제40과 마무리

第40課 「まとめと復習」より^^


S:하림 씨, 이것도 한번 입어 보세요.
P:아, 꽉 끼어요.
S:어, 그럼 이 사이즈는 어때요?
P:아, 이건 헐렁헐렁해요.
S:아~, 그럼 이거 애 사이즈인데 뭐 입어 보세요.
P:어, 딱 맞아요! 너무 화려하지 않아요?
S:아니, 잘 어울리시는데요.
H:ハリムさん、派手じゃないかって聞いていますけどそんなことない、ピッタリですよ。
  딱 맞네요. タマンネヨ。たまんね~よ。  


今回の会話はツボにはまって大笑いしました~。
阪堂先生とウィスさんハリムさん、ずっとトリオでお願いしたいです。(笑



わ~、2月が終わってしまいました。2月逃げる。
残るはあと1か月ですね~。
3月号の目次を見てみると…
・文化・マナーを知る
・喜怒哀楽を表現する
・「한 수 위(一さじ上)」の表現を目指す
・思いを伝えるメッセージを送る

どれも楽しそうです。頑張りま~す^^


スポンサーサイト

김치찌개 キムチチゲ。

묵은김치가 눈물날 정도로 맛있어요~!
年末に漬けた各務原キムチが乳酸菌たっぷりになりました♪

去年はプデチゲを作りましたが、今年はキムチチゲにしました。




トゥッペギ 뚝배기 は持っていないので、普通の土鍋です。
スープの色が薄めなのは粉唐辛子を省いたから。
実は3日前にも作ったのですが、その時に唐辛子を入れたらとっても辛かったのです^^;
唐辛子なしでも十分辛いのですが、赤い色がないと雰囲気が出ないので
次回は少量だけ加えてみようかな~^^

材料は、
キムチ・豚肉・だし汁・キムチの漬け汁・粉唐辛子・豆腐・野菜。

いろいろなレシピがありますが、大事なポイントは酸味のあるキムチを使うことと、
キムチと豚肉を馴染ませておいて、それを炒めてから鍋にすること。
炒めることで酸味が丸くなってコクが出ます。
今回は玉ねぎの薄切りも一緒に炒めました。
炒めたものを土鍋に入れ、スープを入れて煮立てたところに野菜を入れていきます。

だし汁は今回はダシダを少量使ってみました。
ダシダを使うのは初めてです。
ちょっと舐めてみたら…ほんとに牛肉味のだしでした。(笑
キムチチゲは、豚肉と野菜から出るうま味で十分のような気がします。
キムチそのものの美味しさを味わうためにもその方が良いかもしれません^^


제38과 구두나 가방 사기

第38課 「靴やかばんを買う」より^^


H:かばんの紐を使った表現があるそうですね。
P:네, '가방끈이 길다'라고 학력이 좋거나 공부를 오랫동안 한 사람을 '가방끈이 길다'라고 말합니다.

S:의수 씨는 어디까지 공부하셨어요?
P:저는 대학원에서 석사 과정까지 마쳤습니다.
S:와~, 대학원. 가방끈이 기시네요.
P:예, 조금 길다고 할 수 있죠.
H:예.


反対の意味の 가방끈이 짧다 もあるようです。
すさまじい学歴社会の韓国だからこそ生まれた慣用表現、という気がします^^;


霞始靆 かすみはじめてたなびく。

第五候、雨水の次候です。
昨日からでした。
今日が旧暦の七草ということで、お粥のことばかり考えてうっかりしていました。(笑

ふつうは漢字で書くと「棚引く」ですよね。
靉靆あいたい
雲や霞などがたなびいているさま。
雲が日を覆って薄暗くなっているさま。
靉の愛は、まとわりつく。
靆の逮は、おいかけてくる。
靉靆に、「めがねの別称」という意味もあるのが面白いです。
目の周りに丸く漂っているうっすら白いもの。

春は霞ですね。霞がたなびく。横に静かに流れていきます。
同じものでも秋には霧と呼びます。 霧は立ちのぼる。
そして夜になると霞ではなく、朧(おぼろ)。

気象用語としては少し事情が変わってきます。
霧(きり)は、「微小な浮遊水滴により視程が1km未満の状態」、季節は関係ありません。
靄(もや)は、「微小な浮遊水滴や湿った微粒子により視程が1km以上、10km未満となっている状態」。
霞(かすみ)は気象観測において定義がされていないので基本的に用いられません。
そして霧は気象用語、靄は解説用語です。
ややこしいですね~^^;

霞がたなびくと、春だな~と思います。
晴れる日が増えてきました。
もう少ししっかり晴れて放射冷却が起きると霞に出会えそうです^^
でももう少し暖かくならないと。

中国での第五候は「鴻雁来(雁が飛来し始める)」です。
日本では「清明」の次候(今年は4月10日)が「 鴻雁北(雁が北へ渡っていく)」です。
中国での視点だったのが日本の視点に変えられていますね。



桜草。
ピント甘いです。ちゃんと三脚使わなくちゃ^^;

0571.jpg
 



0572.jpg




0573.jpg


제37과 옷 고르기

第37課 「洋服を選ぶ」より^^


H:ところでハリムさんは、どんな色が好きですか?
P:저는 하얀색을 좋아해요.
H:ウィスさんは?
S:저는 검정색을 좋아합니다. 흰색은 때가 잘 타서 싫어요.
H:あ~、白い色は汚れやすいから嫌いだ。白はシロヨ。그렇구나~。



