いいです・良いです

中島仁先生の講座からですが、テキストを持っていないので急いでメモを取りました。
日本語の「いい・良い」を韓国語にする場合です。


좋아요    良し悪しの判断 「いいです」

됐어요    断る時 「いいです」

좋네요    感心した時 「いいですね」

좋겠네요   羨ましい時 「いいですね」

좋았어요   良し悪しの判断 「よかったです」

잘됐어요   上手くいった時 「よかったです」

잘됐네요   上手くいった時 「よかったですね」

다행이네요  悪化せずによかった時 「よかったですね」


こうして見てみると、日本語の「いい・良い」の何と万能なことよ。(笑

何かを提案があった時に、「それはいいんじゃない?」という言い方をする時がありますが、
肯定的に「良い」という意味の時と、否定的に「(~がなくても、~しなくても)いい」という意味で使う時と
両方ありますよね。
実際の会話では大概、顔色や声色などで判断がつきますが、
それでも「え?今のって賛成?反対?」と聞き返した経験はあります。
日本語を勉強し始めたばかりの外国人なら、更に戸惑いそうですよね^^;



日韓辞典の「いい」の項からも拾ってみました。

1.優れている  좋다, ⇔ 나쁘다
  누구에게나 좋은 점은 있기 마련이다.  誰にでもいいところはあるものだ。
 
2.好ましい  좋다
  그 사람 어디가 좋아?  彼のどこがいいの。

3.ためになる、効果がある  좋다
  천식에는 침술이 좋다고 한다.  喘息には鍼治療がいいそうだ。

4.適当だ  좋다, 알맞다
  이 책은 초보자에게 알맞다.  この本は初心者にいい。
  마침 잘 와 줬네.  ちょうどいい時に来てくれた。

5.十分である、準備ができた  괜찮다, 충분하다, 되다, 좋다
  설교라면 됐다. お説教はもういい。

6.正しい  옳다, 좋다, 맞다
  항상 옳다고 생각하는 일을 해.  常にいいと思う事をしなさい。
  시부야 가는 전철은 이거 맞나요?  渋谷へ行く電車はこれでいいですか。

7.親しい  좋다, 친하다
  우리는 좋은 친구입니다.  私たちはいい友達です。

8.幸運だ  운이 좋다, 운수가 좋다, 팔자가 좋다, 다행하다, 다행스럽다
  운좋은 숫자  縁起のいい数字

9.許可、同意  좋다, 괜찮다, 되다
  이제 들어가도 돼.  もう帰っていいよ。
  자전거 빌려도 돼? 응, 그래.  自転車借りてもいい? うん、いいよ。

10.助言  좋다, 낫다
  의사한테 잔찰받아 보는 게 좋아.  医者に診てもらったほうがいいよ。

11.必要ない、かまわない  필요없다, -지 않아도 되다
  그렇게 서두르지 않아도 되.  そんなに急がなくてもいいよ。

12.願望、非難  좋다
  편지 정도는 보내 주면 좋을걸.  手紙くらいくれてもいいのに。

13.その他
  어른이 돼 가지고 울지 마.  いい年して泣くなよ。 
  정말 귀촪아.  まったくいい迷惑だよ。
  한창 젊은 사람이 일을 안 하고 놀기만 해서 어떡하겠나?  
  いい若者が働きもしないで遊んでばかりいてどうするの。

「良い」を引いてもたくさん例文が出てきますが、中には
상관없으면(よければ)など、「いい」にはない例文もあります。
日韓辞典を引くのもとても良い勉強になりますね^^


標高650メートルで開かれた写真展

해발 650미터에서 열린 사진전 

イム・チェウク氏の作品に感動して、つい全文訳してしまいました。
現地に行って直接見ることができたらどんなにいいでしょう。




세상의 모든 꽃이 일제히 꽃망울을 터뜨리는 요즘, 입김이 나도록 시린 사진이 있습니다. 지난겨울의 한가운데 우뚝 서 있는 우리나라 1호 산장. 북한산 해발 650미터에 자리 잡은 백운산장의 전경입니다.

世界中の花々が一斉に蕾を開く今、息が白くなるほどの寒さを感じる写真がある。昨年の冬のさなかに、すっくと立つ我が国の山荘第一号。北漢山の中腹、標高650メートルに位置する白雲山荘の全景だ。



등산화 끈을 매며 한숨이 절로 나왔습니다. 환경분야를 담당하다가 문화분야로 옮겨온 지 이제 한 달 반, 더는 취재하면서 등산화 신고 고생할 일은 없을 줄 알았는데 또다시 등산화를 신고 있는 제 모습이라니…….

