『イ・サン』のドラマガイド、花マルです♪

ローカル局で再放送中の『イ・サン』を見ています。
私が今までに見た歴史ものは『商道』と『宮廷女官チャングムの誓い』。
商道のほうは公式サイトに人物相関図や用語集などがあって
きちんと勉強することができました。
チャングムのほうは図書館でNHKのドラマガイドを借りました。
イ・サンは
公式サイトは既にないようだし、ドラマガイドは図書館にありませんでした。(泣
このままドラマだけ楽しむことにしようか…
とも思ったのですが、
見ているうちにだんだんドラマに引き込まれ、
もっとよく知りたくなってしまい、
結局ドラマガイドを買ってしまいました^^



ガイドが必要な理由としては
まずやっぱり、自分の知識が足りないことですね^^;
大雑把な敵対関係や上下関係などはドラマを見るだけでも分かりますが、
それぞれの人物がそう考える背後にあるものを
きちんと掴みたいと思うと助けが要ります^^;

もう一つは、
韓国の歴史ドラマは日本のものより自由度が高くて、
史実とフィクションが入り混じっています。
もちろん日本の大河ドラマでも事実ではない(確認されていない)エピソードが入っていて、
例えば今放送している『八重の桜』でも
八重と尚之助が離縁した後に会うことがあったり、
照姫と容保も照姫の死の前に会っていたり。
でも大きく史実と異なる脚色や演出というのはあまりない気がします。
それに対して韓国の場合は
実際にはあり得ないことがドラマの大きな柱だったりするので、
ドラマの世界をそのまま事実と思い込むと困ったことになっちゃうわけです^^;
『イ・サン』のソンヨンは実在の人物で、
ドラマの中では幼いころにイ・サンと出会っていて
大人になってからは図画署の茶母から始まりついに側室に上がる、
ということになっているけれど、
実際はファビン(和嬪)の寝殿にいた女官でした。
王様は側室には目もくれず、
女官であったソンヨンのほうを好きになっちゃったんですね^^;

史実をいろいろと知ると
せっかくの美しいドラマの夢が醒めちゃう~
ということもあるかもしれません^^;
でも私としては、
どれが本当でどれがそうでないのかをきちんと理解して見たいな~
という思いがあります^^
ドラマの持つ魅力は大きいので、史実を知ってもそれはそれで置いておいて
思い切り浸ることができます。(笑

イ・サンのガイド、
チャングムのドラマガイドより更に読みごたえがある気がします。
とっても楽しく学べる歴史の教科書という感じもします^^
このガイドとともにイ・サンたちの人生に寄り添いますよ♪

ただ今第22話まで見たところです。
2010年度テレビ講座の「イ・サン」のコーナーで
ドラマの後半の流れはなんとなく知っていたのですが、
その状態でドラマを最初から見ると
シリーズものの映画の最後にエピソード1を見るような感覚になったり、
王位に就く前のイ・サンが英祖王の言葉にオロオロしたりして
ちょっと頼りない様が可愛らしくあったりもします^^
19話で摂政を命じられ、
少しずつ表情や声色に威厳が現れてきました。
イ・ソジンさんの演技力、素晴らしいです♪


スポンサーサイト

あら~消滅!!

心配していたことが起きちゃいました^^;
アイソン彗星、崩壊~!

動画を持ってこられなかったので、SOHOの動画のリンクを貼ります。 
それを見るとよくわかります。
スピードを増しながら太陽にぎゅい~んと近づいていくアイソン。
一度遮蔽板に隠れてからまた出てくる時には
長いしっぽとともにピカピカと登場するはずだったのですが…
実際に見えたのはか弱い光の線でした。

予想はしていても衝撃的でした。
でもまぁ、仕方ないですよね。
たった4kmほどしかない氷と塵のかたまりが
117万キロ(太陽・地球間の80分の1の距離)まで接近したんですもんね^^;
核は消滅したけれど大きな望遠鏡でなら
残されたしっぽだけでも見られるかもしれないそうです。

1万年ほど前にオールトの雲から太陽に向かって長い旅を始めた氷のかたまり。
1万年前って、
織姫星がほぼ北極星で、ヒトが犬と仲良く暮らし始めたころ。
去年彗星として発見されるまで
ひっそりとゆっくりと旅してきた道のりを思うと
雄大な時間の流れを感じます。
そんな長い旅の最後を見届けることができたことも
やっぱり感動だったな~と思います^^
オヤジとコンちるは
やっとこれで寒い中駆り出されずに済む~♪
と思っているかも。(苦笑


頑張れアイソン。

ここ数日、テレビでも大きく取り上げられていますね~。

こちらでは16日の朝以来、東の空が晴れてくれません。(泣
今後の週間予報にも晴れマークは見当たらず、
自分で彗星を見るのは無理かもしれないです~^^;

