「~本」で数えるもの

中島仁先生の「聞いてみよう!言ってみよう!慣れるハングル、"おもてなし"ハングル」より。

日本語で「~本」で数えるものを韓国語で表す場合、
様々な助数詞を使い分けることになる、というものです。


「줄」で数えるもの
  のり巻き 김밥

「병」で数えるもの
  瓶 병  ペットボトル 페트병
  (ただの瓶を数える時は「병 5개」が多い気がします)

「자루」で数えるもの
  鉛筆 연필  ペン 펜  ろうそく 초  ナイフ 칼  杖 지팡이  ゴルフクラブ 골프채/골프클럽
  ラケット라켓  野球のバット 야구배트

「장」で数えるもの
  ネクタイ 넥타이  ズボン 바지

「대」で数えるもの
  注射 주사  ギター 기타  電車 전철  タバコ 담배

「개」で数えるもの
  スプーン 숟가락/스푼  フォーク 포크  バナナ 바나나  キュウリ 오이  ニンジン 당근
  ストロー 빨대  口紅 립스틱  マスカラ 마스카라  歯 이  骨 뼈  ハサミ 가위
  充電ケーブル 충전케이블  ゲームソフト 게임소프트  傘 우산

「송이」で数えるもの
  花 꽃

「그루」で数えるもの
  木 나무

「편」で数えるもの
  映画 영화  テレビ番組 텔레비전 프로그램

「번」で数えるもの
  サーブ 서브  シュート 슛/슈팅  ショット 샷  講演 강연

「가락/올」で数えるもの
  糸 실  髪の毛 머리카각  毛 털

「통화」で数えるもの
  電話(通話数 )전화


これとは逆に、日本語で
「鯨1頭」「馬2頭」「リス3匹」「トンボ4匹」「カラス5羽」「イワシ6尾」「乳酸菌100億個」
と使い分けるのを、韓国語では全て「마리」で表せるという例もありますね^^


意味が2つある助数詞

中島仁先生の「聞いてみよう!言ってみよう!慣れるハングル、"おもてなし"ハングル」より。

助数詞には、固有数詞に付くものと漢数詞に付くものがありますが、
中にはどちらにも付いて、それぞれ異なる意味を表すものがあります。
下に挙げた例文は、講座の内容と異なるものがあります。
メモを取らなかったので忘れてしまいました^^;


漢数詞+번 「順番」
固有数詞+번 「回数」
  등번호는 2[이]번이에요   背番号は2番です
  2[두]번 가 봤어요   2回行ったことがあります
  
  
漢数詞+권 「巻」
固有数詞+권 「冊」
  7[칠]권을 샀어요   7巻を買いました 
  7[일곱]권을 샀어요    7冊買いました

  
漢数詞+페이지 「ページ」
固有数詞+페이지 「ページ分」
  교과서 10[십]페이지를 펴라   教科書10ページを開きなさい
  이 책을 25[스물다섯]페이지 읽었다    この本を25ページ読んだ

  
漢数詞+학기 「ひとつの学期」
固有数詞+학기 「1学期分」
  1[일]학기가 시작된다   1学期が始まる
  학기은 두 학기로 나뉜다   学期は2学期に分けられる

  
漢数詞+힉년 「~年生」
固有数詞+학년 「一つの学年」
  1[일]학년에 2명 있어요   1年生に2人います
  1[한]학년에 2명 있어요   ひと学年に2人います ←씩が入れば分かりやすい?    
  


100以上は固有数詞がないので、

<여기는 잘나가는 파출소> 200권 は

『こち亀』200巻全部なのか、それとも第200巻目ということなのか迷いそう~
なんて思ってしまいました。(笑
実際は話の流れで解るでしょうし、別の言い方もありますよね。


「何」の表現

中島仁先生の「聞いてみよう!言ってみよう!慣れるハングル、"おもてなし"ハングル」より
さまざまな「何」です。
テキストを持っていないので、不足があったらすみません。


뭐+助詞、語尾 「何」
   何がいいですか。  뭐가 좋아요?   

무슨+名詞 「何、何の」
   何色が好きですか。  무슨 색깔을 좋아해요?

몇+序数詞
   何階にありますか。  몇층에 있어요?
   「何日」の場合は「며칠」となる。

「何語(なにご)」「何人(なにじん)」「何大学」などを問う時は「어느 どの」を使う。
   「パン」は元々何語ですか。  '빵'은 원래 어느 나라 말이에요?
   何人でも関係ありません。  어느 나라 사람이든 상광없어요.
   何大学に通っていますか?  어느 대학교에 다니세요?