서울 우이동 도선사 앞에서 산고양이들, 이른바 '산냥이'들의 배웅을 받은 뒤 곧바로 '깔딱고개'로 진입했습니다. 웅장한 인수봉 전경을 눈에 담을 여유도 없이 헉헉대며 네발로 기다시피 한 시간 반.

곡소리가 절로 날 때쯤 가파른 고갯마루에서 손을 흔들고 있는 할아버지 한 분이 보였습니다. 3대째 백운산장을 꾸려오고 있는 산장지기 이영구 씨(86)입니다.

登山靴の紐を締めながら、思わずため息が出た。環境分野の担当から文化担当へ異動になって早1か月半、今後は取材をするのに登山靴を履いて苦労することもないだろうと思っていたのに、また登山靴をはいている自分がいるとは…。

ソウル牛耳洞の水先案内人の前で、山の野良猫、いわゆる「山ニャンコ」たちの見送りを受けた後、すぐさま「カルタク峠」へと入った。勇壮なインス(仁寿)峰全景を堪能する余裕もなく、はあはあ息を切らして四つ足で登るようにして1時間半。

音をあげそうになる頃、急峻な峠で手を振っている一人の老人が見えた。白雲山荘を切り盛りする山荘守の3代目、イ・ヨング氏(86歳)だ。



앞뜰에 식탁 8개가 놓여있는 180제곱미터 규모의 2층 석조 건물. 백운산장은 1924년 매점으로 시작해 6·25와 1992년 화재 뒤 보수를 거쳐 지금의 모습으로 자리 잡았습니다.

93년 세월 동안 산악인들의 쉼터로 때로는 대형 조난사고의 구조본부로 또 인수봉 등반의 베이스캠프로 우리의 산악역사와 함께했습니다.

テーブル8台が置かれた前庭のある180平方メートルの、2階建て石造りの建物。白雲山荘は1924年に売店として始まり、朝鮮戦争と1992年の火災の後に修復を経て、現在の姿に落ち着いた。

93年にわたって、登山者たちの休憩所として、時には大規模な遭難事故の救助本部として、またインス峰登攀のベースキャンプとして、我が国の山岳の歴史と共にあった。



우리나라의 산을 주제로 작품활동을 하는 사진작가 임채욱 씨는 지난 1년간 이곳 백운산장의 모습을 집중적으로 카메라에 담았습니다.

산장지기 이영구 씨 가족의 일상과 매일같이 산장에 가득 찬 사람들의 모습이 흑백으로 남았습니다. 담백한 흑백의 대조 속에서 오히려 산장의 훈훈함이 피어오르네요.

国内の山をテーマにして制作活動をしている写真家・イム・チェウク氏は、昨年1年間、ここ白雲山荘の姿を集中的にカメラに収めた。

山荘守のイ・ヨング氏とその家族の日常と、毎日のように山荘を賑わす人々の姿が白黒で現れた。むしろ淡泊な白黒の対照によって、山荘の和やかな雰囲気が匂い立つ。



임채욱 작가가 '강추'하는 산장 국수도 사진에 담겼고 양지바른 곳보다 그늘만 찾아가던 강아지의 모습도 남았습니다. 그야말로 산장의 소소한 일상입니다. 바라보면 마음이 따뜻해지고 가고 싶다는 생각이 듭니다.

30여 장의 사진은 액자에 담겨 5월 31일까지 백운산장 안에서 전시됩니다. 산장 안에서 열리는 산장사진전, 등산화를 다시 신은 게 후회되지 않았습니다.

イム・チェウク氏が「一押し」と言う山荘そばも写真に収まり、日なたより日陰が好きな子犬の姿も撮った。まさに山荘のささやかな日常だ。眺めていると心が温かくなり、行ってみたい思いに駆られる。

30枚余りの写真は額に収められれ、5月31日まで白雲山荘内に展示される。山荘内で開かれる山荘写真展、再び登山靴を履いたことに後悔はなかった。



이미 사진전 '인터뷰 설악산'(클릭)을 통해 선 굵은 작품세계를 선보였던 임채욱 작가는 왜 소소한 산장의 일상으로 작품전을 하게 된 것일까요?

백운산장이 다음 달 23일 국가에 귀속되기 때문입니다. 기부채납 기한이 끝나 국립공원관리공단 소유로 넘어간다는 뜻입니다.