虹の色、빨주노초파남보 にメロディーが付いたのは初めて聞きました~♪
ハ長調で歌うと「ミソラソミソソ~」という感じなんですね。
今日もウィスさんの早口言葉に鍛えていただきました。(笑



점잖다 の成り立ちについて面白い記述を見つけました。 

‘점잖다’는 ‘젊지 않다’가 줄어든 말로서 본래 ‘사람이 나이가 적당히 들어서 연륜이 있다’의 의미로부터 ‘사람이 언행이나 몸가짐이 의젓하고 예의 바르다’의 의미로 파생된 말이다. 현대 국어에서는 이 말에 ‘나이가 적당히 들어서 연륜이 있다’는 의미로부터 멀어졌다고 보아 ‘젊다’와의 관련성을 끊고 ‘점잖다’로 적게 되었다. ‘점잖다’는 다시 ‘점잔하다’의 준말로 오인되어 ‘하다’ 앞에 결합하는 ‘점잔’이라는 별개의 명사를 만들어내기도 하였다.

‘점잖다’は ‘젊지 않다’が短くなった言葉で、本来の「人が適度に歳をとり年輪を感じさせる」
という意味から「人の言行やふるまいが立派で礼儀正しい」の意味として派生した言葉。
現代国語ではこの語が「人が適度に歳をとり年輪を感じさせる」という意味から遠ざかったと見て
‘젊다’との関連性を絶ち‘점잖다’と縮約された。‘점잖다’はまた‘점잔하다’の縮約と誤認され、
‘하다’ の前に結合する‘점잔’という別個の名詞を作り出した。


제36과 가격 깍기

第36課 「値切る」より^^


어떻게 좀 안 될까요? もう少し何とかりませんか。
は、順番を変えても意味が通じるということでした。

S:네, '어떻게 좀 안 될까요?' 가
  어떻게 좀 더 안 될까요?
  어떻게 더 좀 안 될까요?
  좀 어떻게 더 안 될까요?
  좀 더 어떻게 안 될까요?
  더 좀 어떻게 안 될까요?

ウィスさんの早口、今回も冴えていました。(笑

語調を和らげる좀、作文などしているとまだ時々入れ忘れることがあります^^;



사은품 [謝恩品]は景品のことですね。
은혜에 보답하는 마음으로 드리는 물품



会話練習では文字を見ずに練習しますが、
長い文の場合、時間内に言い終わらないことがあります^^;
そんな時は去年のイ・ユニ先生の講座に出てきた『後ろ固め』の練習が助けになっています。

좀 주실 수 없나요?
카탈로그나 포스터를 좀 주실 수 없나요?
덤으로 카탈로그나 포스터를 좀 주실 수 없나요?
많이 살 테니까 덤으로 카탈로그나 포스터를 좀 주실 수 없나요?

こんなふうに少しずつ文を長くしていくとスラスラ言えるようになるんですね^^


春一番♪

朝の気温は1.2度と平年並みでしたが、日中はなんと16度まで上がりました。
南風はそれほど強くなかったのですが、暖かかったですね~。
明日からはまた元に戻りそうです。


そんな中、おじいさんとおばあさんとポチは山へ水汲みに。(笑

寒の水を汲みに行った時とは違う湧き水に行ってきました。
丘陵地の東の斜面に湧き出しているのですが、すぐそばには縄文中期の遺跡があるため
その頃から飲まれていた水だろうと言われています。
こちらの水はとってもまろやかで、お酒に例えると大吟醸みたいです。(笑

湧き水のそばには酒蔵、製麺会社(お食事処も)、お豆腐屋さんがあります。

次々と人が水汲みにやって来るのでのんびりできず、写真を撮り忘れました^^;




近くにあった神社までお散歩。

0566.jpg 




お日さまの熱を集めて粗目雪の中に沈んでいきます。

0567.jpg 



0568.jpg 





自然が描いた絵。
コナラ、笹、そして細かいのはツガやマツ。

0569.jpg 





去年咲いた紫陽花ですね。
露出をプラスにしているので実物はこれよりもう少し色がありましたが、
こんなに綺麗に漂白されているのは雪ざらしの効果ではないかと思います。

0570.jpg 


제35과 마무리

第35課 「まとめと復習」より^^


H:今日は随分といろんなことを学習したので、だいぶ시간이、時間がかかりました。
S:네, 오늘 시간이 많이 걸렸습니다.
P:네, 많이 걸렸어요.
H:これから飲みに行くとお金がかかりますね。
S:술 마시러 가면 술값은 얼마나 들어요?
H:どうですかねぇ、ハリムさん。
P:신상은 많이 들겠죠?
H:ん~、シンさん次第ですね。じゃ、これからみんなでタクシーで行きましょうか。



몇 정거장 더 가야 돼요?(더가야돼요 をつなげて言う)
표 졸 보여 주세요.(표좀 をつなげて言う)
청주(高低)
전주(低低)
청주에 가고 싶다(高高高 低低 低低)

こういうのは音声を聞くとよく分かるので、ラジオ講座はありがたいです^^
韓国語らしいリズムを身につけたいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。