『태양의 후예 太陽の末裔』でお勉強。

先日の、『태양의 후예 太陽の末裔』第1話を見たという件ですが、
Amazonで第1話だけ無料で見ることができるのを知って、見てみたのです。

ディクテーションをしてはみましたが、
当然全部聞き取れたわけではなく、自信のないところも多いので
ネット上にセリフが出ていないかな、と探してみました。

そしたら、台本を発見しました♪



何人もの方が、ご自身のブログに台本のファイルを上げています。
そのうちのいくつかを見比べてみたのですが、
それぞれト書きの部分が違っている…?
撮影時に使われた台本ではなく、出版されたものでもなく、
ご自分でドラマのセリフを聴き取って、ト書きも書いているのでしょうか。
すごいです。
大ヒットでしたしね^^

お陰さまでセリフも確認することができたのですが、
セリフ部分も台本によって違うところがあります。
早口のところなどは、どちらが正しいか判断つかないものもあるので、
先日載せたセリフの中には、微妙に違う部分があるかもしれません。

台本には、日本版ではカットされているシーンも載っているので、
1年前に見たノーカット版を懐かしく思い出しながら読んでいます^^


台本だなんて…
ほんと、ありがたいです。(泣
これでたくさん勉強できます。
お礼のコメントを残したかったのですが、韓国のブログではサインインしないと書けませんよね^^;
近いうちにアカウントを取ってみようかな、と思っています。


スポンサーサイト

『태양의 후예 太陽の末裔』

2016年2月から4月にかけて韓国で放送され、大~ヒットしたドラマですね。
陸軍特殊戦司令部大尉のシジンと、敏腕外科医モヨンのラブストーリーです。




一年前に一度、全話見たのですが、聴き取るのが難しかったです。
字幕なしで見たせいもありますが、
早い展開を追うのと同時に音に集中するのが大変でした。
語彙力も足りなくて~。
モヨンとシジンもそうですが、ミョンジュとテヨンの恋が切なくて行方が心配で、
ドキドキしながら見ていました^^

先日たまたま第1話を見てみたところ、
内容が頭に入っている分セリフに集中できるのか、前回より聞き取れるようになっていました。
そこで、第1話をディクテーションしながら見てみました^^

字幕は字数制限があるため、元のセリフをそのまま訳しているわけではありません。
省略している部分も多いです。
なのでやっぱり、ドラマは字幕に頼らずに見られたら、その方が断然面白いですね。


戦死者として戻るわけにはいかない
전사로 와서 전사자로 돌아갈 수는 없디

クーポンの盗難で警察なんて
あいつのケガと俺は何の関係もないからな
쿠폰 도둑눔 땜에 경찰소 불러들이면 그게 더 골치 아퍼
암튼 쟤 다친 거랑 나랑은 아무 상관 없으니까 괜히 오라가라 그러지 마셔! 어?

脊椎を傷めたら一生苦労するぞ
잘못 움직이면 척추 나가서 평생 고생한다

親切にくれたのに断れませんよ
다시는 오지 말라면서 친절하게 주는데 그럼 거절합니까

こんなに優しいのに元不良とは
分からない人だ
이렇게 마음이 약한데 어떻게 전직이 깍두기지?
아~ 알다가도 모를 사람이야

さっきの彼、大丈夫でしょうか
아까 그 자식 괜찮겠지 말입니다

バイクから落ちる時、側方受け身を取ってた
運動経験のある奴です
오토바이에서 떨어질 때 측방낙법도 칠 줄 알던데, 뭐
운동 좀 한 놈입니다

自分を棚に上げて彼は犯罪者にするのか
야~, 자기는 느아르물 만들고, 어? 그 불쌍한 애는 범죄물 만드는 거 봐

なぜ今まで紹介しなかった?
아니 그런 바람직한 가족관계를 자금까지 숨기신 겁니까

私たちって男が絡むと会うわね
어째 우린 사이에 남자 하나 껴 있어야 만나진다?

インターンで一緒だったあの生意気な女
우리랑 인턴 같이 했던 그 싸가지!