대부분 산악인들은 우이산장이나 북한산장의 전례처럼, 국가에 귀속되는 산장은 결국 헐리고 사라질 것으로 생각합니다.

既に写真展「インタビュー雪岳山」によって線の太い作品世界を披露していたイム・チェウク氏は、なぜこのようなささやかな日常を題材として作品展を開くことにしたのか。

白雲山荘が来月23日に国へ帰属するためだ。寄付採納期限を迎え、国立公園管理公団の所有となるということだ。

大方の登山愛好家たちは、牛耳山荘や北漢山荘の前例の如く、国家の所有となれば結局取り壊され消えてしまうだろうと予想している。



임채욱 작가는 이런 상황을 누구보다도 안타까워했습니다. 원래 오는 6월 백운산장까지 포함한 북한산 인수봉 사진전을 예정했지만, 국가귀속 소식을 듣고 백운산장 사진전을 먼저 하기로 했습니다.

많은 산악인의 추억이 서린 곳을 그냥 없애버리는 건 굉장히 중요한 문화자산을 없애는 거라고 목소리를 높였습니다. 사진전을 통해 백운산장의 영구보전을 원하는 산악인들의 마음을 나누고 싶다고 했습니다.

산이 부르기 시작하는 계절, 백운산장 사진전을 보면서 추억의 가치를 다시 한 번 마음에 새겨보는 기회를 가져보는 건 어떨까요?

イム・チェウク氏はこのような状況を誰よりももどかしく思っていた。本来は6月に白雲山荘を含めた北漢山インス峰の写真展を予定していたが、この度の知らせを聞き、白雲山荘の写真展をまず開くことにしたのだ。

多くの登山家の思い出が詰まっている場所を失うことは貴重な文化的資産を失うということだ、と語気を強め、写真展を通して白雲山荘の永久保全を望む登山家たちの心を分かち合いたいと語った。

山が青く燃え始める季節、白雲山荘の写真展を機に「思い出の価値」をもう一度心に刻んでみてはいかがだろうか。




기부채납 [寄附採納] とは…ウィキペディアによると、
財産を国や地方自治体に寄付するもので、寄付された土地は道路や公園、図書館などの建設に使われる、
ということのようです。
寄付といっても国側の圧力によって、半ば「接収」のようになっている模様…。

白雲山荘は、その「寄付」の期限が迫っているということです。
石造りの立派な山荘、歴史もあり利用者も多く、登山家でなくても残っていて欲しいと思うのですが、
国はそこをどうするつもりなのでしょう。


「山荘守」という言葉はないかもしれませんが、
「山荘の管理人」というより雰囲気に合うかなと思って使ってみました。


記事にリンクされているのは、2016年のニュースです。
モノクロの写真を大きな「韓紙」に焼き付けた作品です。
映像で見るだけでも息を飲む素晴らしさです。
こちらも機会があればぜひ見たいです。
北漢山の辺りは、地図上で何度も行った場所で、登った方々のブログや写真もたくさん拝見しました。
白雲山荘がこれからもあり続けるように願っています。


転役将兵の憤怒症候群、治療法は?

전역 장병 분노 증후군…치유 방법은?
全文はこちらへ。


분노를 느끼는 것은 정상적인 감정의 스펙트럼이다. 오히려 군인은 전투 상황에서 분노가 필요한 경우도 있다. 하지만 전역해서 집으로 돌아간 뒤라면 문제가 달라진다. 분노의 감정과 경험들이 문제를 일으킬 수 있다. 최근 미 국방부 산하정신 건강과 외상성 뇌 손상 개선 센터(Defense Centers of Excellence for Psychological Health and Traumatic Brain Injury)’가 주최한 웨비나(웹 세미나)에서는 이런 문제를 해결하는 방안이 집중논의됐다. 주요 내용을 소개한다.
 
 문제가 달라진다  話は別だ
 산하  傘下
 정신 건강과 외상성 뇌 손상 개선 센터  心理的健康と外傷性脳損傷改善センター(正式な日本語名は不明
 웨비나  ウェビナー(オンラインセミナー)  

분노는 자극에서 격노까지 강도의 범위가 넓고 상황에 따라 도움이 되거나 해로울 수 있다. 분노에 대한 신체적 반응은 아드레날린 분비 증가, 경계심, 심박수와 혈압 상승 등이 있다. 스스로 인식하지 못하더라도 이를 악물거나, 근육 긴장, 떨림, 안절부절 못 함, 불안 등의 신체반응으로 분노를 나타낼 수도 있다. 과도한 분노를 오랜 시간 경험하게 되면 건강 문제가 발생할 수 있다. 특히 전역군인들이 일반인에 비해 과하게 분노를 표출한다면 이른바 '왕따'가 될 확률이 높다. 또 분노를 자주 폭발시키다보면 점점 더 분노의 빈도가 높아지게 되고 스트레스를 관리하기도 어려워진다.
 
