「他山之石」

『他山之石  たざんのいし』

他の山に転がっている粗末な石でも、玉(ぎょく)を磨くのに役立つ。
他人のつまらない言動も、自分の教養や人格を高める材料になるということ。


出典は、
『詩経』の『小雅』の中に収められている「鶴鳴」という詩。

他山之石可以攻玉  他山の石もって玉をおさむべし

詩の原文は検索すると出てきますが、
解釈についてはいろいろ見つかってしまい混乱気味です^^;

詩経は中国最古の詩篇で、
西周時代(BC1046頃~BC256)に歌われていた民謡や廟歌を孔子が編集した
という説がありますが定かではありません。
漢字一文字をとっても解釈の分かれる部分があり、
時代時代によって都合の良い解釈がなされてきた風もあって、
それをまた現代の研究者たちがどう捉えるかによって意見が枝分かれする、
そんな感じなのかな~と思います^^;



類語

『殷鑑不遠  いんかんふえん』 『殷鑑遠からず  いんかんとおからず』
身近な失敗例を自分の戒めとせよというたとえ。
また、自分の戒めとなるものは、近くにあることのたとえ。
「殷」は古代中国の国の名。
「鑑」は鏡で、手本の意。中国の古代王朝は夏(商ともいう)から始まり、殷、周と続く。
殷王朝の戒めとなるよい見本は遠くに求めなくても、すぐ前代の夏王朝の暴政による滅亡があるという意。
戒めとなる失敗の前例は遠くに求めずとも、身近にあるからこれを戒めとせよということ。

出典は同じく、『詩経』。



『反面教師  はんめんきょうし』
悪い見本として反省や戒めの材料となる物事。また、そのような人。

驚きました。毛沢東が作り出した言葉なんだそうです。 



타산지석 [他山之石]
남의 산에 있는 돌이라도 나의 옥을 다듬는 데에 소용이 된다는 뜻으로,
다른 사람의 하찮은 언행 또는 허물과 실패까지도 자신을 수양하는 데 도움이 된다는 말.

은감불원 [殷鑑不遠]
멸망의 사례는 가까운 곳에 있다는 말로, 남의 실패를 자신의 경계로 삼으라는 말

반면교사 [反面敎師]
(1) 본이 되지 않는 남의 말이나 행동이 도리어 자신의 인격을 수양하는 데
   도움을 주는 경우를 이르는 말.
(2) [정치] 극히 나쁜 면만을 가르쳐 주는 선생이란 뜻으로,
   중국에서 제국주의자, 반동파, 수정주의자를 이르는 말.


スポンサーサイト

朝露。

先日はハスを撮りに行ったのに、
帰ってきて画像をチェックしたら、朝露の写真のほうが多かったのでした。(笑


スギナに露がたくさんついています。
クローバーの葉っぱにも細かい露がびっりしついていて銀色でした。





一瞬、太陽がのぞいてくれて、小さな虹が出ました^^

0367.jpg


0368.jpg


0369.jpg



場所を変えて懲りずに撮り続けています。(笑
1ミリにも満たないくらいの露もたくさんついています。

0370.jpg


0371.jpg



ソバの花にも^^

0372.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。