ドラマを見た人でないと、どんな場面の誰のセリフか分かりませんね^^;



このドラマでの会話は、日常会話とは少し雰囲気が違います。
ウィットに富んでいるというか、おしゃれというか^^
比喩的表現も多いですね。

そして軍隊特有の口調「다나까 말투」。
訳すと「タナカ調」という感じでしょうか。
「~니다」「~나」「~니까」という語尾から来ている呼び名で、
「~지 말입니다」という言い方がたくさん出てきます。
日本陸軍の「~であります」に似た雰囲気なんでしょうね。

다나까 말투 が日本語字幕でどんなふうになるのか気になっていたんですよね~。
今回見てみたら、自然な日本語に訳されていました。
独特の口調が伝わらないのは残念ですが、
忠実に翻訳する方が、かえってドラマの雰囲気を壊すことになるのかもしれません。
翻訳するのもいろいろと難しそうですね。


韓国の人は、韓国語を覚えたければドラマをたくさん見なさい、と言いますが、
そこまで時間を取れず、今までは教科書類やニュースがメインでした。
そろそろドラマも使って勉強しようかな、と思っています。
時間を確保できるでしょうか^^;

ドラマの勉強に際しては注意したい点があります。
ネイティブっぽい表現には、外国人が使うには気を付けた方がよいものも多いですね。
外国人は基本的に、
教科書的な表現をきちんと使うべき、
ネイティブには自然な表現でも外国人は敢えて使わない方がよい場合もある、
と思っているので、
覚えたものを自分で使うのか使わないのか、その線引きに気を付けたいです。


『성균관 스캔들』 成均館スキャンダル見ます^^

ドラマ…久しぶりです。

2010年の作品ですね。
ちょうど勉強を始めた頃なので話題になっていたのは覚えていますが、
内容について知っていたのは、ある女性が男になりすまし成均館に入学する…ということくらい。
やっとご縁があって見ることになりました^^


第1話を見終わったところです。

大好きなキム・ミギョンさんがユニの母親役で出ていらっしゃいます♪
お会いするのは「タムナ」以来です。너무너무 반가워요~~ㅠ

0769.png


いつの時代かな…と思っていたら庚戌、ということは1790年の設定です。
第22代・仁祖の頃ですね。
정약용 丁若鏞 も出てきましたが、ヤギョンさんはこの時28歳くらいのはずなのですが、
ちょっとお歳を召したお姿で登場ですね^^;

時折、画面に用語解説の字幕が入ります。
ゆくゆくは原作を読みたいので、そのためにも勉強しながら見ようと思いメモしていたのですが
テレビ東京のサイトにきちんとまとめてありました。(笑 
でも日本語なので、ここには韓国語で載せておきます~。


第1話より

반촌   泮村   오늘날의 대학가
세책방  貰冊房  오늘의 도서 대여점
주해본  注解本  주석을 달고 어려운 문구등의 뜻을 쉽게 풀어해 놓은 책
2각    二刻   30분
시권   試券   과거 시험 답안지
운우지정 雲雨之情 남녀간의 하릇밤의 정
전두흥정 纏頭-   가격흥정
대과   大科   과거의 문과. 소과에 대하여 이르던 말
소과   小科   소과에 합격한 사람이 성균관에 압학할 수 있다
          예비시험인 초시 初試 와 본 시험인 복시 覆試 로 진행된다
부문   赴門   좋은 자리를 확보하기 위해 치열한 몸싸움을 하며 입장
선접꾼  先接-   부문할 때 뭄싸움을 전문적으로 떠밀는 건장한 사람
용모화  容貌画  사람의 얼굴을 그린 그림. 오늘의 몬타주
쟁접   争接   좋은 자리를 차지하기 위한 치열한 다툼
사수   写手   과거시험에서 글씨를 대신 써주는 사람
입문유린 入門蹂躙 시험장에 아무나 함부로 들어감
혁제공행 赫蹄公行 시험관과 응시자가 미리 짜고하는 부정 행위
거벽   巨擘   대리시험
과유   科儒   과거를 보는 선비
협서   挾書   부정 행위
육도   六韜   중국 병법 서적
검계   剣契   폭력조직


本筋の前に、この頃の科挙の不正行為に圧倒されました。
ドラマなので多少の誇張はあると思いますが、まあ惨憺たるありさまです^^;

何としてでも合格しなくてはいけなかったんですよね。
科挙に合格して官吏になれれば良いのですが、なれないと悲惨なことになります。
家門から長い間官吏が出なかったりすると両班の身分を剥奪されることもあったのです。
そして、働かず勉強にだけ邁進する日々のせいで家計は苦しくなり、常民より貧しい両班もいました。
そういう両班は北村ではなく南村、現在の筆洞や墨井洞の辺りに住んでいました。
逆にお金で官吏の地位を買って両班になる金持ち商人もいました。


