남해 가천마을 南海 加川村。

  • Date:2014.11.29
  • Category:2014
レベルアップ講座第8週はナムヘ郡のカチョンマウル。
南海島は南海岸のリアス式海岸の島々のひとつで、韓国で5番目に大きな島。
麗水の東隣にあります。

紀行文に出てきた昔話、
農夫が田んぼを枚数を数えると1枚足りず、探しても見つからないので諦めて帰ろうとして
置いておいた笠を持ち上げたら、笠の下にその1枚が隠れていたというお話は
棚田1枚がどれだけ小さいか、そして加川の人たちが小さな田んぼ1枚でも大切に
してきたということを表しているんですね^^

上空から見る棚田がきれいです。 
加川から海岸線を西に回ると荏浦川に沿ってもう少し規模の大きい棚田地帯もあるのですが
まるでアールヌーヴォーの曲線のようです。
築かれている石段の、1段の段差が高いですが、
なんと雪屹山に続く勾配は45度だそうです。転げ落ちます^^;
愛媛の段々畑と似ているな~と思っていたら、ちょうどwikipediaの「今日の1枚」で、
遊子水荷浦の段畑が紹介されていました^^

海岸は絶壁で港も作れず平野もなく、痩せた山肌の土地をひたすら開墾していった
この土地の人々を形容するのに「억척스러움 不屈さ」という言葉がよく使われるようです。


韓国観光公社の記事 
南海郡の記事 
などを読んでみました。
「名勝15号」に指定されていて観光客が多く訪れているようです。
春にはニンニクの芽摘み体験や田植え体験、秋には稲刈り体験、
更に5月末からの棚田祭りでは牛との犂体験や棚田作り体験もできるそうですが、
水の入った田んぼで代かきをしている、その背景が大海原というのが不思議です。
7月8月ならば、海水浴、手網漁、いかだ乗り、ラフティングなども楽しめて、
賑わっている写真がたくさん載っています^^

一方で、紀行文にあるように農業の担い手不足が心配されていますよね。
観光地として潤っている部分もあるでしょうけど、肝心かなめの棚田の維持は
出来ているのだろうかと心配になりました。

こちらのブログに現実の姿が書かれていました。 
観光地化される以前は、男の子を授かりたい女性が密かに祈りに来る
弥勒信仰・巫俗信仰の静かな土地だったそうです。
今では散策路や展望台が整備され、住宅は民宿に変わり、あちこちに食堂ができ、
展望台から見下ろすと屋根に花の絵が描かれているのが見えます。
棚田は、雑草の生えた休耕田が増えているようで・・・。

効率化を図れない土地から農業が廃れていっているのはきっとどこも同じですね。
日本の農業、特にお米はいずれは大半が法人化されるんじゃないでしょうか。
法人化すれば自力で利益を上げなければならず、
利益を上げるためには効率の良さを求めなければならず、
そうすると機械化できない山間地の棚田の風景はなくなってしまうかもしれませんね。
カチョンでも、棚田がいつまでも青々として、
モクズガニやカタクリが見られる豊かな自然が残っていて欲しいです。

「加川」という地名は風水の「言語裨補策 언어비보책」によって付けられたということです。
地勢的に欠けているものを地名の中に補ってバランスを取るというもので、
「裨」の字も「おぎなう」という意味で「裨補ひほ」で助けおぎなうこと。
それで細い川が1本流れるだけの土地を「加川」と呼ぶことになったわけですが、
他にも例があるかなと探してみましたが、ネット上では見つかりませんでした^^;
風水について何となくは知っていても、この言語裨補策は初めて聞きました。


出てきた農業関係の単語をいくつか^^

개간하다  開墾する
석축    石垣(崖などの土止めために積み上げたもの)
돌담    石垣
수확    収穫
휴경지   休耕地
모내기   田植え 
써레질   代かき
병해충   病害虫


