実写版「精霊の守り人」始まりますね~。

その人は
強く、
泥だらけで、
美しかった。

いよいよ始まりますね、実写版「精霊の守り人」♪
2014年7月の制作発表から1年半…長かったような短かったような。(笑
シーズン1(全4話)は今週、19日土曜日から
シーズン2(全9話)は2017年1月から
シーズン3(全9話)は2018年1月から

3年かけて描いていくのは「坂の上の雲」と同じ方式ですね。
守り人シリーズ、全てが盛り込まれます。
壮大なスケールの物語を22話で描き切れるのか…と心配になりましたが、
原作に忠実に描かれるのはシーズン1だけで、それ以降は構成がかなり変わっていくようです。
どんな感じになっていくんでしょう^^

NHKのサイトはこちらです。 


俳優さんの顔ぶれを見てまず最初に「あ、いいな~♪」と思ったのは、
頼まれ屋のトーヤとサヤを演じる加藤清史郎くんと彩島りあなちゃん。
そして高島礼子さん扮するトロガイ師は見事な変身ぶりにビックリしました~!
東出昌大さんのタンダ、吉川晃司さんのジグロも原作の雰囲気に合ってますね♪

アニメ版がとっても好きで、
特にバルサは姿も身のこなしも声も自分が小説で抱いた印象とぶれるところがなく、
すっかり惚れこみました。
原作者の上橋菜穂子さんも、
「本来感じるだろう作者のここが違うというものがまるでなくこのアニメが好きで幸福だ」
とおっしゃっていました。

実写版でも上橋さんは綾瀬はるかさんのバルサに太鼓判を押していらっしゃいます。
上橋さんの希望は、とにかく身体能力の優れた人にやってもらいたいというもので、
綾瀬さんはバルサ役のために随分体を鍛えたそうです。
毎日腕立て伏せを200回、腹筋を150回…。
そしてアクションシーンのほぼ全てをスタントを使わずご本人が演じたということです。
狩人のモン、ジンとの闘いのシーンは現実味があり過ぎて怖いかもしれませんね~^^;

小説が映像化されたり、または映像がノベライズされたりする時、
原作に惚れこんでいればいるほど期待と不安が入り混じるものですが、
綾瀬さんのバルサは早く観たくて待ちきれません^^

この物語はまったくのファンタジーなのに、作りものという感じがしません。
物語の中に、人間の世界「サグ」と精霊の世界「ナユグ」が出てきますが、
それと同じように「守り人」の世界がこの現実とパラレルワールドのようにつながっていて、
何かの拍子でポンとひっくり返って守り人の世界に行けてしまえそうな、
物語ではなく現実としてバルサたちが生きているような気がします。



物語中に登場するお料理を再現した「バルサの食卓」という本があるのですが、
久しぶりにまたお料理の味も楽しみながらドラマを見ようと思います^^


タンダの山菜鍋♪

0775.jpg




ジョコムです。
バルサが携帯している、木の実たっぷりの非常食です。

0776.jpg


アニメのサイトはこちら。  (音楽鳴ります~
偕成社のサイトはこちら。 


冬と春の交錯

花束を持つ人があちこちで見られますね~♪








ストックを見ていると春を感じますが、
実際の外の景色はというと

0772.jpg

ソメイヨシノの蕾はまだ恐竜の指先のようです^^;




目につく明るい色といえば、椿かユズリハ、ハボタンくらい…。

0773.jpg


三寒四温とは言いますが、今年の早春の寒暖差は尋常ではないですね。
最高気温が1度台で真冬のようだと思ったら数日後には20度を超えたり…。(泣



今朝の最低気温はマイナス3度。
凍み渡りができましたが、これで最後かもしれません。

そして青空から雪がひとひらだけ、ちょうど目の前に降りてきました。
ひとひらだけって不思議ですよね。
もしかしたら降る雪を見るのもこれで最後かもしれません。



これは夕方、土手で残り少ない雪を惜しむコンちる。
今週中に融けてなくなってしまうでしょう。

0774.jpg


この冬は降雪量が例年の47%と少なかったです。
1日で70cm近く積もって大変なことになった日が1月にありましたが、
あとは可愛い降り方でした。





桜前線、そろそろ九州からスタートしそうですよね♪
ソメイヨシノの開花を予想するのに「400℃の法則」というのがあるそうです。
2月1日からの毎日の「平均気温」を足していって、400℃に達すると咲き始めるというもの。