貰冊房で儒生たちが「玉丹春伝」を読んでいましたが、これはドラマの内容に関係あるでしょうか?
玉丹春伝は作者不詳の小説で、この頃に大流行しました。
それぞれ大臣の息子として生まれた이혈룡と김진희の厚い友情と悲しい結末、そして妓生옥단춘の純愛。
この三人の関係はもしかしたらソンジュン、ジェシン、ユニ、
そして妓生・チョソンの人物設定の土台になったのかな…なんて思ったのですけど。
老論、少論、南人など、政局については「イ・サン」を見た時に勉強しました。


細かい部分での史実・ファンタジーの境目が掴めていませんが、おいおい分かってくるでしょう。
気楽にゆっくり見たいと思います。
いつ頃最終話に辿り着けるか…^^;
でもこの二人の行く末、気になります♪

0768.png


『奇皇后』

奇皇后、録画しておいた最終回をやっと見終わりました^^

まず一言…
奇皇后の中で「タムナ」の音楽が流れるってどういうこと~?(笑

バヤンフトに呪いをかけられたヤンが悪夢に苦しむシーンで
あれっ、この音楽「タムナ」の音楽と似ているけど気のせいかな~
なんて思ったのが最初でしたが、その後の回で何度も流れるようになりました。

韓国ドラマはまだ数えるほどしか見ていないので分からないのですが、
他のドラマと同じ曲が使われることはよくあるんでしょうか?
 (ブロ友のハーちゃんさんに教えていただきましたが、時々あることらしいですね^^)
びっくりはしましたが、頭の中で大好きなタムナの世界とクロスオーバーするのが楽しかったです♪


放送前に、歴史上の人物とドラマの登場人物を照らし合わせるために少し勉強をしました。
その時に勘違いしていたこともあったので、もう一度勉強やりなおし~と思ったものの、
ドラマを見ているうちに史実との関係はどうでもいいかな、と思うようになりました。
一介の下働きと皇太子が楼閣の上で二人きりで会えたりするところなどが軽いイメージだったし、
史実に重きを置くというよりは、ヤン(スンニャン)、高麗の世子ワン・ユ、元皇帝タファン、
この3人の愛を美しく描くことに主眼を置いたドラマなのだということに気づいたので…。
なので歴史の部分はあまり考えず、3人の恋模様を楽しんだという感じですね^^


全体のストーリーとしては、丞相ヨンチョルが命を落とすところまでは一貫性があって良かったのですが、
その後は少し散らかった印象でした。
ずっと手を組んでいたヤンとペガンが、ヨンチョルの死後にあまりにもさらりと敵対関係に変わり、
タファンの側近コルタが実はメバク商団の首領だったというのも唐突な印象で必然性が感じられず、
他の登場人物たちの背後にある事情もうまく噛み合っていないような印象でした。
コルタ…中盤あたりのお茶目で可愛い姿が好きだったので
その後の毒々しい表情を見るのが辛かったなぁ^^;

辛口になってしまうのは、奇皇后とほぼ同時に見始めた「太陽を抱く月」と
比較してしまうからかもしれません^^;
こちらは完全なフィクションですが、登場人物それぞれの事情がよく伝わるように描かれていて
多角的に深く見ることができたドラマでした。


奇皇后でまず楽しみにしていたのがチュ・ジンモさんの演技でした。
以前何かのインタビューを見た時に素敵な俳優さんだな~と思ったのですが、
今回こうして麗しいお姿を拝見できて嬉しかったです♪
スンニャンとワン・ユがお互いに惹かれていくところから思いが通じるまでは見ていて本当に幸せでした^^
その後ワン・ユは高麗へ、スンニャンは自分の任務遂行のために元に残ることにします。
あ~離れちゃダメ~!と思わず画面に向かって悲痛な声を投げていましたが、
やっぱりあれが運命の大きな分かれ道でしたね…。
その後のワン・ユはあまりにも「いい人」過ぎて可哀想でした。
たとえスンニャンに誤解されようとも恨まれようとも彼女のことだけを想って動くワン・ユ。
誤解を解いた上で辛いことは二人で乗り越えて、一緒に幸せになるための道を探して欲しかったけれど…。
といっても、もしそうだったらドラマとしてはタファンの出る幕がなくなっちゃうんですね^^;
タファン、弱い自分自身と闘いながら文字も勉強し頑張りましたよね。
ヤンの膝の上で息を引き取るシーンは涙が出ました。

