旅の指差し会話帳 / 鈴木深良

NHKの教材で勉強を始めてからはそれについていくのに一生懸命で、
他の教材や本に意識を向ける余裕がなかったんですよね^^;
この本も以前本屋さんに立ち寄った時に
面白そうな本だなぁ
とは思ったものの、パラパラと見て終わりました。
正攻法なもので勉強したい気持ちが強かった、
というのもあるかもしれません。

先日、図書館で見つけて借りてきました。
読んでみると、わくわくしてきます♪
タイトルのとおり、
旅をしながら本の中の絵や言葉を指さしてコミュニケーションしちゃおうという本。
まだ韓国に行く機会のない私ですが、
こういう楽しい本を片手にぴょい~と飛んで体当たりな旅も楽しいだろうなぁと思います^^
行くことになったら、この本持って行こうかな。
勉強はしていても、口からのアウトプットをしてないので
咄嗟にしゃべれる自信は全くありません^^;
だから、頑張ってしゃべるにしても、
こんな本が手元にあったら勇気をもらえる気がします。
一体何言ってるの?
という顔をされても、この本を取り出したら何とかなりそう^^
…というか、
この本、もっと積極的に使ってみたい気がしてきましたよ。
本の冒頭の「사랑하는 한국의 여려분께 愛する韓国の方々へ」に
この本の使い方が韓国語で書かれているのですが、
その文章には日韓への愛情が溢れているのです。
この文を韓国の人に読んでもらって
素敵な本ですね~
と共感してもらえたら、嬉しくて飛び上がっちゃうと思うんですよね^^

中身は、
あいさつ、移動・観光、地図、買い物などに分かれていて、
それぞれがまたシーンによって細分化されていて見やすいです。
旅行に焦点を絞っているので
NHKのテキストには出てこなかった単語や表現もたくさんあって
とっても勉強になりました。
뽑고 싶어요.  プリントアウトしたいです
글자가 깨져요.  文字化けします
바이로스 먹다   ウィルスに感染する  
他にも、
病気、病名、病院での会話、内臓なども。
人の性格などを表す言葉もたくさん載っていて面白いです。
왕자병  ナルシスト(男)
공주병  ナルシスト(女)
촌스럽다  ダサい
맛이 갔다  イカレてる
느끼하다  脂ぎってる  (人にも使うんですね~
これらを旅で使うかどうかは置いといて^^;
概数詞が「1~2」から「8~9」まで全部あるのも初めて知りました。
俳優さんたちの名前と似顔絵もたくさん載っていましたが
ほとんど知らない人ばかりです。(泣
いつになったら芸能界に詳しくなれるかな^^;

イラストもとても楽しいです。
イラストレーターは、むろふしかえさん。
メインキャラクター(?)のマルちゃん(わからないから勝手に命名~
ほっこり可愛くて、実際にいたらお友達になりたいわ~^^


スポンサーサイト

HARIOのティーサーバー取説

前回に引き続き、
これもいわゆる「教材」ではないのですが^^;

片付けものをしていて目に入ってきたティーサーバーの取説に
韓国語も書かれているではありませんか♪
ちょうどその頃は、
少し読めるようになってきて辞書も引くのにも少しずつ慣れてきて
とにかく読むのが楽しくてたまらなかった時期だったので
韓国語を見つけただけで嬉しかったのです♪

でも待てよ。
外国製品に日本語が書かれていると
けっこう笑っちゃう表現があったりするし。
もしかしたら、これもフシギちゃんな韓国語の可能性が…。
と、しばし考えたものの、
いやそれでも私には勉強になるでしょ、
ということで、ウキウキと辞書を取り出したのでした。

今、もう一度見てみると…
別におかしな文ではなさそうです、良かった良かった^^
ちょっと復習します。

광택이 있는 제품  光沢仕上げの製品
클린저        クレンザー
중성세제       中性洗剤
연마제        研磨剤
가정용표백제     家庭用漂白剤
스펀지        スポンジ
나일론 수세미    ナイロンたわし
쇠 수세미      スチールたわし
세척제       洗剤
불에 가하다    火にかける
스픈         スプーン
헝겊         布切れ
취급사항서     取扱説明書

깨끗이 が 깨끗히 になっています。
歌の歌詞でもこういう変化を見たことがありますが、
よくあることなんでしょうか?