끌다と당기다。

끌다と당기다、どちらも手でつかんで引っ張るのですが
끌다は自分も移動するのに対して당기다の方は自分は移動しません。

また끌다は、
(바닥에 닿은 채) 자리를 옮기도록 잡아당기다 

당기다は、
끌어서 가까이 오게 하다
일정한 방향으로 잡아끌다

ということで、끌다は物が地面に接したまま引っ張るイメージが大事なのに対して
당기다は自分の方に引っ張ってくるイメージなんですね。

お店の入り口のドアには「당기시오 引いてください」と書いてあったりします^^


似たような意味の単語なのに、
날짜를 끌다
날짜를 당기다
となると正反対の意味になるのがややこしいです^^;

끌다は、시간이나 일 따위를 미루다 時間や仕事などを引き延ばす

당기다は、 (장한 사간이나 날짜보다) 더 빨리 다그다  決まっていた時間や日にちよりもっと早く繰り上げる

날짜를 끌다   日にちを延ばす
날짜를 당기다  日にちを繰り上げる

「引き延ばす」は他に、
연기하다  미루다

「繰り上げる」は、
잡아당기다  앞당기다  다그다

もあって、それぞれのニュアンスの違いや守備範囲が気になりだすと更に辞書での長旅が続きます。(笑


「吉凶禍福」

『吉凶禍福  きっきょうかふく』

めでたいことと不吉なこと。幸福と災い。
「吉凶」も「禍福」も良いことと悪いことの意で、
同じような意味の言葉を重ねて強調したもの。


出典は見つからなかったのですが、
『無量寿経(仏説無量寿経)』という大乗仏教の経典に出てくるそうなので、
元々は仏語なのでしょうね。 

大谷大学のサイトの記事を読みました。 
災いを取り除き幸福を引き寄せようという発想の根本には
「問題のある人生は悪いものだ」という考えがあるが、そういうものの見方は本当に正しいか、
と問いかけています。



길흉화복 [吉凶禍福]
좋은 일과 나쁜 일, 행복한 일과 불행한 일을 아울러 이르는 말.


「我武者羅」

『我武者羅  がむしゃら』

一つの目的に向かい、血気にはやって向こう見ずになること。
また、他のことはまったく無視して、ひたすらあることをすること。


類語 

『遮二無二』 

以前「遮二無二」が出てきた時に「我武者羅」と一緒に書きました^^ 
なので今回はスルーしてもよかったのですが、
カレンダーに出てきたので一応書きました~。



무턱대고 むやみに 向こう見ずに 無鉄砲に やたらに
という単語があって、四字熟語っぽく見えますが漢字語ではないんですよね。(笑
そして副詞です^^;


「糟糠之妻」

『糟糠之妻  そうこうのつま』

無名の貧しい時代から苦労をともにしてきた妻のこと。
「糟糠」は酒粕と糠。
質素な食事の意で、貧しい暮らしのたとえ。

「糟糠の妻」と書くことが多いような気がします。
酒粕も米糠も栄養価が高いんですけどね~。我が家では両方とも必需です。(笑


出典は、『後漢書』宋弘伝。
宋弘は、前漢末期から後漢初期にかけて活躍した政治家。
以下、wikipediaの要約です。

時帝姊湖陽公主新寡、帝與共論朝臣、微觀其意。主曰、宋公威容徳器、群臣莫及。
帝曰、方且圖之。後弘被引見、帝令主坐屏風後、因謂弘曰、諺言貴易交、富易妻、人情乎。
弘曰、臣聞貧賤之知不可忘、糟糠之妻不下堂。帝顧謂主曰、事不諧矣。

光武帝の姉の湖陽公主が夫に先立たれたため、皇帝は姉のために再婚相手を探してやりたいと思っていた。
朝廷の官吏たちの人となりを話題にして姉の気持ちを探ってみると、
公主は「宋弘殿の立派なお姿と器の大きさには誰もかないません」と語った。
皇帝は宋弘を拝謁の場に呼び出し、公主を屏風の陰に隠して、宋弘に語りかけた。
「ことわざに『高い地位に昇ったならば、つきあう相手はいまの地位にふさわしい者に代えるものだ。
富裕な身になったならば、妻は今の立場にふさわしい者に代えるものだ』と言うが、
人の心とはやはりそういうものだろうか」
宋弘は、「『貧乏をしていた頃知り合った友は忘れてはならない。
貧乏暮らしで苦労をともにした妻は粗略にしてはならない』と私は聞いております」と答えた。
皇帝は振り返って言った。「これは見込みがないな。」

