!
ということで、タイトルも念のため「赤しそのふりかけ」にしてみました^^;

ゆかりを買ったのは人生で一度くらいだと思います。
ご飯に混ぜる時は、いつも梅干しと一緒に保存してあるものを包丁で叩いて使っていました。




160929 (2)

まず、水気をよく切った赤しそを天日干しします。
カラカラになるまで干したら、すり鉢に当てて細かくしていきます。
時々ザルでふるって、ザルに残ったものはまたすり鉢に戻して同じ作業をします。

これを繰り返していくのですが…
思った以上に赤しその繊維が丈夫で時間がかかりました^^;

梅干しを漬けてから1年くらいすると赤しそも柔らかくなるので、
それくらい時間を置いてから作るともっと楽に作れるかな~と思いました。
または、干す前に粗く刻んでおくと良さそうです。




初めて作ってみたので、出来上がったものを瓶に詰めたら感動して、
南極のガーネットサンドみたい~♪
と、ひとり悦に入っておりました。(笑

160929 (1)


こうして乾燥させておくと、思い立った時にパッと使えるので便利ですね~。

真ん中は、去年作った梅干し。
左は今年のもの。実際の色はもう少し落ち着いています^^;

地元の梅や南高梅と、梅干しにはこれまで4種類くらいの梅を使ってきましたが、
どの梅を使っても美味しいです。
梅の食感の他に違いが出るとしたら、それは「塩」ですね。
普通の塩でも十分美味しいですけど、藻塩を入れてみたら味がぐんと良くなりました。

梅の季節が終わった頃に、
梅味噌を作るのを忘れていたのに気づいたんです。(泣
来年は必ず作ります~。



レベルアップ新講座♪

今年度前半期は再放送だったため、
半年ぶりに新しいテキストを手にしました。

イ・テムン先生の「声に出して読みたい、10の物語」です。
朝鮮の昔話を題材にして勉強していきます。
10月3日スタート。

イ・テムン先生は初めてお目にかかります。
ドキドキ~♪





先日ハナカフェを聴いていたら、あるアナウンサー氏が、
日本のことを知りたいと思ったら昔話を読んでみると国民性がよく分かるだろう、
どんな本を読んだらいいか迷ったら、まずは昔話をお勧めする、
というようなことをおっしゃっていました。

学生時代に、階段で咄嗟に中国人の留学生に呼び止められて、
あの~、桃太郎がお供にした動物は、犬と猿と、あと何でしたっけ?
と質問されたことがありましたが、
そんな懐かしい思い出もよみがえってきました。(笑

テキストを開いてみたら、「タニシのお嫁さん」が載っています~!
私が知っている数少ない昔話の一つです。
テキストとの距離が近くなりました。(笑
このお話は、ネットで検索するとバリエーションがいくつか見つかるので、
今回のテキストではどんな展開になっているのか、そんなところも楽しみです。

考えてみると、昔話はいろいろ変化形が多いですよね。
「桃太郎」も、おじいさんとおばあさんが桃を食べて若返ったというバージョンもありますよね~。

韓国でも会話やニュースなどで、昔話が引用されることがあります。
そういうところでパッと出会った時に
あ、あのお話!
とパッと分かるととっても嬉しいです。
誰もが知っている昔話に触れて、もっと韓国が近くなるといいな~と思います。

本文イラストがとっても可愛いです~♪
「たんじあきこ」さんの作品です。ブログはこちらです。

出演者は、これまでも何度かお世話になっているウォン・スニョンさんです。
またあの美しい発音で朗読してくださるんでしょうね。
音読練習も頑張ります^^


ブルーベリーのマトファン。

去年の夏は友人と二人で、灼熱の日差しの下でブルーベリー摘みをしました。
今年は農園に行く機会がなく、代わりに
ふるさと納税制度を利用して、冷凍ブルーベリーを送っていただきました^^
ブルーベリーが1.5kgも手元にあるなんて…初めてのことです。


まずはマトファンを焼きました~。

160922 (2)

クレープ生地を厚めに焼いたお菓子です。
もっちりとした食感で、同じ生地でも薄いクレープとはまた違った味わいがあります。
フライパンで簡単に作れるし、また冷めても美味しいのがいいです♪

私は土屋敦さんのレシピでマトファンを知って作り始めました。
その当時、ネット上の日本語のレシピは土屋さんのレシピしかなかったような気がします。

マトファン matafan はフランスのサヴォワ地方に古くから伝わるもので、
元々は matafaim と綴って、mataは「殺す」、faimは「飢え、空腹」という方言。
空腹を抑えてくれるもの、という意味なんですね^^
サヴォワの農民の朝ごはん、または畑に持って行ったりもしたそうなので、
お菓子というより軽い食事という位置づけでしょうか~。