もうひとつ楽しかったのが、スンニャンとワン・ユ、スンニャンとタファンの妄想シーン。(笑
ドラマの始まりではスンニャンは男性のふりをしていました。
そのスンニャンがワン・ユ、タファンそれぞれの夢の中に女性として現れてとびっきりの笑顔で迫ってきます。
スンニャン役のハ・ジウォンさんを招いてのトーク番組によると
この部分ではハ・ジウォンさんはかなり自由に演技していたということですね。
彼女の可愛らしい部分がキラキラに輝いていたシーンでした^^
そしてチュ・ジンモさんとチ・チャンウクさんのたじたじとした表情もとっても愉快でした。(笑


ハ・ジウォンさんはこのドラマで2013年のMBC演技大賞を受賞したそうですね~^^
自分と一緒に崖から落ちた赤ちゃんを探しに戻る時のシーンを思い出します。
赤ちゃんは死んだと聞かされても諦めきれず、崖下の川の、真冬の凍った流れに腰まで浸かって
半狂乱になって探し続けます。
それくらいした方が良いのではないかとハ・ジウォンさんご自身が提案したということですが、
役者魂に感動するとともにお身体が心配でなりませんでしたよ~。


一番印象に残ったのはヨンチョルが獄中で言い放った言葉。
폐하, 내가 죽으면 폐하께서 이 나라의 진졍한 황제가 될 거라고 생각하십니까.
크나 큰 착각이십니다.
내가 죽으면 또다른 연철들이 이 답답한 세상을 깨부수겠다고 나설 테니까요!

自分を殺してもまた別のヨンチョルが現れるだけだ…真理を突いているな~と思います。

そして、終わった時に一番好きだった人物はペガンの甥のタルタルでした。
博識で世の流れに惑わされず、いつも冷静沈着な物腰が素敵でした♪


「太陽を抱く月」が終わってからは奇皇后だけを見ていたので、奇皇后と過ごした1年という感じですね^^
友人とメールで感想を語り合いながら見ていたので、楽しい思い出になりました^^




ドラマ本編ではありませんが、一番好きなのがこれです。
エピローグ、現代に蘇ったヤンとタファンの再会♪
こういうスピンオフや、物語を違う視点から見たりするのが大好きで~す^^





오늘도.. 매일 같은 꿈이에요
오래된 연인처럼 다정해 보였던 그 사람..
하지만 깨고 나면 언제나 그 사람의 얼굴이 흐릿해서
기억이 나질 않아요..

오래된 연인처럼 말하지 않아도
당신 느낄 수가 있어요
하지만 당신 얼굴 빼고는 아는 게 하나도 없군요..

보내주신 그림 꿈속의 남자와 점점 비슷해져요
고마워요
어젠 그 남자의 얼굴이 조금 더 보였어요..

부탁하신 남자의 몽타주가 완성되어가요
다음주에 제가 작은 갤러리전을 여는데
완성된 몽타주도 볼 겸 와 주시겠어요?


꿈속의 남자의 얼굴이.. 맞나요?

우리.. 언제 만난 적이.. 있었나요?


『太陽を抱く月』

実は最初にNHKBSで放送した時は、フィクションの史劇に
あまり魅力を感じていなくて見なかったのでした・・・。
今回地上波で見たのですが、とっても良いドラマでした♪
フィクションだから、いろいろな事を自由に盛り込める楽しさがありますね。
役名の設定が素敵でした^^ 名前の意味やあらすじなどはこちら~ 
(NHKのサイトがなくなってしまったのでリンク貼り替えました)



ヨム
このドラマの中で一番好きだった人♪
才能を生かす道を絶たれても運命を受け入れて、その中で最善の道を淡々と歩むしなやかな姿が魅力でした。
後半の、ミナ王女を見つめる温かい眼差しが良かったです。
王女が隠していた真実を知ったことと、ソルが死んだ時にも辛かったと思いますが、
免賤された王女と子供と3人できっと幸せになりますね^^