韓流!"語楽" Night

これは教材?
ではないかもしれませんが、
私にとっては立派な教材だったので、ここに入れます^^

2010年3月25日、五反田ゆうぽうとで開かれたイベント。
テレビの講座で少し紹介され、特集番組もあるとのことだったので
これは見なくちゃ!と録画予約をしたのでした。

冬のソナタ以来「韓流」の大ブームが起きたのは知っていても、
ここまで「韓国語」が盛り上がっているとは実は想像してなかっったのです^^;
なので、こんなイベントがあることにまずびっくり。
そして、この番組を見ながら驚きの連続でした。
まず、
観客の皆さんがユン・サンヒョン氏の言葉に
通訳を待たずして即時に反応して笑ったり歓声を上げたり拍手したりする姿にびっくり、
というよりとっても感動して胸が一杯になりました。
私も早く一緒のタイミングで笑ったり拍手したりしたいよ~
と思いましたね~^^
そして、
サンヒョン氏への「"愛の告白"コーナー」でまたもや大ビックリ!
みなさんの本気度120%!
真面目な告白、ユーモアたっぷりの告白に(もちろん韓国語
私もテレビの前で思いっきり拍手を贈りました。
そうですよね、だからみんな韓国語を一生懸命勉強するんですよね。
みなさんキラキラしていてほんとうに素敵でした^^

京大准教授の小倉紀蔵先生の、
「たぶんみなさんは韓国映画やドラマの半分くらいしか面白さが分かっていない」
「文化を知ると、残りの半分も面白くなる」
という、韓国の昔話を引用した解説や
「눈치、韓国社会では、“空気を読むこと”が重要」など、
いろいろなお話がとても勉強になりました。
サンヒョン氏の歌声も初めて聴きましたが、
たっぷりの声量でよく伸びる歌声はとっても気持ち良かったです♪
日本語で歌った「最後の雨」も良かったなぁ^^
大沢あかねちゃんも韓国版の「キューティーハニー」楽しそうに歌っていて、
発音が難しいのによくあんなに早口で歌えるなぁとビックリしました。
細川茂樹氏とサンヒョン氏との日韓俳優対決も、
ドラマに挑戦コーナーも、
テユくんの女装も…
みんな良かったです^^

この特集番組、私にはとっても感動的でハマってしまって、
多分10回くらいは見たんじゃないかと思います。
そして、
実際にイベントに行かれた方の記事がないかなと
今更ながらに探してみて、とっても楽しい記事を発見♪
会場の熱気がじかに伝わってくるようで心が躍りました。
ありがとうございました^^


目標!ハングルでひとり旅!

テレビでハングル講座 2010年度
講師:チョ・ヒチョル先生
出演:コン・テユさん ヨンアさん
生徒役: 細川茂樹さん

ラジオの入門編・応用編、それに再放送と3つ取り組むことにしたので、
テレビの方は番組をさらっと見るだけでテキストは買わない、
というつもりだったのに、やっぱりテキストを買ってしまいました^^;
最初はテキスト無しで理解できる範囲だけ勉強しようと思い、
分かった部分のみをノートに書きとめていました。
でも、
でも、
ユン・サンヒョン氏が、キム・ジュン氏がインタビューで何と言ってるのかちゃんと解りたい~
スキットの中にも分からない部分があって気になる~
거기 ぐるっちょむ 주세요.
とむろ 드릴게요.
日本語字幕で意味は分かってもハングルの綴りが分からなくて。
さらに、5月からは本格的に長いスキットが始まって
聞き取れない部分が続出です。
こんな状態では、テキスト無しで見ていてもあまり意味ないのでは…。(悩
結局、
連休明けに第6課を見てすぐ自転車でびゅ~んと本屋さんへ。
テレビ講座は諦めてもよかったのでしょうけど、
この頃は勉強がただひたすら楽しくて、見ないなんてもったいないと思ったんですよね^^;