「600℃の法則」というのもあります。
こちらは、2月1日からの「最高気温」を足していって、600℃になると咲く。

数字を出してみました~。
400℃の法則の方では、3月12日の時点で125.9。
600℃の法則の方では、280.1でした。
まだまだです。
開花するのは来月なので当たり前ですね。(笑
近くなったらまた計算してみようと思います^^


興味のある方は、こちらの過去の気象データを使って計算してみてください^^ 


紙の辞書・電子辞書・オンライン辞書

勉強を始めた時からずっとお世話になっている、小学館の「朝鮮語辞典」。
引いた単語には色鉛筆で印をつけたり、新しい意味や用例、参照先などを書き込んだりして
ずっと一緒に歩いてもらってきた友人のような師匠です^^

電子辞書の方は、勉強を始めて1年半くらい経ってから購入したのだったかな。
長らく使っていた電子辞書が壊れてしまったので、
買い替えるなら韓国語の辞書も入っているものにしよう、と選んだものです。

0770.jpg


紙の辞書が一番好きです。
紙の辞書にはざっと広く見渡せる利点があるので、多義語を確認する時などは紙の方が良いし、
前後にある関連語が覚えられたり、偶然目に入った単語が頭に残ったりもするでしょう。
いろいろ書き込んでいくうちに使い勝手も良くなっていき、貼った付箋もひと目でみんな分かります。
付録も便利で役に立ちます。
「引く」のではなく「読む」こともできますね~。

なので、
紙の辞書より電子辞書の方を頻繁に使うようになるとは思ってもいませんでした。(笑

電子辞書には同じ「朝鮮語辞典」が入っていて手早く引けるというのもあるのですが、
大きな利点は韓韓辞典が入っていることですね。

TOPIK2級合格後くらいから、へこたれながらも韓韓を使うようにしてきましたが、
だんだんめげることが減り、気楽に使えるようになり、今では無くてはならない存在です。
韓日だけで意味が分かる単語でも韓韓で引くとまた思いがけない発見があったり、
日本語訳では掴めないニュアンスが分かったり、
同じ漢字語でも日本語とは使い方が微妙に違うことがわかったりなど面白いんですよね。
韓日にはない単語も載っているので助かります。
古語が載っているのもとっても面白いです^^

ん~、韓韓だけではないですね。
韓国語を勉強しながら日本語や英語に跳ぶことが多々あるので
キーひとつで複数の辞書を行ったり来たりできるリンクの恩恵は大きいです。

オンライン辞書やネット上の情報は新造語や俗語、新しく発生した意味などを
知りたい時に便利ですよね。
手持ちの辞書の定義と比べてみるのも面白いです。

ということで最近の使用頻度は…
電子辞書 > オンライン辞書 >>> 紙の辞書…という感じです。


辞書を読むのが好きなのですが、しばらくの間そういう心の余裕もなかったので、
それも紙の辞書に手が伸びなくなった原因のひとつかもしれません。
紙の辞書が恋しくなってきました。そろそろまた机の上にお出まし頂きましょう♪
これからも、その時々で勝手の良いバランスで使っていきたいです。



最近はレベルアップ講座のフリートークがなくてちょっと淋しいです。
この頃勉強量が減っていて、KBSニュースはいろいろと作業をしながら見る程度。
読書に割く時間も減っています。
年度末はイレギュラーな仕事や用事が入ることが多くて慌ただしくて、
やっぱりあっという間に「三月去る」となるようです^^;
もう少ししたら峠を越えて、落ち着いて勉強できると思うのですけど…。
読書していて、会話していて、文章を書いていて痛感すること…語彙力がまったく足りません。
語彙を増やしたいです。