王妃
彼女は純粋にフォンが好きだっただけなんですよね。
父親の野望に乗ってしまったが最後、もうそこから抜け出せなくなってしまいました。
悲しさと恐怖でだんだんヒステリックになっていきますが、
もう何をしてもダメだと自身で分かっていましたよね。それでも他に道はなく…。
王様も彼女の純粋な気持ちには気がついたけれど、どうすることもできず、
最後は父親にも裏切られてしまってほんとうに可哀想な人生でした。


陽明君、もう一つの太陽。
明るくてひょうきんな性格が好ましくて
私の中ではヤンミョン「グン」ではなく、ヤンミョン「くん」でした。(笑
ヨヌと一緒に尺取り遊びをしているところなど、この二人もなかなかお似合いだったんですよね。
クーデターを企てる彼の本心は他にあるのでは…と思っていましたが
そのとおりで安心しました。
でも結局は…。ヨヌを思い続ける彼としては死という結末しかなかったんでしょうかね。
思いが届かなかったとしても、生きていて欲しかったです。(泣
それにしても、ユン・デヒョンも他の大臣たちもみな倒れた後なのに、
たったひとり最後の力を振り絞って槍を投げつけたあの兵士は一体どういった人だったんでしょう^^;


ソル
名付けてくれたヨムを密かに慕っていて、最後には身を挺して彼を守るソル。
やっと思いを告げることができて、ヨムの腕の中で旅立って行きました。
ヨム(炎)に触れて溶けてしまったソル(雪)。
亡くなった後もヨムを心配しているんですよね。
その天国からの声を受け取ったチャンシルがヨムに伝えます。

혹… 설이 언니야를 아세요?         あの…ソルお姉ちゃんを覚えてます?
설이 언니야가… 맨날 똑같은 걸 물어봐요.   ソルお姉ちゃんが…毎日同じことを聞いてくるんです。
늘… 행복하시니…?             若様はお幸せだろうか。
도련님은 행복하시니?            今日も幸せかな。
꼭 행복하셔야 되는데…           いつも幸せでいて欲しいって…。
이 말만 맨날맨날 되풀이해요…        今でも、毎日そればかり繰り返すんです。
행복…하세요?               お幸せ…ですか?

ユン・スンアちゃんのハスキーでボーイッシュな声が役とピッタリ合っていました^^
彼女は「コーヒープリンス」にも出ていたんですね。
見終わってから気づきました~、コーヒープリンスもまた観なくちゃ。(笑


ウン
静かな役どころでしたが、立ち回りが美しかったです。
陽明くんが亡くなった後、彼の魂を会話するシーンに胸が締め付けられました。
ある夜、訪ねてきたウンに向かって、かつて陽明くんがウンに問うたのと同じ質問をするのですよね。

雲:한 가지만 여쭤 봐도 되겠습니까.        ひとつだけお尋ねしてもよろしいですか。
  지금도 저를 벗이라 생각합니까.        今でも私を友と思ってくださいますか。
陽:벗이라… 벗이란 말은 언제 들어도 좋은 말이야. 友か…友という言葉はいつ聞いてもいい。
雲:대답해 주십시오.               どうかお答えください。
  벗으로서 제게 오신 거시옵니까.        友として…現れてくれたのですか。
陽:물론… 지금까지 그래왔고           無論…これまでそうだったように、
  앞으로도 자넨 나의 벗일세.          これから先も俺たちは友だ。

天国のソルの言葉と、このウンと陽明くんの会話が一番心に残っています。


主役のお二人、ハッピーエンドで良かったです^^
どちらかというと、主役を取り巻く人たちに寄り添って見たドラマでした。



「チャングム」でお目にかかったヤン・ミギョンさん、今回もほんとうに素敵でした。
お墓の前で泣き崩れるシーン、ヨヌとの再会のシーンなど、とても演技とは思えない涙につられました。
大好きな女優さんの一人です^^

そして、ヨヌの少女時代を演じたキム・ユジョンちゃんが可愛かったです^^
「タムナ」でのポソル役も「トンイ」も見事に演じ切っていたし、
子役とはいえこれまでの活躍ぶりを見ると、この先どこまで登って行くのか怖いくらいです。
2年前の来日時のインタビューを見て「しっかりしているな~」と思いましたが、
彼女も今や15歳なんですね。
堂々と主役を張る日も近いですね~^^


『味噌くんと納豆ちゃんの結婚戦争』

また一つ、大好きなドラマが増えました♪

味噌くんと納豆ちゃんの結婚戦争。
まずこのタイトルに興味を引かれました。
でも、
韓国のドラマなのにどうして味噌と納豆?

