菊三種。

思いがけなく菊が三種類同時に手に入ったので並べてみました^^




濃いピンクが「かきのもと」、淡いピンクが「おもいのほか」、黄色は・・・分かりません^^;
黄色の菊はもともとこの辺りではほとんど見かけないんですね。
調べてみて、「寿」「阿房宮(あぼうきゅう)」という品種があるのを知りましたが、
花の形を比べると、どうもそれとはまた別の品種のようです。
今年最後のミニトマトも参加。青いものはピクルスにします。


シンプルな酢の物にして食べ比べてみました♪
酢の物の写真は撮り忘れました^^;

「かきのもと」が多分一番よく知られていて出荷量も多い品種なんでしょうか。
しゃきしゃきした食感です。
ポリフェノールたっぷりで老化防止に良さそう。(笑
悪玉コレステロールを抑制したり発がん予防にも良いらしいです。

「おもいのほか」は地元の品種で、一番食べ慣れている菊です。
かきのもとの少し後に出てきます。
かきのもとより少し柔らかい食感で甘さがあります。優しいです。

黄色は、ほんの少しだけえぐみがありますが、ほとんど気付かない程度です。
茹でたあと水にさらすと良いのかもしれませんね。
歯ごたえも3つの中では一番しっかりしていて香りも強く、観賞用の菊に一番近い気がします。
といっても、お仏壇の菊のような強烈が香りがするわけではないですよ~^^;
黄色は美味しくないと言っている人もいましたが、そんなことはないです。
これも品種によるのかもしれないですね~。


違いはほんの僅かで、どれも美味しいです♪
料亭の出すお料理やお弁当などではほんの口直し程度の量しか出なかったりします。
本来はそういう位置づけなんでしょうかね。
私は大好きなので、この時期になるとたくさんいただきます^^
花びらをむしるのに時間がかかるんですけどね~。(笑

食べ慣れない人や酢が苦手な人は胡桃和えがいいかもしれません^^
酢の物以外のレシピを探してみると、お寿司が多かったです。彩りが良いですよね。
ポテトサラダに入れるというのもありましたが…チャレンジしてみようかな。(笑


スポンサーサイト

「興味索然」

『興味索然  きょうみさくぜん』

関心がなくなっていくさま。
また、おもしろみがなく、物足りないさま。
「索然」は尽きてなくなるさま。心ひかれるものがなくて、興ざめするさま。空虚なさま。


意味を読む前に自力で考えましたが「索然」の意味が分かりませんでした^^;
「策」を調べてみたら、
縄、求めるの意のほか、尽きる・なくなる・滅びる、散る・離れるなどの意味がありました。



対語

『興味津々  きょうみしんしん』
興味があとからあとからわいて尽きないさま。



흥미진진하다  [興味津津-]
(이야기가)흥미가 넘쳐흐를 정도로 매우 많다.


「鳩首凝議」

『鳩首凝議  きゅうしゅぎょうぎ』

人々が額を寄せ合って熱心に相談すること。
「鳩」はここでは集めるの意で、「鳩首」は頭を集めること。
「凝議」は熱心に相談すること。
「凝」はこらす、集中する意。


出典は不明ですが、「鳩首」は日本でできた熟語で、
中国語では「鳩集・鳩合(現代では「糾」を使う方が一般的)」だそうです。

実は、少し前に読んだ難読漢字の本で「鳩」について勉強したのです。(笑
「鳩」の字は鳴き声(クークー)から「九」が付きました^^
次の難読漢字、読めるでしょうか?

「鳩酸草」 「鳩尾」    (答えは最後に)



類語

『鳩首謀議  きゅうしゅぼうぎ』
『鳩首協議  きゅうしゅきょうぎ』



구수응의 [鳩首凝議]
구수회의 [鳩首會議]
구수협의 [鳩首協議]
여럿이 모여 머리를 맞대고 조용히 의논함.