『성균관 스캔들』 成均館スキャンダル見ます^^

ドラマ…久しぶりです。

2010年の作品ですね。
ちょうど勉強を始めた頃なので話題になっていたのは覚えていますが、
内容について知っていたのは、ある女性が男になりすまし成均館に入学する…ということくらい。
やっとご縁があって見ることになりました^^


第1話を見終わったところです。

大好きなキム・ミギョンさんがユニの母親役で出ていらっしゃいます♪
お会いするのは「タムナ」以来です。너무너무 반가워요~~ㅠ

0769.png


いつの時代かな…と思っていたら庚戌、ということは1790年の設定です。
第22代・仁祖の頃ですね。
정약용 丁若鏞 も出てきましたが、ヤギョンさんはこの時28歳くらいのはずなのですが、
ちょっとお歳を召したお姿で登場ですね^^;

時折、画面に用語解説の字幕が入ります。
ゆくゆくは原作を読みたいので、そのためにも勉強しながら見ようと思いメモしていたのですが
テレビ東京のサイトにきちんとまとめてありました。(笑 
でも日本語なので、ここには韓国語で載せておきます~。


第1話より

반촌   泮村   오늘날의 대학가
세책방  貰冊房  오늘의 도서 대여점
주해본  注解本  주석을 달고 어려운 문구등의 뜻을 쉽게 풀어해 놓은 책
2각    二刻   30분
시권   試券   과거 시험 답안지
운우지정 雲雨之情 남녀간의 하릇밤의 정
전두흥정 纏頭-   가격흥정
대과   大科   과거의 문과. 소과에 대하여 이르던 말
소과   小科   소과에 합격한 사람이 성균관에 압학할 수 있다
          예비시험인 초시 初試 와 본 시험인 복시 覆試 로 진행된다
부문   赴門   좋은 자리를 확보하기 위해 치열한 몸싸움을 하며 입장
선접꾼  先接-   부문할 때 뭄싸움을 전문적으로 떠밀는 건장한 사람
용모화  容貌画  사람의 얼굴을 그린 그림. 오늘의 몬타주
쟁접   争接   좋은 자리를 차지하기 위한 치열한 다툼
사수   写手   과거시험에서 글씨를 대신 써주는 사람
입문유린 入門蹂躙 시험장에 아무나 함부로 들어감
혁제공행 赫蹄公行 시험관과 응시자가 미리 짜고하는 부정 행위
거벽   巨擘   대리시험
과유   科儒   과거를 보는 선비
협서   挾書   부정 행위
육도   六韜   중국 병법 서적
검계   剣契   폭력조직


本筋の前に、この頃の科挙の不正行為に圧倒されました。
ドラマなので多少の誇張はあると思いますが、まあ惨憺たるありさまです^^;

何としてでも合格しなくてはいけなかったんですよね。
科挙に合格して官吏になれれば良いのですが、なれないと悲惨なことになります。
家門から長い間官吏が出なかったりすると両班の身分を剥奪されることもあったのです。
そして、働かず勉強にだけ邁進する日々のせいで家計は苦しくなり、常民より貧しい両班もいました。
そういう両班は北村ではなく南村、現在の筆洞や墨井洞の辺りに住んでいました。
逆にお金で官吏の地位を買って両班になる金持ち商人もいました。


貰冊房で儒生たちが「玉丹春伝」を読んでいましたが、これはドラマの内容に関係あるでしょうか?
玉丹春伝は作者不詳の小説で、この頃に大流行しました。
それぞれ大臣の息子として生まれた이혈룡と김진희の厚い友情と悲しい結末、そして妓生옥단춘の純愛。
この三人の関係はもしかしたらソンジュン、ジェシン、ユニ、
そして妓生・チョソンの人物設定の土台になったのかな…なんて思ったのですけど。
老論、少論、南人など、政局については「イ・サン」を見た時に勉強しました。


細かい部分での史実・ファンタジーの境目が掴めていませんが、おいおい分かってくるでしょう。
気楽にゆっくり見たいと思います。
いつ頃最終話に辿り着けるか…^^;
でもこの二人の行く末、気になります♪

0768.png