それでも日々の様子をチェックしていました。
25日に急速に減光していて、このまま崩壊して消滅してしまうか?!
と心配だったのですが、
CNNニュースによると、まだ生きていることが分かったそうです^^ 
と言っても、今後どうなるかは全くわかりません。
太陽からたったの117万キロという近いところを通るので
熱で崩壊してしまうかもしれないんですよね。

今は太陽に近すぎて見えません。(危険なので見ようとするのはやめましょう^^;
SOHO(太陽・太陽圏観測衛星)という衛星がとらえたアイソン彗星が下の画像です。 (SOHOのサイト
イオンのしっぽと塵のしっぽがはっきり見えています^^

0110.jpg



そして近日点通過の予想がこちら。
ちょうど明日の早朝3時4時くらいに太陽に最接近しているんですね。





もし無事だったら、12月に入ってから夜明け前の空に
しっぽの方から見え始めるということです。
それがこんなかんじ。

0111.jpg

私がアイソン彗星なら、
全くの根性無しなのであっという間に解けちゃってますね^^;
ほんとうは根性の問題ではなく、
頑張れ~と応援したところでどうなるものでもないのですが、
それでも何だか気合を入れて見守ってしまいます。(笑


親が突き刺す刃

부모가 찌르는 비수

부모가
자신의 상처를 해결하지 못한 채
아이를 사랑한다고 안아주면, 그 상처가
비수가 되어 아이를 찌른다. 아이가 아파하면
미안하고 안쓰러워서 더욱 꼭 안아주게 되지만
부모가 품고 있는 비수에 더욱 깊숙이 찔릴
수밖에 없다. 그런데도 대부분의 부모들은
아이가 쓰러지기 전까지는 그것을
바른 사랑이라 착각하고 만다.

- 원동연의《나는 언제나 온화한 부모이고 싶다》중에서 -

* 부모 때문에
상처를 받은 아이들이 의외로 많습니다.
부모는 사랑이었으나 아이에게는 비수가 되어
평생의 큰 트라우마로 남아 가슴을 후빕니다.
먼 훗날 부모의 나이에 이르러서야 비로소
그게 비수가 아닌 사랑이었음을 깨닫지만
그때는 이미 늦습니다. 그래서 부모도
사랑의 표현방식에 대해서
늘 성찰해야 합니다.



**
親が突き刺す刃

親が
自分の心の傷を解決しないまま子供を愛しているといって抱きしめると、
その傷が刃となって子供を突き刺す。
子供が痛がると
申し訳なくて気の毒でさらにきつく抱きしめようとするが
親が懐に持っている短刀がさらに奥深く刺さってしまうだけだ。
それでもほとんどの親たちは子供が倒れてしまうまで
それが正しい愛だと錯覚したままである。

-ウォン・ドンヨンの『私はいつでも温和な親でありたい』より-

親のせいで傷つく子供たちは意外に多いです。
親が愛だと思ったものが子供にとっては凶器となり
人生の大きなトラウマとして残り胸をえぐります。
ずっと後になって、親と同じ年齢に至って初めて
それが刃ではなく愛であったのだと悟りますが
その時にはもう遅いのです。
ゆえに、親は愛情の表し方について常に省察しなければいけないのです。

**
비수 匕首・合口(あいくち)  鍔(つば)がなくて、柄の縁と鯉口が直接合わさるようにした短刀。
ちょうど『日本刀ハンドブック』という本を読んでいました^^

たまにでも自力で訳したら勉強になるかと思ってやってみましたが…
たいへんです^^;
これをずっと続けていらっしゃるまろさん、すごいです。


秋が去ろうとしています

가을이 떠나려합니다

이젠 가을이
떠날 준비를 하는 것 같군요
아쉽다고 붙잡을 수는 없겠죠/
이 가을이 가고
매서운 추위가 와야만
모든 나무들은 동면에 들어갑니다/
이른봄에
따뜻한 햇살이
깨울 때까지 잠을 자야만
싱싱한 새싹을 내게 되지요

- 이병한의 시〈가을이 떠나려합니다〉중에서 -

* 옹달샘에도
어느덧 가을이 떠나려합니다.
벌써 첫눈이 온 곳도 있고 칼바람도 붑니다.
철따라 옷을 입고 옷을 벗는 나무들,
철을 모르면 산 나무가 아니지요.
사람도 제 철을 알아야 삽니다.
늘 '철 모르는 아이'가 되면
곤란하잖아요?