バリスタ姿のコン・テユくんがかっこいいです^^;
ヨンアちゃんの話し方もとっても好きで、話すときに体が揺れるのが可愛い♪
発音も口の形もとても分かりやすくてありがたかったです。
細川氏は毎回家電や株式などの言葉を勉強しています。
ヒチョル先生は、全然笑わない~^^;
でも怖いのではなくて、話し方はとっても穏やかなので、
きっとすごく真面目な方なのだと思います^^
毎回最後に、文法のポイントを五七五に仕立ててくださるのが面白かったです。

前半は、旅行に役立つようなスキット。
後半は、スキットドラマ「ソウルの恋人」。
楽しく勉強できるようにいろいろと工夫されていて感動したし、
映像があることの利点もたくさんあって、取り組んでよかったです。
欲張ったせいでやぱり大変ではあったけれど^^;

これも久々に見てみたくなって、ただいま復習中です^^


わかる 使える!ドラマチック・ハングル

NHKまいにちハングル講座、2010年度前期の応用編。毎週木・金。
講師:阪堂千津子先生(東京外国語大学講師)
出演者:キム・スノクさん パク・チュングンさん

テキストは兼若先生の入門編と一緒に1冊になっています。
だからやらないともったいないと思ったのと、
やっぱりこれも楽しそうな内容で心惹かれたんですよね^^
それに、
一応ハングルマダンで基礎的なことはやっているので
応用編だって解らなくちゃいけないでしょう。(実力を伴わない負けず嫌い^^;

テキストはドラマ仕立てになっています。
主人公の神南ひかる、日本にある韓国系IT企業に勤めています。
ランチタイムに、テレビに出ていた韓国の人気歌手を見ていて
「あれ?どこかで見たことのある人みたいなんだけど…。」
韓流に疎いひかるがどうして彼に見覚えがあるのか。
ここでもう続きが気になって4月号を一気に読んで、
早く5月号出ないかな~、なんて思っていましたっけ。(笑

ドラマ仕立てでテキストがみんなセリフというところが、
思いっきり感情移入しちゃう私には良かったみたいです^^
丸覚えしてそのまま会話で使えるし、ドラマを見るのにも役立ちそう。
といっても、
日常でそんなにドラマチックなことは起きそうにないので、
実際自分で使うチャンスは少ないと思いますが^^;
「숨은 이야기 裏話」のコーナーで、登場人物の独り言や日記などが
出てくるのも、物語が立体的になって面白かったです。

ひかるとテウォンはハッピーエンドだったけれど、
コンジュ先輩と部長、あおいとピンスはどうなったのかなぁ。
ひかるたちのその後と一緒に続編をやってくれないかしら^^

毎回番組の締めに、阪堂先生のダジャレが炸裂!
옷이에요.オシエヨ(服ですよ)=「教えよ」のように
韓国語と日本語を織り交ぜた冗談が毎回楽しくて、
笑いの輪に入りたくて頑張って聞き取りました。
月1回のフリートークも含め、
聞き取れない部分はとりあえず音だけひらがなで書いておいて、
それを頼りに辞書で単語を探したりもしました。
ああ、真面目だったこの頃^^;

この講座に惹かれた理由がもうひとつ。
最初にページを開いた時、
あれっ?イラストに見覚えがあるぞ…。
思い出しました。
ずいぶんずいぶん前、
HNKの英語の方のテキストにお世話になった時と同じイラストだったのです。
懐かしい~♪
阪堂先生の「開講のことば」の中で、
「皆さんの頭の中で主人公たちが自由に動き回れるようなイラスト」
と紹介されています。
ほんとうにそのとおり。
手描きの温かいイラストで、登場人物が生き生きと感じられて、
最初に英語テキストで出会った時から大好きだったんです。
この講座もイラストのお陰でストーリーにどっぷり浸れました♪
また再会できて、ホントに嬉しかったです。
イラストレーターは、「おちまきこ」さん。
ウェブサイトお持ちでした。
テキストのイラストは白黒なのですが、
サイトのギャラリーではカラーの、
そしてもっと広いおちまきこさんの世界が見られます^^