原題を調べてみたら、된장군과 낫토짱의 결혼전쟁。
味噌はテンジャンのことだったんですね~。
これを「味噌」と訳してしまっては韓国味噌のイメージが湧かず、
タイトルの「韓・日」という意味がうまく伝わらないのでは…
と思ったのですが^^;


それはさておき、
味噌君はキム・デチョン28歳。
ソウル文化大学で生物学を専攻する大学院生。
母親は早くに亡くなり、父親は釜山の海の男。
3人の姉に続いてやっと生まれた大事な息子です。

納豆ちゃんは鈴木たか子26歳。
日韓共同プロジェクトに参加するため福岡からソウルに渡り、
テチョンのいる研究室でチームを組んでいます。
こちらも、遅くに授かった大切な一人娘。

研究所ではタカコが先輩で、テチョンはしっかり者の彼女に頭が上がりません。
そんな二人はやがて付き合うようになって。
一緒に暮らし始めて3か月。
でも、2年間の研究プロジェクトは終わりを迎える頃で
まもなくタカコは日本に帰ってしまいます。

そこでテチョンはタカコにプロポーズして結婚の約束をするのですが、
彼らの父親が猛反対し、試練が始まります。
双方の父親それぞれに結婚を認めることができない事情があって・・・。

ドタバタラブコメディーです^^
全2話。
ホロリと泣けるシーンもたくさんあるのですが、
とっても楽しいドラマでたくさん笑いました^^
別な意味で笑える設定もあったのですが、どういう意図だったのかなぁ^^;




ある朝、テチョンはタカコにどんなふうにプロポーズしようかと
声に出してみたり案をあれこれ考えたりするのですが、
その姿が可愛いかったです^^

0420.png 0421.png 0422.png



その日、教授と3人で話している時に
タカコが教授に促されて自分のスケジュール帳を開くと
それは自分の手帳ではなくてテチョンのもの。
お揃いの物を使っていたので、取り違えてカバンに入れてしまったんですね~。
そして~、そこにはテチョンが書き散らしたプロポーズの案がたくさん!

0423.png 0424.png 0425.png

세상의 모든 아침을 그대와 함께 맞이하고 샆어.
나는 너에게 영원히 잊혀지지 않는 하나의 의미가 되고 싶다.
世界のすべての朝をタカコと一緒に迎えたい。
僕は君にとって永遠に忘れることのできない意味のある存在になりたいんだ。

머릿속에 떠올리는 건 말로 표현할 수 있겠지만 가슴에 있는 건...
사랑해. 평생 함께 있고 싶어. 결혼해줘, 다카코!
頭に浮かぶものは言葉で表すことができるけれど、この胸にあるものは・・・
愛してる。生涯一緒にいたいんだ。結婚してくれ、タカコ!

나만을 위해 살아왔던 내가 이제는 니가 아니면 살 수 없게 돼버렸어.
결혼하자, 다카코!
自分のためだけに生きてきた僕が、今では君なしでは生きられなくなってしまった。
結婚しよう、タカコ!

などなど^^
感動のあまり言葉もなくページをめくるタカコ。
テチョンは隣で困り果てていますが、意を決して言います。

다카코, 내 자식들의 유전자가 다카코와 같았으면 좋겠어.
タカコ、僕の子供の遺伝子がタカコと同じだったらいいんだけど。

これと似たようなプロポーズの言葉をどこかで聞いた覚えがあるのですが
どこでだったかな^^;





テチョン役はイム・ジュファンくん。
「タムナ」の両班役で凛々しい姿をたくさん見ましたが、
このドラマではとってもコミカルな演技を見ることができて、
俳優さんとしての幅の広さを感じました^^

0426.png 0427.png 0428.png

インタビューによると、セリフ以外の日本語は分からないそうですが、
結構長いセリフをきれいな発音で話しているのに感動しました。
とても真面目な人という印象です^^




タカコ役は秋葉里枝さん。とってもとっても可愛いかったです♪
なぜか日本語より韓国語のほうが達者な感じがしました。
韓国での活動には時に大変なこともあるようですが、これからも活躍して欲しいです^^

