「ストロベリームーン」の由来。

ストロベリームーンが話題になっているようですね。
ピンク色の満月、ストロベリームーンを見ると幸せになれる。
カップルで見ると結婚できる。
片想いの相手と見ると両想いになれる。
すごいパワーです♪
たぶん日本でだけ言われている後付けの御利益かな…。
でもヨーロッパで「Honey Moon」とも呼ばれていることを考えると
まったく別方向に飛んで行っているわけでもないですね。
名前がとっても可愛いくて、ロマンチックでいいです^^


元々は、ネイティブアメリカンがこの季節の満月に付けた名前です。
ヨーロッパ人がアメリカ大陸に進出する以前はもちろん、
アメリカ大陸にユリウス暦もグレゴリオ暦もありませんでした。
ネイティブアメリカンたちは、一年に12回、または13回やって来る満月のそれぞれに名前を付けて
季節の移り替わりの目印にしていたのですね。

月の名前は、部族によって異なる名前がつけられていたり、
必ずしも12個の名前があるわけでもなく、また年ごとに名前が変わることもありました。
季節の区分も4つだったり5つだったり。
あれだけ広い大陸なので、それぞれの地域に合った形で独自の月カレンダーがあったようです。


代表的なものを紹介します^^

1月  Full Wolf Moon オオカミの満月。オオカミがお腹を空かせて遠吠えする。
2月  Full Snow Moon 雪の満月。一番雪深い月。
3月  Full Worm Moon 虫の満月。土の中の虫たちが動き始めて土を柔らかくしてくれる。
4月  Full Pink Moon ピンクの満月。ピンク色のフロックス(シバザクラ)が咲き始める。
5月  Full Flower Moon 花いっぱいの満月。花々が咲き乱れる。
6月  Full Strawberry Moon 苺の満月。赤く熟れた苺を収穫する時期。
7月  Full Buck Moon 鹿の角の月。オス鹿の枝角がよく伸びる頃。
8月  Full Sturgeon Moon チョウザメの満月。五大湖などでチョウザメがよく獲れる。
9月  Full Corn Moon トウモロコシの満月。秋分に一番近い満月はThe Harvest Moon とも。
10月 Full Hunter’s Moon 狩人の満月。落葉して見通しが良くなり、動物は肥えている。食料の備蓄。
11月 Full Beaver Moon ビーバーの満月。湖沼が凍る前にビーバーの罠を仕掛ける。冬越し用の毛皮。
12月 Full Cold Moon 寒さの満月。日も短くなり、いよいよ寒さが増す。
 

Native American Names for Full Moons 
こちらに、他の魅力的な名前も載っています。


満月がピンク色になるということが名前の由来ではありませんが、
夏の間は実際にピンク色の満月が見られる確率が高そうです。
夏は、太陽の南中高度が高くなるのに対して、月の南中高度は低くなります。
南の空の低い所を渡っていくことで、比較的厚い大気の層を通して地上に光が届くことになりますが、
その時に青い光は散乱してしまうため、オレンジやピンクがかった色に見えます。
夕焼けの太陽と同じ事が起こるわけですね。

今夜の満月は、今年一番小さな月です。地球から一番遠い満月。
最大になるスーパームーンと違って、最小の月はほとんど話題になりませんが、
ストロベリームーンのお陰で、たくさんの人に眺めてもらえそうです。
ミニ満月に向かって、
よかったね~
と言ってあげたい^^
今夜22時10分に月齢15.0になります。
綺麗に見えますように♪





追記。

8時半ころ、ようやく雲の向こうに見えてきました。
ほんのりピンクゴールドの満月♪
冬の白くて冴え冴えした月とは趣が違います。
そうですね、スーパームーンに比べるとかなり小さく見えます。

170609 (2)




170609 (3)




雲の海をゆっくり泳いでいきます。

170609 (4)




170609 (5)




南の空には木星と、
その斜め下におとめ座のスピカ。

170609 (6)




あと1時間ほどで真ん丸に。

170609 (7)




久しぶりにゆったりと月光浴しました^^

170609 (1)


年筮を立てました。

先日ある友だちに、易経を勉強していることを話したら、
易経って占いの易?
もしかして四角い帽子かぶって通りで占いとかしてるの?
と言われました^^;

四角い帽子は持っていないし通りで仕事もしていません。
とてもそんな力量はありませんが、
易占自体は易経の勉強のためにやっています^^
筮竹がなくても、コインやサイコロがあれば誰でも占うことができます。