サヴォワはリンゴの産地ということなので、定番のレシピはリンゴなのかな?
果物とシナモンシュガーで作る甘いマトファンの他にも、
ジャガイモ、ハム、チーズ、ハーブなどで作るレシピもあります。





チーズケーキにも入れてみました。
色がきれいに出ますね~。

160922 (3)





そして、ブルーベリーのシロップも作ってみました。

160922(4).jpg

ブルーベリー、砂糖、酢を5:5:1くらいの割合で煮沸した瓶に入れ、
砂糖が溶けたら冷蔵庫で保存します。
炭酸水で割って飲むと美味しいです。

ブルーベリー、大晦日のお菓子作りまでとっておきたいですけど、
その前になくなってしまうかもしれません。(笑





おまけで、いつも作るブール・ド・ネージュと、
「あな吉さん」こと朝倉ユキさんの「きな粉のハードクッキー」。
ハードクッキーのレシピはこちらです。

160922 (1)

このクッキー、名前のとおり、ほんとに堅いです!
噛むことで満腹中枢が刺激されるので、小腹が空いた時に2、3枚食べれば落ち着きます。
といっても美味しいのでどんどん食べたくなるんですけど~。(笑
いつもレシピの4倍量で作って、4本の棒状にしたものを冷凍保存しておいて、
必要な時にアイスボックスクッキーのようにスライスして焼いています^^


‘명절 고스톱’ 오락일까, 도박일까…기준은?

秋夕やソルラルで家族が集まった時に花札 화투 を使って遊ぶゴーストップ。
遊び方やルールはまだよく知りません^^;
韓国の花札も日本とほぼ同じデザインですね~。

ゴーストップは娯楽か賭博か…基準は? 
本文と映像はこちら。



법원은 도박의 유무죄를 결정할 때 개인의 직업과 재산 규모도 고려합니다.

裁判所は有罪か無罪かの判断を下すのに、個人の職業と財産の多少も考慮に入れる、
ということなんですね。


60대 김 모 씨는 평소 알고지내던 사람들과 1점당 200원 씩 걸고 화투를 이용해 '고스톱'을 했는데 50만 원의 벌금형이 선고됐습니다.

60代のキム某氏は日頃から付き合いのある人たちと1点につき200ウォンずつ掛けて
花札でゴーストップをしたところ、50万ウォンの罰金刑を言い渡された。


반면, 50대 김 모 씨는 친구들과 1점당 100원 씩 걸고 '고스톱'을 했지만 무죄였습니다.

一方、50代のキム某氏は友人たちと1点当たり100ウォンずつ掛けてゴーストップをしたが無罪だった。


掛け金や賭博の回数がほぼ同じという中で、
このお二人の違いは何だったかというと、

무직에 재산이 없는 60대의 김씨는 적은 돈이 오갔어도 도박을 한 것으로 볼 수 있지만, 일정 직업이 있는 50대 김 씨는 고스톱을 해서 재물 취득을 노렸다고 보기는 어렵다고 판단했습니다.

60代のキムさんは無職で財産がなく、
50代のキムさんには安定した仕事があり、おそらくは財産もあった。


"도박죄를 처벌하는 이유가 건전한 근로의식을 침해하기 때문인데요, 그렇기 때문에 가담한 사람들의 사회적 지위나 재산정도, 도박으로 인한 이득을 고려해 처벌할수 있습니다."

弁護士さんによると、
賭博が罪に問われるのは、健全な勤労意識を侵害するからであるので、
賭博に加担した人の社会的地位や財産の程度、賭博によって得た利益を考慮して処罰を決める

60代キムさんのケースは、働けるのに働かずに賭博で稼いでいたとして勤労意識の侵害に当たり、
50代キムさんのケースは、勤労意識に悪影響はないので賭博罪にはあたらない、
という判断なんですね。

「健全な経済観念や勤労意識の侵害」という観点で賭博が問題視されるのは分かるのですが、
同じような規模の賭博をしても、その人の社会的地位や財産によっては無罪になり得る、というのは
考えたことがありませんでした。



本文より。

도모    [圖謀]    企図、企て、図ること
유무죄   [有無罪]  
재물    [財物]    財産
가담    [加擔]    加担
친분    [親分]    親密な間柄、親交 (日本語の「おやぶん」の意味はない


丸くない十五夜。

だんだんと空が晴れて、きれいに見えました。
ぼやけているのはレンズの限界^^;
午後8時、月齢14.1です。

160915 (1)