糟糠之妻不下堂  糟糠の妻は堂より下さず
「堂より下さず」は、座敷から下げない、つまり正妻の地位から追い出してはならない。


中国では、祖先の祭祀を立派に行い、子孫にもそれを伝えることが最高の美徳なのだそうです。
宋弘と妻の間には子供がいませんでした。
皇帝の縁戚となる道を捨て「糟糠の妻」を選ぶ決断は周囲を驚嘆させたのでしょうね。



類語

『糟粕之妻  そうはくのつま』


조강지처 [糟糠之妻]
지게미와 쌀겨로 끼니를 이을 때의 아내라는 뜻으로,
몹시 가난하고 천할 때에 고생을 함께 겪어 온 아내를 이르는 말.
《후한서(後漢書)》 <송홍전(宋弘傳)>에서 나온 말이다.


「泰山北斗」

『泰山北斗  たいざんほくと』

学問・芸術などその道の第一人者として尊敬される人物のこと。
「泰山」は中国山東省にある名山。
「北斗」は北斗七星のことで、ともに仰ぎ見られる存在であることから。
「泰斗」と略して言うことも。


出典は『新唐書』韓愈伝(かんゆでん)賛(さん)。
「韓愈没、其言大行、学者仰之如、泰山北斗雲」
韓愈を泰山や北斗のように仰いだ、と韓愈の没後に賞賛した言葉。
韓愈さん、四字熟語を勉強している中で一番たくさん登場していると思います^^




類語

『斗南一人  となんのいちにん』
天下第一の人。天下に並ぶ者のない人。

手元の辞書では「斗南の一人」となっていました。

出典は『唐書』狄仁傑(てきじんけつ)伝。
斗南は北斗星より南の意味で、転じて天下の意。
狄仁傑が「北斗以南一人而已矣」と賞賛されたことによる。
則天武后(武則天)が「国老」と呼び一目も二目も置いた人物。
狄仁傑について詳しくはこちら。
「自家薬籠」の記事に狄仁傑と門下の一人・元行沖のエピソードを載せていました。


斗南って、そういう意味だったんですね。
「斗南藩(となみはん)」を思い出しました。
戊辰戦争に敗れた会津藩ですが、松平容大が家名存続を許されて下北半島に移住します。
最初は三戸藩だったのを改名しましたが、理由や意味については諸説あるようです。
『八重の桜』での斗南のシーンは辛かったです。藩全体を流刑にしたようなものですよね。



『天下無双  てんかむそう』
天下に並ぶ者がいないほど、すぐれているさま。また、その人。
「無双」は世に並ぶものがないさま。
古くは「てんかぶそう」とも読んだ。

出典は、『史記』李将軍伝
李将軍は、前漢時代の武将・李広のこと。
武勇を認められ昇進しますが、運が悪いのか実際の戦果をなかなか上げることができず、
最後の戦いでも後方部隊に入れられたことが災いして道に迷い、戦いに遅れて
結局力を発揮することができませんでした。
その無念を叫んで、自ら命を絶ったのだそうです。


『古今無双』『海内無双』『国士無双』『古今独歩』はこちら。


태산북두 [泰山北斗]
(1)태산과 북두칠성.
(2)세상 사람으로부터 존경을 받거나 어느 방면에서 권위 있는 사람.
약어 : 태두
유의어 : 산두

산두 [山斗]
(1)태산(泰山)과 북두칠성(北斗七星)을 아울러 이르는 말.
(2)세상 사람들로부터 가장 존경을 받는 훌륭한 사람을 비유적으로 이르는 말.

두남일인 [斗南一人]
천하에 으뜸가는 훌륭한 인물.