**
秋が去ろうとしています

そろそろ秋が
去る準備をしているようですね
惜しいからといって引き留めることはできないでしょう /
この秋が行き
厳しい寒さがやってきてそして
すべての木々は冬眠に入ります /
早春に
暖かい日差しが
目覚めさせてくれる時まで眠っていてこそ
瑞々しい若芽をつける日がやってくるのです

-イ・ビョンハンの詩 『秋が去ろうとしています』 より-

小さな泉でも
いつの間にか秋が去ろうとしています。
すでに初雪が降ったところもあり、切りつけるような風が吹いています。
季節に合わせて服を着たり脱いだりする木々たち。
季節を知らなければ生きた木とは言えないでしょう。
人も、自分の季節を知ってこそ生きるのです。
いつまでも「分別のない子供」のままでは困ってしまいますよね?


수수께끼 なぞなぞ 10

またまた久しぶりです^^

(⇒の右を反転させると答えが、なぞなぞの下を反転させると和訳が出ます。)



61.첫자와 끝자 사이에 998자가 있는 책은? ⇒ 천자문   
    始めの文字と終わりの文字の間に998文字ある本は?


62.남의 물건을 자기 물건 보듯 하는 사람은? 도둑
    他人のものを自分のもののように考える人は?


63.한여름에 생선장수들이 가장 많이 하는 사냥은? ⇒ 파리사냥
    真夏に魚売りたちが一番たくさんする狩りは?


64.큰 숲 밑에 작은 숲, 작은 숲 밑에 깜박이, 깜박이 밑에 훌쩍이,
                           훌쩍이 밑에 쩝쩝이가 있는 것은? ⇒ 얼굴
    大きな森の下に小さな森、小さな森の下にパチパチ、パチパチの下にグスングスン、
                            グスングスンの下にチッチッがいるものは?



65.어린이들이 가장 좋아하는 동네는? ⇒ 방학동
    子供たちが一番好きな町は?



顔のなぞなぞは、日本にも似たようなものがあったような気がします^^

방학동 放鶴洞 は、ソウル市の一番北にある 도봉구 道峰区 にある町です。
방학 放学(夏休みなどの学校の休み)に掛けているんですね。
これは地名を知っていないと解けません^^;


どっちが「お疲れ」?

イ・ホンボク先生のレベルアップ講座31課、
祐子さんがチムジルバンであかすりをしています。
そして終わった時の会話はこうでした。

유코 : 좀 아팠지만 하고 나니까 기분이 상쾌해졌어요. 
            ちょっと痛かったけれど、やり終わったら気分が爽快になりました。
담당 : 감사합니다. 너무너무 예쁘세요. ありがとうございました。とてもとてもおきれいですよ。
우코 : 수고하셨어요. お疲れ様でした。

ふと思い出しました。
エステやマッサージなどの場合はよくわかりませんが、
日本では、美容院に行くと美容師さんのほうがお客さんに
お疲れ様でした
と言ってくれませんか?
シャンプーの後や、全部終わって椅子から立つ時などに。
あ、肩のマッサージをしてくれた後にも言ってくれたような。

労力を費やして疲れているのはほんとうはお店の人の方なのに、
お客のほうに「お疲れ様」と言うのは
どこまでもお客様を大切にする気持ちの表れなのかな~と思いました。
一方で韓国語の 수고하셨어요. は
本当に「スゴ」した人に言う言葉なんでしょうね^^
そういえば市場で買い物をしたときなどはお店の人に
많이 파세요. たくさん売ってくださいね~
という言葉をかけるし、
韓国語のほうが具体的でもあるんですね^^


アイソン、スピカに接近。

春の情報では満月ほどの明るさになると予想されていたアイソン彗星。
これまでなかなか明るくならなくて
パンスターズ彗星と同じかな~(泣
と思っていたのですが、
13日ごろから1日に約1等級ずつ明るくなっているそうで、
ただ今なんとか5等級です^^!

アストロアーツさんから
先日紹介した動画をお借りしてきました。
埋め込みコードをというのを利用すればいいんですね、初めて知りました。













18日と19日、おとめ座のスピカに最接近するので見つけやすいです。
楽しみにしていたのですが、いかんせんお天気が…。
星を見るということにおいては、日本海側の冬のお天気が恨めしいです^^;
でも明日、明後日の朝ならば晴れそうな感じなので
見てみようと思います♪
見えておくれ~。(祈



今はアイソン彗星だけでなく、
しし座流星群

0099.png



そして
おうし座流星群も来ているんです。
こちらははっきりした極大日時がなくて、
11月下旬までゆるゆると活動しています。

0100.png

流れ星も見えたなら最高です♪
お天気の良い地域の皆さま、楽しんでくださいね~。

韓国でも盛り上がっているようです。(こちらなど⇒ 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。