뭔가 「何か」
   何か理由があるはずです。  뭔가 이유가 있을 거예요.

무슨 일 「何事か」
   何かあったんですか。   무슨 일이 있었어요?

아무것도+否定 「何事も~ない」
   何もしませんでした。   아무것도 안 했어요.



会話の例文にさまざまな「何」が入っていて楽しかったです^^

何が何個ずつ足りませんか?
よく分かりませんが、全部足りないんじゃないでしょうか。

恋人は何人ですか? ( 思わず「なんにん」と読んでしまう…
一体何の話ですか?

元気ないですけど、何かあったんですか?
いいえ、何もないから心配しないでください。

뭐가 몇 개씩 무자라요?
잘 모르겠지만 다 모자라지 않을까요?

애인이 어느 나라 사람이에요?
도대체 무슨 말 하는 거예요?

기운이 없어 보이는데 무슨 일이 있었어요?
아뇨, 아무것도 없으니까 걱정마세요.




辞書から「何」に関する例文を見てみます。たくさ~んあるので、その中から少し。

そんなことをして何になるのか。
最近は何をするのも面倒だ。
何、また遅刻したの。
うまくいくかな。/なに、大丈夫。心配ないよ。
あの店に行けば、必要なものは何から何までそろっています。
何はさておき食事にしよう。
何はともあれ無事で良かった。
何か書くものを貸してください。
何かしら淋しい気持ちになった。
彼女は何かと世話を焼いてくれた。
何が何でもこれはあんまりだ。

그런 거 해서 뭐 하냐?
요즘에는 만사가 귀찮아.
뭐, 또 지각했어?
잘 될까? / 뭘, 괜찮아. 걱정할 거 없어.
그 가게에 가면 필요한 것은 무엇이든지 다 살 수 있습니다.
만사 제쳐 놓고 식사부터 하자.
여하튼 아무 일이 없어서 다행이다.
펜 좀 빌려주세요.
어쩐지 쓸쓸한 기분이였다.
그녀는 여러모로 보살펴 주었다.
아무리 그래도 이건 너무해.



「뭔」というのもありますね。
冠形詞で、‘무슨’을 구어적으로 이르는 말. 「무슨」の口語ということです。

아, 뭔 소리 합니까 지금~ 저는 피해자라구요~~~!  何言ってるんですか、僕被害者ですよ~
と、「太陽の末裔」第1話でも、キム・ギボムくんが訴えていました^^

마마무の「넌 is 뭔들」という歌もありますね。
넌 is 뭔들 완벽해、넌 뭐든지 다 좋다、という意味です。


「これから」の表現

中島仁先生の「聞いてみよう!言ってみよう!慣れるハングル、"おもてなし"ハングル」より
さまざまな「これから」です。


今から、今この瞬間から
  지금부터 설명할게요  これから説明します(今から説明します)

もう、この先
  이제부터 갈 거예요  これから行きます(もう行きます)

今後、将来
  앞으로 더 노력할게요  これからもっと努力します(今後もっと努力します)

順序
  이거부터 해 주세요  これからしてください(これを最初にしてください)

根拠
  이것으로 생각해 보면  これから考えてみると(これを根拠に考えてみると)



辞書で「これから」を引いて出てきたものは、
이제부터
앞으로, 금후(今後)
장래(将来)
이것부터(順序)


これから夕食に出かけるところです。
私はこれまで金をもうけたためしがないし、これからもないだろう。
寒さはこれからが本番だ。
ウニはまだまだこれからの選手だ。


지금 저녁 먹으러 나가려던 참이었습니다.
나는 지금까지 돈을 번 적도 없었고 앞으로도 못 벌 것이다.
추위는 이제부터가 사작이다.
은희는 이제부터 차차 성정할 선수다.



금후[今後]、장래[将来]は、
日本語でも「今後」「将来」と訳す方がしっくりくる場合が多そうですね。
どちらも名詞ですが、副詞的にも使われます。

今後5年ないし10年  금후 오년 내지 십년  
今後ともよろしくお願いします。  금후에도 잘 부탁합니다.  
今後の計画を教えてください。  금후의 계획을 말씀해 주세요.   
君は将来大きくなって何になりたい?  너는 장래 커서 뭐가 되고 싶니?  