0429.png 0430.png 0431.png




タカコの母親役の奈良富士子さんも素晴らしかったんです。
絶妙なタイミングで2人に救いの手を差し伸べる素敵なお母さんです♪
セリフの一つ一つが奈良さんの品の良さによってキラキラ輝いていました。
そして、頑固で怖いけれど、だんだんと可愛らしいところが見えてくるお父さんたち。
明るくてと~っても賑やかなテチョンのお姉さんたち。
皆さんほんとに素敵でした♪

0432.png 0433.png 0434.png




二人を試練の波が襲う中、平和だった時間を回想します。
こうして見ているとひたすら幸せな姿なのに、やっぱりストーリーを思い出して切なくなります。

0435.png 0436.png 0437.png




舞台の半分は釜山ということで釜山マルがたくさん出てきます。
最初は何を言っているのか分からなかったのですが、
Wikipediaなどで少し勉強したら聴き取りやすくなりました。

このドラマはDVDが出ていないんですね。
iMBCのサイトで有料ダウンロードして見ました。
なので字幕なしです。
何度も見ているうちに釜山マルにが聞き取れるようになるのが楽しくて
1週間の内に10回くらい見てしまいました。(笑
釜山マル、いいですね~♪
方言大好きです^^


夢の共演?!

「タムナ」の挿入歌「ただ伝えたい」の動画を探していた時に見つけたのです。

イム・ジュファンくんと
ムン・グニョンさんが
「タムナ」のパク・キュ役、「風の絵師」のユン役で共演?!








二人の掛け合いが絶妙~!!
何度見ても笑えます^^;
こういう遊び大好きです♪
それにしても、よくもこんなに上手に編集できるものですね~^^





話は変わり・・・
先日自分で書いたものを再び読んで赤面しています。
冷静に書こうと努めたのに全然冷静でない。
キヤンダリ4連写って何~。(汗
でもまぁ、
これほど好きになれるドラマに出会えるというのは幸せです。(笑


『タムナ~Love the Island』

前半を見た後、1年も経ってから後半を見ました^^;
そして最後まで見終わってから1か月くらい経って、やっと外側からドラマを眺めています。
このドラマには思いがたくさんあり過ぎてまとまりません。(笑


前半は、キヤンダリの心の動きを軸に見ていました。
両班の中でも格の高い家に生まれた一人息子。
父は礼曹判書。
科挙に首席合格した秀才であり、武術にも長けています。
その優秀さがかえってあだとなったんでしょうか、
進上品盗難事件の捜査ため、タムナ(済州島)に暗行御使として単独派遣されます。
表向きは「婦女子戯弄罪 부녀자희롱죄」での流罪。
このアイディアを考えついたの一体誰ですか、王様ですか^^;

任務に就く前から島についての知識はもちろんあったと思うのですよ。
でも実際にそこで生活を始めると言葉を失うようなことがたくさん…。
物置での寝起きやおトイレ事情、漢陽のものとはまるで違う食事。
身分の低い者に一方的に怒鳴られるという無礼千万な扱いを受けても、
大上軍の迫力に圧倒されて何も言えません^^;
ポジンも貴族社会の人間から見たら、天真爛漫どころかハチャメチャもいいところ。
最初の出会いでは、ポジンをまるで汚いゴミでも見るようなスゴ~イ目つきで見ていましたね^^;

そんな中で過ごしているうちに、両班という鎧を突き抜けて心に入ってくる美しいもの。
大変な苦労の中で真っ正直に生きている人々に共感を覚えていきます。
そして、進上牌紛失事件をきっかけにポジンに惹かれていきます。
両班ならば、普通は身分差という壁は壊れないのではないでしょうか。
でもキヤンダリは違ったのですね。
そういう柔らかい人で良かった^^
最後には村人たちに愛される存在となって、送別のシーンは思い出すだけで涙が出ます。
イリアムのことで頭が一杯のポジンを見つめる切ない眼差し。
そして島で起きている陰謀を明らかにしていく姿も素敵でした^^