易経の世界では一年の始まりは冬至なので、
冬至の日に「年筮 ねんぜい」と言って今後一年の運勢を占います。
いろいろなやり方があると思いますが、
私はまず全体運を出してから、「分占」と言って健康や仕事など、知りたい事柄について個別に卦を立てます。


自分の今年の全体運は、「火風鼎かふうてい」の上九という卦でした。

161222.png

横線のうち、上の3段が「火」、下の3段が「風」を意味しています。
長い線が「陽」、短い線2本が「陰」を表すので、
上の卦の場合、下から「陰陽陽陽陰陽」となります。
上九というのは「一番上の陽」のことです。
易経の「卦」は韓国の国旗にも4つ描かれていますね。

火風鼎上九、敢えて単純に良し悪しだけで言うと、良い卦だと思います。
美味しい料理が出来上がって、さあこれから食べよう、というタイミングです。
これまでに、メニューを決めてスーパーに行って材料を吟味して買ってきて、
野菜を切るなど下準備をして、コトコトと煮込んで味を見て…
長い時間をかけてやっと出来上がった熱々のお料理が目の前にあります。
幸せです。
でも、ちゃんと口に入れて味わうまでは気を抜いてはいけません。
熱いのに急いで食べたら火傷をするかもしれないし、
周りの状況によってもまだ何が起きるかわかりません。
カラスにひょいっと奪われるとか。(笑
そんな感じの意味です。
説明が食べ物に例えられているのは、「火風鼎」という卦が、
かまどにに新鮮な風が吹き込んで火が勢いよく燃えていて
その上でお料理の入ったお鍋が美味しそうに湯気を立てている、
という様子を表しているからです。
卦によって、狐や水鳥、人体や植物の芽などいろいろなものに例えられています。


易というと易者さんのイメージが強いですが、
元になっている「易経」は「四書五経」のうちの一つで、
中国神話に出てくる「伏羲 ふぎ」という神様(または帝王)が著したものに孔子が注釈をつけた
哲学書です。
孔子は晩年になって易の研究に没頭するのですが、
そのお陰で今日まで残っているのですね。
孔子の後にも多くの学者たちが研究していて、全資料は膨大な量になります^^;

「易経」の英訳が「The Book of Changes」であるように、
易経は「変化の書」です。
森羅万象が絶えず変化していく、その理を説いたものです。
占いでは、その中で当事者がどのように処すればよいのかを探っていきます。

易にはもう一つ、「中庸」を最も良しとする考え方があります。
良いことも悪いことも、どちらにも、偏り過ぎてしまうと害が生じるのですね。
特に、順調に波に乗っている時こそ慎重であるように諭します。
おみくじを引く時に、大吉が出るとその先は下るだけだと言ったり、
逆に凶が出たら、現在はどん底でもこれから浮上し始めるので良い兆しだ、
と言ったりすることがありますが、これとよく似ています。
それ自体が易の思想から来ているのかもしれませんね。


分占を10個くらいしてみましたが、意外な卦もあり、やっぱりと思う卦もあり、
緊張する卦もあり、ホッと胸をなでおろす卦もあり…。
冷静に見ると、どれも現状と方向性について納得のいく結果でした。
占う時に心を鎮めることで、潜在意識にあるのものが卦という形を借りて現れるのかもしれません。
そう考えると座禅や瞑想とも似ているし、自己との対話とも言えますね。
出た卦の内容に従って今後の心構えを整理していくことになりますが、
映画の予告編を見た時の期待感にちょっと似た気分です。

「一陽来復」という言葉には、冬至を境に日が長くなっていくという意味もあるので、
今日は一陽来復の日です。
この言葉は易経に由来します。
新暦や旧暦のお正月、そして立春と春分も大切な節目なのですが、
その中で一番最初に巡ってくる冬至でまず、新年を迎えました。
気持ちが引き締まります。


十三夜。

うっすらと雲が見えて、暈(かさ)をかぶっています^^




高層雲が薄く広がっている時に月暈(つきがさ・げつうん)ができます。
白虹(はっこう・しろにじ)とも言います。
視半径が約22度なので、「22°ハロ」とも。

高いほうから、巻雲、巻積雲、巻層雲くらいの雲が出た時に見えやすいそうです。
高層雲はだいたい氷の粒でできているのですが、
それがプリズム反射してできるのですね^^

写真に撮ってしまうとそれほど大きく見えないのですが、
実際は両手を一杯に広げて受けたくなるような大きさです。
日暈もそうなのですが、なぜかちょっと怖いと思ってしまいます^^;