2012年8・9月に再放送。
よかった~、2年前に聞き取れなかった部分が全部クリアになりました。
でも、年間放送回数の事情なのでしょうけど、
何話か跳んでいてそれが少し残念でした^^;


アンコールまいにちハングル講座 2010年度前期

2009年度4月~9月の「話そう!美しいハングル」の再放送
講師:チャン・ウニョン先生(東京大学講師 / NHK国際放送局アナウンサー)
出演者:(KBSアナウンサー)
       イ・サンヒョプ氏
       ユ・ジチョル氏
       イ・ソンミン氏

NHKの講座、ラジオ講座が2本、テレビ講座が1本。
どれで勉強をしようか…
書店でNHKテキストを見比べながら、
多分30分以上う~んう~んと悩んだんじゃないでしょうか^^;
そしてこのテキストの中表紙に「張銀英」とあるのを見て気がつきました。
あっ、冬のソナタのクレジットに名前があった人♪
これで俄然テンションアップです。(笑
そして、あいさつ文の中に、
正確で品のあるきれいなハングルの発音を身につける
とあります。
独りで勉強するので発音のチェックをしてくれる人はいません。
だったらこのテキストもやってみたいな。
目次の、半年の講座120回分の内容を見ても、
ハングルマダンでやったものをきちんと復習して頭に入れられそうです。
兼若先生の講座とウニョン先生の講座と、どちらもやってみたいけれど
ほんとにできるの~お前さん。
と自問した結果、
やることにしました。2本立て決定♪

テレビ講座のほうも面白そうで、
映像があると口の形なども見れるし魅力的だったのですが、
さすがに3本は無理かな~、と思って
テレビのほうはテキストを買わずに番組だけ見て、深く突っ込まないことにしました。

母音字、子音字から始まり、
そのあたりは既に知っていることではありましたが、
今までの勉強と違って解説が「聞ける」というのが新鮮だったし
兼若先生の講座もこの講座も、どちらも第1回から真剣に聴いたのを覚えています。
同じことを説明するのでも先生が違うとまた面白かったですね。
やりはじめてすぐ、
あ~両方を聴くことにして大正解だったな~
と思いました^^

基礎の「き」が終わって2か月目に入ると、楽しいコーナーが始まりました。
早口ハングル(韓国の早口ことば)
いきいきハングル(慣用表現)
まちかどハングル(街の中で聞こえてくる生の言葉、駅の案内放送など)
なぞなぞハングル(韓国のなぞなぞ)

そして、「今週のおさらい」の回では
ウニョン先生とアナウンサーさんがフリートークをするのですが、
これがほとんど聴き取れなくて切なかったです^^;
最後の2か月は半分くらい解ったかなぁ、なんとなくですけど。
今だったら聴き取れると思うのでまた再放送して欲しいのですが、
この時点で既に再放送だったわけだし、もうないのでしょうね、残念です^^;

この講座にあって他の講座に出てこないのが、長音。
最近では、長音の単語とそうでない単語をきちんと区別する人は多くないらしいですね。
でも、
手持ちの辞書では韓和でも韓韓でもちゃんと長音の発音記号があるし、
できるだけ頭に入れるようにはしています。
長音ができていれば、他の発音の悪さをカバーしてくれるかもしれないし。
なんて、そんなことないでしょうかね^^;
でも、
きれいな韓国語を話して欲しい
というウニョン先生の思いが好きです^^

これもぱらぱらめくってみると、忘れている単語が。
따오기=トキ
삼가다=慎む
기대다=寄りかかる
などなど~^^;