危険なこともたくさんありましたね~。
カロも似合ってました^^

0412.png



後半はポジンの気持ちにも寄り添って見ていましたが、
両班としてのキヤンダリの立場、3つの名前を持つヤンの事情、
ソリンとハラバン(光海君)との関係など、周りの事情も見えた後半でした。
相変わらずイリアムを一途に思うポジンですが、
それでも負傷したキヤンダリを放っておけず、結局イリアムたちと出国する機会を失って
漢陽まで来てしまいます。
キヤンダリが、都でポジンが危険に晒されないようにと動く度に
自分をイリアムから遠ざけようとしていると誤解して、
そしてキヤンダリ母や婚約者シヨンからの厳しい仕打ちもありどんどんキヤンダリを嫌っていく…。
この気持ちのすれ違いは本当に胸が痛かったです。

一方イリアムは相変わらずポジンのことで一杯。他のことはまるで目に入りません。
そんな彼にヤンは「世間知らずのお坊ちゃん」と呆れますが、
好きな人のために全てを投げ出せるか、という問いをキヤンダリに示す存在なのですね。

次第にポジンの心に変化が起き始めます。
自分と一緒にいるためにイリアムは悪に加担しているのではと不安になり始め、
気持ちは変わってないよね、と問いかけてくるイリアムに即答できません。
一方でキヤンダリをこれ以上にないくらい傷つけてしまい、
それでやっと自分の彼に対する気持ちに気づくポジン。
大きく影響したのはやはり都での生活なんでしょうね。
広い世界を見て、だんだん自分を客観視できるようにもなって、
一気に成長したんだろうと思います。
そうそう、ポジンに商才があったのには驚きました。(笑
あの人懐こさもポジンの持ち味ですね。
大人になってもそのままであって欲しいです^^


나두...막 비밀 있구 그런 여자우다. あたしも、秘密のある女ってわけさ。
キヤンダリへの気持ちを母に打ち明ける時のこのセリフが可愛くて好きです^^

0411.png



主役たちの活躍はもちろんのこと、
周りをガッチリ固めているベテラン俳優さんたちの演技が光るドラマでした。
その中の筆頭はやはりポジン母・大上軍♪
生まれて初めて訪れた、「魚より人間の方が多い」恐ろしい土地、漢陽。
身分差などものともせずに堂々とキヤンダリ母とやり合うシーンは
知らずに拳を握りしめて見ていました^^

キヤンダリ母に向かって…꺼지라! 失せな!

0410.png

このドラマの魅力の半分は大上軍のお陰なのではと思えるくらい、
キム・ミギョンさんの演技がお見事でした^^
他のドラマでお見かけしても、しばらくは大上軍にしか見えないような気がします^^;




とっても素敵なドラマなのに、
どうして放送当時16話にまで短縮されたのか不思議に思っていたんですよね…。
視聴率が低かったということですが、
それはどうやらドラマ自体ではなく、番組編成に問題があった模様です。
放送されたのが土日の午後7時55分から。
他局ではタムナより以前に「ソル薬局の息子たち」が始まっていて人気を博していました。
それでもタムナが面白かったらそれなりに視聴率を得るだろう…
と思うのは日本人の考えのようで。

「若者たちにはこの時間帯のチャンネル選択権はない!」

この発言はちょっとした衝撃でした^^;
その家の年長者が「ソル薬局」を見ていた家庭では「タムナ」を見ることは出来なかったようなのです。
どの番組を見るかということにも年功序列が大きく働く韓国社会なのですね。
他にも、
早期終映決死反対
視聴率が重要でも、ドラマのクオリティーも考慮して
視聴率だけで判断してはいけないドラマだ
こんな編成しておいてひどい
など、ドラマ短縮に対して意見が殺到したそうです。
そもそもどうしてこの時間帯に組み入れられたのか、そのあたりの事情は分からないのですが^^;

タムナ自体は当時ネット検索1位、有料ダウンロード1位。
韓国ではDVDを買って見るよりダウンロードが主流だそうですが、
タムナに関しては全21話の監督版DVDが大いに売れたようです。




ふと頭に浮かんだお気に入りシーンのひとつ。
キヤンダリがポジンを一晩看病して部屋から出て来ると、
大上軍が朝ごはんを用意してくれていました。
お膳の前に座ると、傍らに置いてあったパガジに気づきます。
そうだ、と手に取って中にご飯をポイ、おかずをポイポイ。
タムナの人々がしていたように混ぜご飯にして嬉しそうに食べます^^
島に渡った当時は「人間の食べ物か?!」なんて言ってたのにね。(笑

0415.png

0413.png

0414.png

0407.png

大口開けているところを切り取っちゃってゴメンなさ~い^^;


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。