最低気温が10度を下回るようになりました。
つい2週間ほど前には最高気温が30度を超えて、今日は11月上旬並みの気温でした。


十三夜は豆名月、栗名月と言われますが、
今回は何もお供えしませんでした^^;
週末の満月に合わせてまたお団子作ろうと思います。(笑


台風の空。

台風がやってくると普段の景色が変わります。
山がやけにくっきりと、普段の半分くらいの距離まで近づいて見えるので
なんだかクラクラします^^;


空の様子が見たくて河川敷まで行ってきました。

160829 (1)
 



台風が来るといつも、頭上の空は深海のような濃いブルーになって、
山の彼方の空は南国の海のようなトロピカルな色になります。
太陽もギラギラですが、真夏のいつもの光とは少し違って、
強制的に夏が連れ戻されたような感じがします。

160829 (2)

この後、あっという間に空が雲に覆われて暗くなりました。
すごい風です。
家に戻ろうと自転車まで戻ったら、見事倒れていました^^;




午後4時の風の様子です。現在の様子はこちら。
東北と関東沿岸、そして低気圧の影響で西の地方も風が強いですね。
  
160829 (3)


今朝945hPだったのが950hPまで弱まってきましたが、
これから上陸なので心配です。

この10号ライオンロック、ほんとうに変な台風ですよね。
本州沖で発生して迷走したあげく、発生地点まで戻って…。
統計開始以来初の東北上陸となるようですね。
そして、最も長寿の台風でもあるそうです。

2日前の予報と比べると速度がだいぶ遅いので、上陸前に弱まってくれるといいのですが…。
農作物の被害が少ないことを祈ります。



火星はまだ大きいです。

こんな写真では何なのかよく分かりませんが…^^;
でも、赤いということは分かります。(笑




約2年ごとにやってくる火星の接近。
今回の地球への接近は5月31日がピークでしたが、
その日の朝のニュースを見ていて、あらら…と思いました。
「今日、地球に最接近します」
という言葉は間違っていないのですけど…
それだけだと、見頃なのはその日一日だけという印象を与えてしまうかな~と。

そう思っていたら案の定、天文台に
火星はまだ見られるのか、という問い合わせがあったりするようです。
31日にはマイナス2等でしたが、
今でもマイナス1.9等の明るさです。
7月23日にやっとマイナス1.0等の明るさを下回るくらいなので、
今後もしばらくの間ピカピカ…というよりメラメラした火星を見ることができます。
広い空の中の小さな点ではありますが、
じっと見つめていると、眉間にどーんとエネルギーの塊がぶつかってくる感じがします。
すぐそばに土星もいますね^^
そして今は南西の空に木星と月も隣り合っています。
水星と金星は現在、太陽とほぼ同時に昇って沈むため、見えません。


火星の接近の様子が分かりやすいのが、こちらの県立ぐんま天文台のアニメーション。 
ずっと見ていると目が回りそうですが、楽しいので何度も見てしまいます。(笑

そして、今夜の星空はこちら。国立天文台の「今日のほしぞら」
惑星の位置や見え方が分かりやすいので、よく利用します。

次回の火星接近は2018年7月ですね。
今回よりもっと近いので、もっと大きく明るく輝きます。
楽しみです♪


冬と春の交錯

花束を持つ人があちこちで見られますね~♪








ストックを見ていると春を感じますが、
実際の外の景色はというと

0772.jpg

ソメイヨシノの蕾はまだ恐竜の指先のようです^^;




目につく明るい色といえば、椿かユズリハ、ハボタンくらい…。

0773.jpg


三寒四温とは言いますが、今年の早春の寒暖差は尋常ではないですね。
最高気温が1度台で真冬のようだと思ったら数日後には20度を超えたり…。(泣



今朝の最低気温はマイナス3度。
凍み渡りができましたが、これで最後かもしれません。

そして青空から雪がひとひらだけ、ちょうど目の前に降りてきました。
ひとひらだけって不思議ですよね。
もしかしたら降る雪を見るのもこれで最後かもしれません。



これは夕方、土手で残り少ない雪を惜しむコンちる。
今週中に融けてなくなってしまうでしょう。

0774.jpg


この冬は降雪量が例年の47%と少なかったです。
1日で70cm近く積もって大変なことになった日が1月にありましたが、
あとは可愛い降り方でした。





桜前線、そろそろ九州からスタートしそうですよね♪
ソメイヨシノの開花を予想するのに「400℃の法則」というのがあるそうです。
2月1日からの毎日の「平均気温」を足していって、400℃に達すると咲き始めるというもの。