「もう」の表現

中島仁先生の「聞いてみよう!言ってみよう!慣れるハングル、"おもてなし"ハングル」より
さまざまな「もう」です。


予想より早いとき。 すでに、とっくに(既に起こったことにも、これから起こることにも使える) 
  벌써 끝났어요?  もう全部食べたんですか。
  벌써 가세요?  もう帰られるんですか。

何かが完結したとき。 すでに、もはや
  이미 지난 일이에요.  もう終わったことです。

今はもう、まもなく、やがて、じきに、今後は
  이제 알았어요?  もう分かりましたか。(もう今は)
  이제 올 거예요.  もう来ると思います。(まもなく)
  이제 안 하겠습니다.  もうしません。(今後は) 

これ以上
  더 이상 안 하고 싶어요.  もうしたくないです。

二度と
  다시는 안 하고 싶어요.  もうしたくないです。

何かを付け足すとき。
  하나 더 주세요.  もう一つください。



辞書の例文も少し^^

1.すでに   벌써, 이미, 이제
2.間もなく、すぐに 곧 / 程なく 머지않아 / 今は 이제
3.さらに 더 / もう少し 좀 더 / もう一度 다시  
4.もはや…ない  이제, 더 이상 
5.感情の高まり  정말 


もう彼女は帰宅しているだろう。
もう明日の今頃は我々はニューヨークに着いているだろう。
鈴木さんはもう帰ったの?/はい、もう帰りました。
父はもう帰ると思います。
雨はもうあがるだろう。
もうすぐ夏休みだ。
お湯がもう沸くよ。
もう2,3日あの本を借りてもいいですか。
もう少しで対向車にぶつかるところだった。
もう二度と核兵器が使われることがないことを願う。
もう決してこんな真似をするな。
彼って、もう最高だね。
あの人が怒ると、そりゃもうひどいものよ。


이미 그녀는 귀가했을 거야.
이제 내일 이맘때쯤이면 우리는 뉴욕에 도착해 있겠지.
스즈키 씨는 벌써 갔어? / 예, 벌써 귀가했습니다.
아버지는 곧 돌아오실 겁니다.
비는 머지않아 그치겠지.
이제 곧 여름 방학이다.
물이 곧 끓어요.
2,3일 더 그 책을 빌려도 되겠습니까?
하마터면 마주 오는 차와 부딪힐 뻔했다.
이제 두 번 다시 핵무기가 사용되지 않기를 빈다.
이제 다시는 이런 짓은 하지 마.
그는 정말 최고야.
그 사람이 화내면 무서워 정말.


「どうも」の表現

中島仁先生の「聞いてみよう!言ってみよう!慣れるハングル、"おもてなし"ハングル」より
さまざまな「どうも」です。


やはり、どうしても 
  아무래도 납득이 안 가요.   どうも納得がいきません。
  아무래도 그게 좋겠어요.   どうもその方が良さそうです。

なんだか、どうやら
  어쩐지 수상해요.   どうも怪しいです。
  어쩐지 마음에 걸려요.   どうも気になるんです。

「~はどうも」と後ろを省略しているものは、省略した部分をきちんと言う
  어제는 감사합니다.   昨日はどうも(ありがとうございました)。
  저번에는 죄송합니다.   この前はどうも(すみませんでした)。

ほんとうに
  정말 고생 많았습니다.   どうもご苦労様でした。



辞書からも少し^^

1.原因・理由がはっきりしない  어쩐지, 도무지
2.どうしても  아무래도, 아무리
3.どうやら  아마
4.非常に  매우 대단히 / 本当に  정말
5.軽い応答  


どうも彼が好きではなかった。
どうも変だが、何が変だか分からない。
これからは絶対遅刻しないよ。/どうも信じられないなあ。
どうも彼女の名前が思い出せない。
吹雪になるかな。/どうもそうらしい。
今夜来られるかい。/どうも無理みたいだ。
どうもありがとうございます。
はい、コーヒーだよ。/あ、どうも。


왠지 그 남자가 마음에 안 든다.
뭔가 이상하지만 뭐가 이상한지는 모르겠다.
앞으로는 절대 지각하지 않을 거야. / 아무래도 믿을 수가 없어.
아무리 생각해도 그녀의 이름이 떠오르지 않는다.
눈보라가 칠까? / 아마 그럴 것 같아.
오늘 밤에 올 수 있겠어? / 아무래도 무리일 것 같아.
대단히 감사합니다.
여기 커피. / 아, 고마워.