 アドレナリンの増加、警戒心、心拍数や血圧の上昇
 歯を食いしばる、筋肉の緊張、震え、落ち着かない、不安感


専門家の話によると、
분노를 표출하는 것이 좋다는 통념과는 반대로, 분노를 자주 표현하다보면 습관이 될 수 있다

怒りは表に出すのが良いという通念とは反対に、怒ってばかりいると習慣になりうる


兵士の場合は、
민간으로 복귀했을 때의 환경변화 자체가 분노를 유발할 수도 있다

民間人に復帰した時の環境変化自体が怒りを誘発することもある


군대에서는 지휘계통과 누구나 해야 할 일, 하지 말아야 할 일에 대한 명백한 기준이 존재한다. 민간 영역에서는 행동 수칙이 덜 분명하고 어떻게 해야 하는가가 더욱 주관적이다

軍隊では指揮系統や、全員がすべき事とすべきでない事について明確な基準がある
一般社会では行動の基準はあいまいで、主観的



韓国の兵役の場合、現役の期間は2年ほどですが、
徴兵前の精神状態に戻るのが難しいほど訓練が過酷で、一般社会との隔たりが大きいということですね。
自分の変化に気づいたとしも、情報の不足から
それが兵役によるものだと自覚する人は、もしかしたら少ないのかも…という気もします。
軍はネガティブな情報はあまり出しませんからね。


韓国には「화병 火病」というものもあって、
中央日報の記事によると、アメリカの精神医学会でも認められています。

火病は、
억울한 일을 당했거나 한스러운 일을 겪으며 쌓인 화를 삭히지 못해 생긴 몸과 마음의 여러 가지 고통
悔しいことや恨めしいことを体験して積もった怒りを消化できないことによって
心身に表れるさまざまな苦痛

こういったことも関係があるかもしれませんね。


習慣になりうる、というのは怖いです。
軍人だけでなく誰でも、怒りのコントロールは大切だと思います。


シャワーがない時はこんなふうに!

[글로벌24 브리핑] 샤워기가 없을 땐 이렇게!
ニュース映像はこちらへ。


야외 세면대에서 머리를 감는 남성인데요.

이젠 샴푸를 씻어낼 차례, 상체를 숙이자 등에 연결된 물통에서 물이 흘러나옵니다.
 상체를 숙이다  前かがみになる

중국에서 찍힌 영상인데요 샤워꼭지가 없을 때 불편함을 덜어줄 나름의 발명품이라고 합니다.
 샤워꼭지  シャワー栓
 불편함을 덜어주다  不便さを軽減する
 나름의  それなりの
   
페트병 하나만 있으면, 샤워꼭지 없이도 양손을 자유롭게 써서 머리를 감을 수 있다는데요.

제작 방법도 간단한 것이 생활 속 작은 아이디어라는 반응입니다.


映像を見て思わず「おお~!!」と声を上げました。(笑
不便な環境に対応する方法をいろいろと知っておくのはいいですね。
こういうアイディアを思いつく頭の柔らかさは素晴らしいです^^


2017年度スタート。

年度の変わり目は何かしら変化があってバタバタします。
今週には落ち着いて、勉強時間も取れるといいんですけど。


ラジオ講座の先週聞き逃した分をストリーミングで聞き、
前年度分はひとまず終了です。

坂堂先生の「心が通う“おもてなし”会話」、楽しかったです。
先生のテンポの良い話し方、明るい声にはいつも元気をもらいます。
今回もダジャレがたくさん出ましたね~♪

チャン・ウニョン先生の「「シンプルに学ぼう!まる覚えハングル」は再放送でした。
2015年の放送時にフリートーク部分をディクテーションしましたが、
その時の記事の誤打を直しつつ聞いていました^^;

テレビ講座は、先週が渡辺秀くんの卒業スペシャルでしたね。
かなりアヤシイ「韓国人VIPゲスト」を東京案内するミッションでした。(笑
前回のハリーくんも素晴らしかったですが、秀くんの上達ぶりにもほんとうに感動しました。
卒業式で、スノク先生から卒業証書を受け取る秀くん。
お二人の、涙をこらえようとして、でもこらえられずに大粒の涙をこぼす姿に
私ももらい泣きせずにはいられませんでした。