울릉도 鬱陵島。

  • Date:2014.11.22
  • Category:2014
レベルアップ講座第7週は、ウルルンド。

0508.jpg

韓国語を始める以前から「ウルルン」という響きが可愛くて気になっていた島ですが
きちんと見てみたのは初めてです。


新生代第3期~第4期の火山活動によって生成した島。
紀元6世紀までは独自に発展してきましたが、
512年の新羅の征服以来、新羅、高麗、朝鮮によって統治されました。
空島政策 공도 정책 によって無人島だった期間もあります。
島の名前は武陵、羽陵、芋山、芋陵、茂陵、蔚陵など、様々に転訛した名前で呼ばれていました。

江原道三陟から137kmの位置にあり、東西に約12km、南北に約10kmの小さい島です。
5角形をしているんですね~。
左上の角が台霞、そこから北の海岸線を辿ると玄圃、そのまま右上の角まで行くと天府、
そこから東海岸を南に下って右下の角に苧洞と道洞。

Google Earthでビューを傾けて見てみるとなかなか臨場感があります。
ほんとうに海岸線に平地がなく、川沿いや比較的緩やかな傾斜地に田畑や住宅があります。
海岸の道路は満潮時は大丈夫なのかと心配になるし、
斜面の道路は「敷かれている」というより、山肌にしがみついているように見えます。
台霞里に陸上競技場がありますが、きっとここも元々は整った平地ではなかったのでは。
道洞と南西里に、紀行文に出てきたらせん状の車道を見つけました^^
島の周回道路も東海岸で切れています。
羅里峰の斜面がそのままドボンと海に落ちていて、海岸は波で洗われて断崖絶壁なんですよね。
道路建設は…無理なように思えます^^;

唯一の平地がカルデラの羅里盆地です。
周りの外輪山の輪郭は分かるものの噴火の荒々しいイメージはどこにもなく、
のどかな農村と原生林が広がっています。
噴火口の中に人が住む世界で唯一の場所だそうですが、大丈夫なんでしょうか。
最後の噴火が約9500年前ということですが、
今では1万年間隔で噴火する火山があることも解っていて
日本ではすでに休火山・死火山という区分もありませんよね。
ちょっと心配です^^;

モンドル海水浴場は2か所ありました。錐山モンドル海水浴場と南陽モンドル海水浴場。
몽돌はどういう意味なんだろうと思って調べてみたら、
몽は몽니の縮約で、意地悪なこと、陰険なこと。 몽니를 부리다は意地悪をする。
人が往来するのに難儀するような大岩のことを意味するようですね。
地図を見ていると、ウルルン島以外のところでも몽돌の地名を見つけることができます。

済州島が三多島・三無島と呼ばれているのはよく知られていますが、
鬱陵島も三無(泥棒・公害・蛇)、五多(イブキ・風・美人・水・石)と呼ばれているそうです。

島の人口は、1975年に3万人近くが住んでいたのがピークで
そこから年々減少し、現在は1万人あまり。
2016年に小さい空港が完成する予定だそうですが、そうなると事情も変わるのかな~。
経済的に潤えばたくさん良い事もあるとは思いますが、
汚染されていない土地での薬用作物が注目されていたり、天然記念物も多いので、
三無島が二無島に変わってしまわないように、今ある魅力がずっとあるように祈ります。

筆者の地理の先生お勧めのウルルンド。
今回も本文に出てきたところを巡ってみましたが、豊かな自然に感動しました^^


위키백과の記事 
Daum백화사전の記事 
などを読みました。
単語もいろいろ覚えました。
연쇄점 〔連鎖店〕 チェーンストア
성수기 〔盛需期〕 ピークシーズン
삼짇날 旧暦3月3日
など。


「小心翼翼」

『小心翼翼  しょうしんよくよく』

気が小さくて、いつもおどおどしていること。臆病者。
本来は、細かい気配りができ、慎み深いことをいう。

福沢諭吉『学問のすゝめ』では「小心翼翼謹で守らざる可らず」と
本来の意味で使われているそうです。
ということは、意味が変わったのはそれ以後のことですね。
「翼翼」だけで引いてみると、
用心深いさま。慎重なさま。

出典は、『詩経』大雅・大明。



対語

『豪放磊落  ごうほうらいらく』
『磊磊落落  らいらいらくらく』 この2つは以前出てきました。 

『大胆不敵  だいたんふてき』



소심익익
마음을 작게 하고 공경한다는 말로, 대단히 조심하고 삼가는 것을 말한다.

辞書にはなかったのですが、こちらのサイトなどで勉強しました^^ 


대담무쌍 [大膽無雙]
대담하기가 어디에도 비할 바가 없음.
대담무쌍하다
(사람이나 그 언행이)대담하기가 어디에도 비할 바가 없다.