十五夜と満月の日が1日ずれるのはよくある事ですが、2日後になる年は多くはないです。
2日後といっても満月になるのは2日後の夜ではなく明け方なので、
実際は翌日と考えていいかもしれないですよね。
今年は、17日の明け方4時5分にちょうど満月になって、月食です。
今回日本で見えるのは半影食なので、はっきり分からないかもしれないですね~。
一応見てみようかな、と思って天気予報を確認したら…曇りです。
う~ん^^;

次回のお月見は十三夜、今年は10月13日です。




去年からちゃんと、あんをかけずに白いままでお供えしてます。
でも三方は省略。(笑

160915 (2)

今回は上新粉と白玉粉を半量ずつ混ぜて作りました。
水の代わりに絹ごし豆腐を使うと、時間が経っても硬くならないお団子ができます^^
背後にあるのは未完成の塗り絵です^^;


トッカルビ 떡갈비。

秋夕ですね♪
先日見たテレビ番組で、秋夕に食べたいお料理について話していたのですが、
その中でトッカルビが挙がっていました。

作ってみました^^
コウケンテツさんのレシピなのですが、
伝統的な味付けではなく、コチュジャンベースの味です。
切り落とし肉を叩いて使うのですが、今回はたまたま買って来た挽肉で作ったので…
なんだ、それでは味付け以外は普通のハンバーグと変わりませんね。
真面目に作らなくて、ケンテツさんごめんなさい^^;




トッカルビは、韓国語の勉強し始めて初めて見たNHKテレビ講座で知りました。
最初は言葉どおりの「お餅+カルビ」が思い浮かんだんですよね~。
お餅は入っていないと分かってからも、その時のイメージが頭に残っていて
今でもトッカルビと聞くと、お餅も思い浮かんでしまいます^^;
お餅の薄切りなんかを挟んでも美味しそうな感じがしますが、
そんなレシピはないでしょうかね。(笑

本来は、骨から外してたたいたカルビ肉をまた骨に付けて焼きます。
1950年代以降、光州の松汀里や全羅南道の潭陽で生まれたお料理だそうで、
韓定食の中の一品として出されることが多いということです。

現在は必ずしもカルビを使っている訳ではなく、
牛肉の他の部位や豚肉、鶏肉、そして鴨肉を使ったものもあるそうです。
お肉をたたかずに挽肉を使うことも多いそうです。
お肉を骨から外してたたく…って大変ですよね^^;
でも一度は本来の作り方で、ちゃんとお肉をたたいて、形も四角にして作ってみたいです^^

ケンテツさんの芸術作品とレシピはこちら。
美味しかったです♪




中秋の名月は明日の15日。
でも、満月は17日です。
暦の上での十五夜は「月齢14.0を含む日」と決められているので、
実際の満月の日とずれることも多いです。
そして今回の満月は17日の午前4時5分。
ということで、真ん丸に近い月を楽しもうと思ったら16日の夜が良いということになります^^


この時期は韓服を着てテレビ出演しているタレントさんも多いですね。
現代風の可愛いデザインの韓服もいいな~と思います。
男性の韓服姿も素敵です♪


%は퍼센트?프로?

「% 퍼센트」を「프로」とも読むという説明や、
実際の会話でそう発音しているのを何度も耳にしてきました。
%を英語で「프로테이지」とも言うので、それを略して「프로」と言うのだ、ということなのですが、
でもそういう英語を今まで聞いたことがないのです。
辞書にもありません。
[percent」は「per ~につき」+「cent 100」という意味で、まさに「百分率」ですね。

気にはなっていましたが、
どこかで何かが混乱してできた言葉なんだろうと思って放っておいてました。



そしたら先日また「%=프로테이지」の解説を目にし…これはもう、
白黒つけなさ~い!
という神のお告げだと思って、調べてみました。(笑


%は、元を辿るとイタリア語の「per cento」です。
もっと辿ると、ラテン語の「per centum」、初出は16世紀です。
それがドイツ語では「prozent」、オランダ語では「procent」となり、
このことから日本では古い時代に「%」を「プロセント」と音訳していました。

その「プロセント」が日本統治時代に半島に渡り、短く「プロ」となりました。

では「プロテイジ」は何かというと…

英語に「percentage」という名詞があるように
「プロ」にも同じ語尾(?)の付く「プロtage」という名詞形があるのだと勘違いしてできたようです。
よって、프로테이지 は英語ではなく造語です。

「プロテイジ」→「プロ」ではなく
「プロセント」→「プロ」→「プロテイジ」だったんですね~。



結局、韓国語で%は퍼센트でも프로でも通じるのですが、
現在は正式には퍼센트ということになるでしょうか。
アナウンサーさんたちは퍼센트を使っていますね。

ちなみに、퍼센트 포인트 という言い方も聞きますが、
これは英語で percent point と言うのをそのまま使っています。