上の答えは、「かたばみ」 「みぞおち」。


추암해변・북평장터 湫岩海岸・北坪市場。

  • Date:2014.10.26
  • Category:2014
レベルアップ講座、紀行文の第4週目です。

チュアムでは、いろいろなドラマが撮影されているようですね。
「宮」のシーンも良かったですが、代表格はやっぱり「冬のソナタ」でしょうか^^
ドラマのイメージと、湫岩に「秋」の字が入っているのもあってノスタルジックな印象です。
でも夏には海水浴客で賑わっているみたいですね。
日の出の名所でもあるので、初日の出を見に来る人も多いそうですよ~。

湫岩駅は1955年に新設された無人駅 무배치간이역 で、
新設当時から駅舎は建設されていないそうです。
最初に本文を読んだ時、当時あった駅舎が取り壊されて現在はないのだと勘違いしました^^;
그 흔해 빠진 역사 はチュアム駅の駅舎を指すのではなく~。
相変わらず低空飛行な読解力です。(笑

チュアム海水浴場は思っていたより狭いエリアでしたが、美しい所ですね。
冬のソナタ撮影からすでに12年、変わった部分もあるんでしょうね。
あの民宿や、ユジンが立ち寄った小さなスーパーはまだあるんでしょうか。
海の近くの橋、鯛焼きを食べた北坪市場、結婚式シーンの撮影をした北坪聖堂など、
地図を見ていると自分で行ったことがないのにとっても懐かしいです^^



2003年の放送も見ましたが、勉強を始めた時に更に深く冬ソナの世界にはまりました。
ドラマのことを詳しく知りたくて調べてみると、関連書籍がまさに山のように出ていました。
さすが大ブレイクした作品だけありますね~。

図書館にあった何冊かも読みましたが、自分で買ってみて良かったのがこれです。
『冬のソナタ秘密日記』。

0483.jpg

派手な表紙がゴシップたっぷりの週刊誌のよう^^;
でも内容は真面目です。ユン・ソクホ監督の撮影日記で、俳優さんたちや撮影スタッフの動き、
数々のハプニング、日本とは違う韓国ならではの事情がよく分かってとても面白かったです。
2010年には値段が下がっていて、150円ほどでした。

チュアムでの撮影は、2002年3月8日・9日となっています。
韓国の時間ぎりぎりの撮影スケジュールを知って本当に驚きましたが、
この時もドラマ終盤に向かって徹夜も続き体力も限界の様子・・・。
カモメと戯れるシーンには、助監督がカモメの餌を撒いてすぐさまダッシュしてフレームから外れる
という大変な作業があったとか。
寝そべっている2人に駆け寄ってきた子犬は、たまたま浜辺に犬と散歩に来ていた人に
急遽出演してもらったのだとか。
夜の撮影も韓国ならではの事情があって、
夜間に海岸線へ入るのはスパイ行為とみなされ、なんと射殺されることもあると書いてあります。(怖
(現在の事情は未確認です~。)
本来なら軍に撮影許可をもらわなければいけないところですが、
時間的余裕がなく強行撮影だったそうで、こんなところも韓国らしいのでしょうかね^^
撮影を止めるように言われたものの結局、事情を説明して部隊長に特別許可をもらって、
遠くから兵士たちが監視兼警備する中で朝まで撮影が続いたそうです。

ドラマの内容とは別の意味でドキドキします^^;

他の日にちも見てみると、チュアムの翌日にはレベルアップ講座の第2週に出てきた
両水里での撮影です。
共同墓地でユジンが父親のお墓の前で泣くシーンの撮影しているのですが、
どのお墓を撮影に使うかは、その場に行って決めたんだそうです。
ご遺族は、チェ・ジウちゃんが目の前にして泣いているお墓が自分たちの家のものだと
気付いたでしょうか^^;
この時点でドラマをどう締めくくるかまだ決まっていなかったというのも驚きです。
ペ・ヨンジュン氏が監督に「僕を殺してください」と提案したそうですが、
私としてはチュンサン死ななくて、光の見える結末で良かったですよ~^^;


4年前にこの本を読んだ時はまだ韓国の地名といってもソウル、春川、湫岩ほかいくつかしか
知りませんでしたが、今また読んでみたらその他のロケ地の位置関係がはっきりしそうです。
地理の勉強を兼ねてしばし冬ソナに浸りたいと思います^^


チュアムから離れてしまいました~^^;
教材となっている紀行文は、2005年に書かれたもの。
既に大型ディスカウントショップや常設市場の安売り攻勢に押されて
苦戦している北坪五日市の様子が描かれています。
今はどうしているんでしょうか。
ドラマの中で見た活気がいつまでも続きますように^^


「栄枯盛衰」

『栄枯盛衰  えいこせいすい』

栄えることと衰えること。
世の中のすべての人や物事には、繁栄と衰退があるということ。
「盛衰栄枯」ともいう。


出典はわかりませんでした^^;
「盛衰栄枯」のように前後を逆にしてもよいという熟語に時々出会うのですが、
実際に逆バージョンに出会ったことがないような気がします。