兼若博士のハングル・エクササイズ

NHKまいにちハングル講座、2010年度前期の入門編。毎週月~水。
講師 兼若逸之先生(東京女子大学教授)
出演者 イ・ホンボクさん、 ソ・ウナさん

これが私の初めてのラジオ講座。の、ひとつ。
買って家に持ち帰ってきただけでドキドキワクワクしました~♪
懐かしいです^^

入門編の中表紙を開くと、講師・出演者お三方の写真が載っています。
白黒で、そんなに大きくはないのですが、
見た途端に後ろに吹っ飛びそうになりました。
真ん中に立っている兼若先生がファイティングポーズで「カッ」と目を見開いていらして!
その眼力がガ~ンと額にぶつかってきたかんじ。
思い返すと、先生のこのお姿にまず
しっかりやれよ~!
と気合を入れていただいたような気がします^^

そして2度目のビックリは先生の朗々とした歌声。
先生ご自身が作詞作曲した「같이 걸어요 一緒に歩こうよ」は、
ハングルの基本子音と基本母音が全て入っています。
毎回歌っているうちに、超初心者の私も覚えてしまいました。
今も歌えます~♪

3年ほどラジオ講座で勉強してきて今思うのは、
私の初めての講座が、この兼若先生の講座で良かった、ということ。

講座ごとに講師の先生の個性があってどれも楽しく勉強してきましたが、
入門編ではこの講座が一番ビシビシと鍛えてくれた気がするんですよね。
その後に出会った他のどの講座より出てくる単語が多いです。
毎回2往復の会話文があって、そこにも新しい単語がどんどん出てきます。
例文も多いし、文法事項の進み方も早かったですね。

もちろん心地よいペース、望むペースいうのは人それぞれ。
でも私の場合はすぐダラリンと甘えてしまうところがあるので、
がんがん筋トレするように進めてもらえて良かったんですよね^^

뭐예요?(モエヨ?)のクイズコーナーにあるイラストは何?
と思いつつ講座を聴いて2か月くらい経ったところで、
あ!
モエヨ ⇒ 燃えよ ⇒ 「炎」だったのねー!
と気がついた、頭のめぐりの悪い私です。(いつものことですが^^;

ちょうど1年後の2011年4月から再放送されました。
覚えている自信はなかったのですが、
案の定、忘れている単語が続出で焦りましたよ~。
そして今また開いてみて、またまた忘れている単語が…^^;


漢字語の勉強。

最初に手にした教材、ペ・ヨンジュン氏のDSとハングルマダンには
漢字語に漢字の表記がついていませんでした。
韓国語についてほんとうに何も知らなかった私は
その当時「漢字」という存在に気が付くこともなく
ひたすらハングルを頭に入れようと頑張っていたんですよね^^;

そんなときに見つけたのが、漢字語の解説をしてくれているサイト。
今はもうないのでしょうか、探しましたが見つかりませんでした。

海溢 로 被害 가 發生 했다.(津波で被害が発生した。)해일로 피해가 발생했다.

というような文が50個くらいあったのですが、これを見てビックリ。
そうか、韓国語にも漢字由来の単語があるんだ~、と。(笑
これまでもどこかで
漢字とハングルが混ざった文を見た覚えがあったのですが、
あの漢字を韓国語の発音で読んでいるのだとか
あの漢字をハングルに書き換えることができるのだという発想はなかったんですよね、ははは^^;

このサイトのおかげで漢字語がかなりたくさんあることを知りました。
さらに、
日本語の漢字と異なる場合もあること、
韓国では旧漢字を使うこと、
漢字の韓国語読みのルール(日本語の語尾「ツ」が「ル」になることが多い、など)
も少し知ることができました。
漢字と共に単語を覚える作業はとってもとっても楽しくて、毎晩の半身浴の友でしたね~^^
数えてみたら、漢字は100個余りを覚えたみたいです。
そのころ、辞書が必要性を感じつつも自分に合ったものを選ぶ自信がなくて保留にしていたのですが、
やっぱり早々に辞書を買わねばなるまい~
と思いました。

初心者だって漢字表記があったほうが断然覚えやすい気がするのですがどうでしょう。
DSをやっていた時、
액자 えっちゃ
거실 こしる 
と言われてもなかなか「額縁」「居間」をイメージするのが難しかったんですよね。
漢字表記があったらもう少しサラっと頭に入ったと思うのですが、
漢字まで盛り込む余裕がなかったということなのか、謎です^^;


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。