やはり、どうしても、なんだか、どうやら…と辞書を引き続けていくと
関連の表現がたくさん出てきますね。
そして一晩、辞書と遊ぶことになります。(笑


「どうぞ」の表現

中島仁先生の「聞いてみよう!言ってみよう!慣れるハングル、"おもてなし"ハングル」より
さまざまな「どうぞ」です。


何かをするように促す時は、具体的に「~してください」と言う
  이거 드세요.     「これ、どうぞ」(これ、召し上がってください)
  이거 받으세요.     「これ、どうぞ」(これ、もらってください/受け取ってください)
  네, 쓰세요.      「ええ、どうぞ」(ええ、使ってください)


「お先にどうぞ」と言う場合は「먼저」
  먼저 드세요.    「お先にどうぞ」(先に召し上がってください)
  먼저 타세요.    「お先にどうぞ」(先に乗ってください)


「どうぞ~なく」と、何かをしないように促す場合
  걱정하지 마세요.   「どうぞご心配なく」(心配しないでください)
  신경 쓰지 마세요.   「どうぞお構いなく」(気を遣わないでください)


お願いをしたり頼んだりする場合
  부디 참석해 주세요.  「どうぞご出席ください」 (부디 ぜひ、どうか、くれぐれも)
  제발 화내지 마세요.  「どうぞ怒らないでください」(제발 頼むから、お願いだから)



辞書からも表現を拾ってみます。

どうぞよろしく。
どうぞお幸せに。
タバコの火を貸してください。/ええ、どうぞ。
窓を開けてもよろしいですか。/ええ、どうぞ。
よければ、今日車を使わせてもらいます。/いいですよ、どうぞ。
ちょっとよろしいですか。/ええ、どうぞ。


잘 부탁합니다.
부디 행복하세요.
담뱃불 좀 빌려 주세요. / 네, 여기 있어요.
창문을 열어도 되나요? / 네, 여세요.
괜찮다면 오늘 차를 쓰겠습니다. / 그렇게 하세요.
잠깐 괜찮으세요? / 네, 말씀하세요.



その他に
어서 들어오세요.   「どうぞお入りください/お上がりください」(入口や玄関先で
그대로 계세요.    「どうぞそのままで」(立たなくてもいいですよ)

もありますね。
まだあるでしょうか♪
「どうぞ」も便利な言葉です^^


「悪い」の表現

中島仁先生の「聞いてみよう!言ってみよう!慣れるハングル、"おもてなし"ハングル」より
さまざまな「悪い」です。
テキストを持っていないので、不足があったらすみません^^;


나빠요    良し悪しの判断 「悪いです」

나빴어요   良し悪しの判断 「悪かったです」

아파요    体調が悪い時 「具合が悪いです」

아팠어요   体調が悪い時 「具合が悪かったです」

고마워요   感謝する時 「悪いね」

잘못했어요  謝罪する時 「悪かったです」

미안하니까  申し訳ない時 「悪いから」



今回も辞書からいくつか表現を拾ってみます。

1.道徳的によくない 나쁘다, 옳지 못하다, 못되다
2.好ましくない  나쁘다, 공교롭다, 재수가 없다
3.劣った    나쁘다, 뒤떨어지다
4.具合が悪い  나쁘다, 안 좋다
5.責任がある  나쁘다, 잘못하다
6.有害な    나쁘다, 해롭다, 안 좋다
7.悪意のある  나쁘다
8.申し訳ない  미안하다


見て、テレビに犯人が映っているわ。/本当に悪そうな顔をしているわね。
悪い時に来ましたね。
悪いことに雨が降り出した。
悪いことに(不運にも)彼女は鍵を失くしてしまった。
彼のお父さんが突然亡くなり、更に悪いことにお母さんまで寝込んでしまったそうだ。
今年のジャイアンツは調子が悪いね。/ああ、悪くすると最下位かもしれない。
もうこの卵は悪くなっている。
この机は作りが悪い。
この車は走りが悪い。
このナイフは切れ味が悪い。
じゃあ、金は貸してくれないって訳だ。/悪く思わないでくれよ。持ち合わせがないんだ。
言っちゃ悪いけど、そのネクタイ似合わないわ。
悩みがあるんだったら打ち明けてごらん。悪いようにはしないから。


봐 봐. 텔레비전에 범인이 나와. / 정말 나쁜 짓 하게 생겼네.
상황이 안 좋을 때 왔군요.
공교롭게 비가 내리기 시작했다.
운나쁘게 그녀는 열쇠를 잃어버렸다.
그의 아버지가 갑자기 돌아가시고 설상가상으로 어머니까지 몸져누웠다고 한다.
올해는 자이언츠가 잘 못하네. / 응, 잘 못하면 꼴찌 할지도 몰라.
이 달걀은 벌써 상했다.
이 책상은 잘못 만들었다.
이 차는 잘 안 나간다.
이 칼은 잔 안 든다.
그럼, 돈은 안 벌려주겠다는 거군. / 서운하게 생각하지 마. 가지고 있는 돈이 없어.
말하기 뭐하지만, 그 넥타이 안 어울려.
고민이 있으면 털어놔. 후회하게는 안 할게.