「600℃の法則」というのもあります。
こちらは、2月1日からの「最高気温」を足していって、600℃になると咲く。

数字を出してみました~。
400℃の法則の方では、3月12日の時点で125.9。
600℃の法則の方では、280.1でした。
まだまだです。
開花するのは来月なので当たり前ですね。(笑
近くなったらまた計算してみようと思います^^


興味のある方は、こちらの過去の気象データを使って計算してみてください^^ 


やっと本格的な冬です

今年のお正月は、雪の予報が外れて雨。
その後、最高気温が12度まで上がる日もあって暖かく、降るのは雨ばかり。
1月に入って雨が降るなんておかしいんです。

そのうち雪も降り始めましたが、湿った雪なので降ったそばから融けていってしまいます。
今年はちゃんと冬がやってくるのだろうかと心配していました。

やっと昨日から乾いたサラサラの雪が降り始めました~。
今朝の積雪が28cm、午後8時の時点で79cm、
今日一日で50cmも積もりました。
まだまだ外では視界がきかないほどの降り方なので、明日の朝どうなっているか…。


気象庁の正式な発表はないようですが、沖縄で雪(みぞれ?)が降っている動画が
アップされていました。
北も大荒れ、関東・東海から四国まで、ほぼ日本全国雪模様ですね~。



白梅が雪をかぶっていました。






0762.jpg




ピントが蕾に来てます。
足場が悪かったので…と言い訳^^;

0763.jpg

この梅はいつもは3月に咲きます。
ところが今回は去年の11月にもう蕾が出始めていたらしいのです。
11月は最高気温が15~20度の日が毎日のように続いていたんですよね…。

数年前の4月に桜が雪をかぶったことがあって、その時は桜が可哀そうに感じたのですが、
梅は寒さに強くて雪もお似合いです^^



大相撲初場所は大関・琴奨菊が初優勝しましたね~。
ご両親が泣いていらしているのを見て、もらい泣きしてしまいました。
これまで「日本人の力士に優勝して欲しい」という言葉をたくさん聞いてきました。
私自身は日本人と外国人を分けて考えないのですが、
でもこれで、より相撲に活気が出てくるような気がします。
白鵬さんはちょっと心配です。
これまで、神聖な土俵にサポーターやテーピングをしないで上がることを信条にしてきましたが、
最近は腕にも足にも巻いていますね…。
早く本調子に戻るといいです。


狐の嫁入り。

今朝、狐が嫁に行きました。(笑


今朝もペルセウス座流星群を見ようと早起きするつもりだったのにすっかり寝坊して、
目が覚めた時にはもう東の空が白んでいたのでした^^;

6時頃になって外に出ると途端に雨がさらさらと降り出して
雨粒のひと粒ひと粒がはっきり見えるくらいキラキラに輝いていて、ここは天国ではないのかと…。
しばし雨に濡れるのも構わず空を見上げていました。

そして、ふと西の空を仰ぐと、虹です!
そこでやっと我に返ってカメラを取りに戻りました。(笑



夕方に東の空に見えることはよくありますが、西に出る虹は珍しいですよね。




お天気雨を狐の嫁入りと呼ぶのには、いろいろな説があるようですね。
私が子供の頃に聞いたのは、
狐が山で嫁入りをする時は、その姿を隠すために狐が妖力で雨を降らせるのだ、というお話でした。
今頃、あの山のあの辺りで嫁入りしているのかも…
なんて、以前自分が登った山道を思い浮かべて想像するのが楽しいです^^

そうそう、お隣の韓国でも여우비と呼びますね^^





今日のお昼頃の空。

0713.jpg

昨日の夕方は秋を思わせる穏やかな雲で、まさに「行き合いの空」だったのですが、
今日は元気一杯の積雲です。
空の色も透きとおっていて、空というよりは「宇宙」という方がふさわしい感じでした。
太陽の光も神々しくて、しばらく窓際から離れられませんでした。


自在に空を飛んで雲と戯れたいです^^





追記^^

日が変わって16日です。
錦織・ナダル戦は録画することにして早く寝たので、今度はちゃんと3時に起きました。
星に興味のないコンちる(でも外に出るのは嬉しい)を連れて屋上へ。

見上げた途端に明るい流れ星がすいーっと長く尾を引きました☆
その後、1時間で10個。ピークを過ぎてもまだ流れますね。あと1週間ほど見られるようです。
人工衛星もいくつか動いていきました。

冬の星座も姿を現してきています。
おうし座のすばる(プレアデス星団)はチラチラと瞬いているのを何とか6個確認できました。
そしてオリオン座も東の空に昇ってきています。
季節は巡っていますね~^^