4月からは「まいにちハングル講座」が新作です。
中島仁先生の「聞いてみよう!言ってみよう!慣れるハングル、”おもてなし”ハングル」
テキスト無しで聞く予定です。

テレビ講座は引き続きキム・スノク先生。
3年連続で担当するのはスノク先生が初めてですね。
シン・ウィスさんとGOT7も今回も一緒です。
第1課を見ましたが、
ヘヨ体、ハムニダ体、パンマルの説明から入ったのが新鮮でした。

ニュースを使った勉強は引き続きしていきます。
そして少し停滞気味だった読書を再開したいです。
TOPIKはずっと手が回らない状態…。
以前、「今度こそやります」というようなことを書いていましたが、す~っと消えました^^;
TOPIKも興味深い内容なのですが、どうも他のものの方がもっと私には面白いようです。
資格自体も今のところ必要ではないんですよね。
受けずとも自分がどの辺りにいるのかは分かるし…。
とはいえ、いい加減決着つけたい気もしています。


勉強はとても楽しいです。
ここ数年は興味の赴くまま、気持ちよく勉強しています。
今年度もそんな感じでいきます^^


3歳から勉強?「脳の発達ではなくストレス誘発」




"만 3세 때 뇌의 80% 이상이 결정된다."
"아기들은 학습 기계와 같다."
영유아용 교재 업체들이 내거는 광고 문구입니다.

 영유아 [嬰乳児]  乳幼児
 내걸다  掲げる

학부모들은 아이가 낙오자가 될 까봐 조바심이 납니다.

 낙오자 [落伍者]
 조바심이 나다  焦燥感にかられる 焦る いら立つ

"(영어도) 몇 세 이전에 해야 어느 정도 원어민처럼 된다, 그런 거에서 조급증도 나고..."

 원어민 [原語民]  ネイティブ
 조급증이 나다 [燥急症]  焦りが出る

"그 시기를 지난 우리 큰 아이를 생각하면 얘는 앞으로 어떻게 해야 하나..."

하지만 많은 뇌과학자들은 유아기에 문자나 수학같은 인지 교육을 하는 것에 우려를 나타냅니다.

 인지 교육 [認知教育] 早期教育(乳幼児期の認知能力を利用した)

스트레스 호르몬이 과다 분비되고 소아 우울증이나 무기력증, 언어장애까지 이어질 수 있다고 지적합니다.

 과다 [過多]  過剰に
 소아 우울증 [小児憂鬱症]  小児うつ
 무기력증 [無気力症]
 언어장애 [言語障害]
 
"3세 신화라고 부르는데, 이미 과학계에서는 폐기된 지 오래입니다. 문자라는 추상적 기호는 아이들 뇌에서 받아들이기에 너무 어려운 정보거든요."

 3세 신화 [3歳神話]
 폐기되다 [廃棄]  否定される
 추상적 기호 [抽象的記号]

이 시기에는 신체 활동이 뇌 발달에 더 중요하다는 연구 결과도 나왔습니다.

"부모와의 스킨십, 충분한 수면, 자유롭게 뛰어 놀 수 있는 자연환경이 (뇌 발달에) 가장 중요하다는 게 많은 학자들 얘기입니다."
조기 교육을 받고 있는 아이가 글자에 집착하거나 또래와 어울리지 못 하는 등 이상 행동을 보이는 사례는 학계에서도 잇따라 보고되고 있습니다.

 집착 [執着]
 또래와 어울리지 못 하는  同年代の子供と遊べない



「満3歳までに脳の80%が形成される」
「子供は学習機械だ(何でもどんどん覚えられる)」
という教材会社の謳い文句。

「○歳までに始めればネイティブみたいになれる」
「時期を逃したうちの子はこれからどうしたらいいのか」
と情報に踊らされ焦る親たち。

過度な早期教育に対して、専門家は子供への悪影響を警告していますが、
日本でも賛否両論ですよね。
子供に対する愛情の深さは素晴らしいと思いますが、
与える環境は冷静に慎重に選ばないといけませんね。


鐘閣・駅三など58の地下鉄駅名を販売

종각·역삼 등 58개 지하철역 이름 판매
元のニュースはこちらです。
短いので全文お借りしました。


서울시는 지하철역명병기 유상판매사업 확대에 맞춰 58개 역에 대한 역명병기 입찰공고를 실시한다고 27일 밝혔다.