類語

『盛者必衰  じょうしゃひっすい・しょうしゃひっすい・しょうじゃひっすい』
無常な世の中では、栄花をきわめている者も必ず衰えるときがあるということ。
仏語。

四字熟語カレンダーには「じょうしゃ」と仮名が振ってあったので
またもや数十年も間違えて読んでいたものが・・・とガックリしましたが
「しょうじゃ」と読んでも良いことが分かってホッとしたのでした。(笑
でもやっぱり、学校では「じょうしゃ」と習ったのかも・・・?



영고성쇠 [榮枯盛衰]
세월이 흐름에 따라 변전(變轉)하는 번영과 쇠락.

성자필쇠 [盛者必衰]
[불교] 한번 융성하던 것은 결국 쇠퇴함.

생자필멸 [生者必滅]
[불교] 발생한 것은 반드시 소멸한다는 말. 인생의 무상(無常)함을 이른다.


イチジクの赤ワイン煮。

イチジクの赤ワイン煮は、自分で作ったのではなく頂きものです^^;
そのまま食べると5個くらいペロリといってしまいそうなので、
大事に食べようと秋味のパフェにしました。

0480.jpg

グラノーラ、ヨーグルト、マロンペースト(これは自作)、バニラアイスクリームの上に
イチジクと、冷凍しておいたブドウを2種類です。
生クリームはいつも省略~。


足元にぐるぐる巻いているのは
日陰でひょろひょろになりながらも咲いてくれたアメリカアサガオの蔓と種です^^




シフォンケーキのお供にも。

0479.jpg

ここしばらく、週1回ペースでシフォンケーキを焼いていました。
全部自分たちで食べたわけではありませんが、それでも食べ過ぎかも・・・。
一度作ると、分量や手順が頭に入っているうちに何度も作りたくなってしまうんです^^;

美容院で雑誌をめくっていたらちょうどイチジクのことが載っていて、
なんと6000年も前からアラビア半島で栽培されていたそうです。
長いつきあいの果物だったんですね。
そういえば、旧約・新約聖書にも出て来るんでした。




0482.jpg

今日は日中ポカポカと暖かくて、モンキチョウが嬉しそうに飛び回っていました。
この子も美味しい蜜にありつけていたらいいですが、どうだったかな^^


今朝は日食でした。

日本では見られない日食だったのでテレビではニュースになりませんでしたね。
朝の仕事をあれこれしながらNASAのライブを見ていました。

これは午前8時半、もうすぐ食が終わる頃です。
黒点がはっきり見えます。




地球の反対側で起きていることをライブで見られるなんて、すごい世の中ですね~。
なんて、浦島太郎のような発言^^;

時々、太陽の動きに合わせてカメラを動かしてくれているのも分かって、
海の向こうで作業をしてくださっている方々に感謝しました^^


占星術では新月はいろいろなものがリセットされるタイミングで、自分でもそれを感じることがありますが、
食のある新月は、その親分みたいなものだそうです。
今回は月が蠍座に入った直後に金星も伴っての食でした。
なにかパチンと音がするようなことがあるかもしれません^^


明日の日没後30分のころ、
西の空に月齢1の細い月と土星が並んで見えます。 
お天気が良さそうなので見てみようと思います^^
オリオン座流星群も来ていますが、これはハレー彗星が残していった塵が流れ星になるものです。
ピークの22日は月の影響が少なくて絶好のチャンスだったのですがお天気が悪かった^^;
来月7日くらいまではチャンスがあるようです^^


「金殿玉楼」

『金殿玉楼  きんでんぎょくろう』

非常に豪華で美しい建物のたとえ。
「金殿」は黄金をちりばめた御殿。
「玉楼」は珠玉で飾った高殿(高くつくった御殿)。また、美しい御殿。

出典は見つかりませんでした~。

パッと思い浮かんだのはヴェルサイユ宮殿。
1度だけ行ったことがありますが、半日しか時間がなくてゆっくり見られませんでした。
春先だったのでまだかなり寒くてお花も咲いていなかったので、
もう一度行けるなら、暖かい季節に運河やプチトリアノンの方まで散策したいです。
久しぶりに「ベルばら」を読みたくなってきました。(笑


금전옥루 [金殿玉樓]
화려하게 꾸민 전각과 누대.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。