 지하철역명병기 [地下鉄駅名併記]
 유상판매사업 [有償販売事業]
 입찰공고 [入札公告]

올해 사업을 확대하는 역은 1∼4호선 종각, 신림, 신촌, 아현, 역삼, 사당, 신사, 혜화 등 23곳, 5∼8호선 여의도, 여의나루, 약수, 고속터미널 등 20곳이다.

 鐘閣、新林、新村、駅三、舎堂、新沙、恵化
 汝矣島、汝矣ナル、薬水、高速ターミナル

9호선은 국회의사당, 신논현 등 4곳이고, 7월 개통 예정인 우이-신설선의 10개 역 이름도 판매한다.

 国会議事堂、新論峴
 우이-신설선 [牛耳-新設線]

역명으로 병기할 수 있는 명칭은 인지도가 높고 승객의 이용 편의에 기여해야하는 기본 요건을 만족하며, 대상역에서 500m 이내 위치한 기관명이나 지명이어야 한다. 최고가 입찰 기관을 선정한다.

단 500m 이내 해당 기관이 없을 경우 1km 이내까지 가능하며, 1개 역에 1개 명칭만 병기할 수 있고, 계약기간은 3년으로 재입찰 없이 1회에 한해 계약 연장할 수 있다.

지난해 서울시는 지하철역 인근 기관의 역명 병기 요구에 대응하고, 지하철 운영기관의 신규 수익창출을 통한 경영 개선에 기여하기 위해 역명 유상병기 시범사업을 추진했고, 을지로입구, 방배, 홍제, 압구정 등 9개 역에서 23억 6000만 원의 수익을 얻었다.

 수익창출 [収益創出]
 시범사업 [試範事業]  モデル事業


2016年4月の入札では弘済駅が2億ウォンで入札されただけでした。
その時の記事はこちら。
高速ターミナル駅や忠武路駅などは入札がなく、
乙支路入口駅、狎鴎亭などは入札が1機関ずつしかなく入札不成立、
西大門はソウル市教育庁が無償を希望していましたが叶いませんでした。

今回の記事によると、その後8駅で入札が成立し、23億6000万ウォンの収益があり、
今年は更に58駅に対して入札公告を出したということです。
初めは低調でしたが、良い流れになってきたようです。
3年間で2億~3億ウォンほど費やす価値があるということでしょうか。

우이-신설선 [牛耳-新設線] は、
江北区の牛耳洞駅から北漢山の東を南下して新設洞駅までをつなぐ路線で、
今年7月に開通予定です。
13駅あって、ラインカラーは「연두색 黄緑色」です。
ソウルの地下鉄開発は、1997年の通貨危機で打撃を受けましたが、
その後も計画変更しながら続いています。
首都圏の地下鉄、鉄道網はまだまだ伸びていくようですね。


日本では、鉄道や地下鉄の併記駅名販売というのは聞いたことがないのですが、
最近の動きはどうなんでしょう。
バスでは既にありますね。
「次は○○(バス停名)、○○(バス停名)、△△(併記名)です」とアナウンスしたり、
また広告収入ではありませんが、観光地では観光客の利便性向上や観光促進のために
バス停の副名称(通称)に観光地名を入れています。
逆に韓国のバスでは、まだそういう動きはないようですね。


매조지다 と 매조지하다。

昨日取り上げたWBCの記事に出てきた「매조지하다」ですが、
スポーツ関連でよく使われるものの、実際は「매조지다」が正しいようです。


韓国日報の記事「[우리말 톺아보기] ‘매조지다’와 ‘매조지하다’」より。

매조지다は、
일의 끝을 단단히 단속하여 마무리하다 
物事の終わりをしっかりまとめ上げて、気持ちよく締めくくる感じですね。

11회 말에는 박민석이 마운드에 올라 경기를 매조졌다.
11回裏にパク・ミンソクがマウンドに上がり、試合を締めくくった。

승부를 매조진 덩크슛
勝敗を決めたダンクシュート


ただし、매조지다は「매다」と「조지다」が結合してできた言葉のようであり、
「매조지(名詞)+하다」と考えると語法上何も問題がないはず、としています。
他の例として、
삼가다と삼가하다(慎む、控える)
고소다と고소하다(香ばしい)
비롯다と비롯하다(始める)を挙げています。

삼가하다は正しくないが、広く使われている。
他の2つは、しばらく併存していたが、今日に至って後発の고소하다・비롯하다の方が
生き残っている。

よって、매조지하다と삼가하다も標準語として認められるべきではないか、という意見です。